気密測定、竣工写真撮影の巻2017.8.9|未分類

専務の中田です。

本日は、完成した物件で機密測定と竣工写真の撮影を行いました。

気密性能は、断熱性能と並んで最近よく耳にする言葉になってきました。

その気密性能とは、家の隙間の小ささを表す性能のことです。

日本では、この気密性能をC値という数値で表わします。

このC値ですが、〇cm2/m2と表わし、

家の床面積に対して、どのくらいの隙間があるのかを知ることができます。

次世代省エネ基準と言われる国の基準が

Ⅰ・Ⅱ地域:2.0cm2/m2

Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ地域:5.0cm2/m2

となっています。 ※富山は、Ⅳ地域です。 ※数値が小さいほど性能が高いおうちです。 

この物件では、現場発泡の断熱材を使用しており、C値の値は 0.8 cm2/m2 でした。

かなり、高気密な住宅といえると思います。

竣工写真の撮影では、ドローンによる空撮も行いました。

この建物は、ZEH住宅で11Kwの太陽光を搭載しています。

今回、お客様のご厚意により8/26、8/27に こちらの物件の完成見学会を開催させていただきます。

見学会の詳細は、後日ホームページにてアップいたします。

この機会にぜひ中田工務店の『高気密・高断熱のBELS5つぼしのZEH住宅』をご覧ください。
image_RGBkuusatu02_RGB

DSCF4758DSCF4752

DSCF4714DSCF4705

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!