土地探しについて2018.11.17|未分類

こんにちは、営業部の久保です。

消費税が来年の10月より10%になります。

新築住宅については経過措置があり2019年3月31日までに契約すれば10月以降のお引渡しとなっても8%となります。

新築住宅を建築する場合は、土地を所有でない方は土地探しから始めないといけません。

その影響かどうかはわかりませんが、最近条件の良い土地が非常に少なくなってきているように見受けます。

前回のブログ(期間がちょっとあいてしましましたが・・・)でも記載しましたがこれから冬になると除雪も考えた土地探しが重要となります。

写真は融雪装置のない道路でかつ、4m未満の道路です。

調査の結果、建物を建築することは可能ですが、昨年のような大雪が降った場合はどのようになるのか?

きっと大変なご苦労をされることと思います。

先の写真の道路幅とほぼ同一ですが、融雪装置のある道路です。

今年は暖冬の予想ですが、毎年多かれ少なかれ必ず降雪があります。

建築前、土地探しの段階での結構重要なポイントです。

土地探しと今年の大雪2018.3.4|未分類

こんにちは、営業部の久保です。

今年は、例年になく雪がたくさん降りましたが皆様はいかがでしたか?

土地探しをされる場合、立地と価格のみにとらわれがちですが雪のことも考えておく必要があります。

上の写真は建築予定地ですが、大雪の為に完璧に雪捨て場と化しておりました。

1年のうちに雪降る季節はそんなに長くはありませんがいざ降った際のことを

考えての土地探しをお勧めしております。

例えば・・・

隣地の屋根はどうか?

前の道路は融雪装置があるか?

ないなら、除雪車が通るか?

除雪した雪はどこへすてるか?

 

など、考えておかなければいけないことはいっぱいです。

土地探しもお気軽にご相談くださいませ。

 

雑草の底力2017.9.22|未分類

こんにちは

営業部の久保です。

お庭のあるみなさま方、除草はどうされていらっしゃいますか?

夏の間にぐんぐん育った雑草は、お庭にはびこってはいませんか?

下の写真は6月に撮影したものです。

CIMG1045

それから一回、草刈をしたものの8月にはこの状態。

CIMG1345

そして本日、現在こんなにすごい状態に・・・。

CIMG1393

雑草の除去方法としては、

1 除草剤をまく

2 熱湯をかける

3 光をさえぎる

4 こまめに抜く

などの方法がありますが、除草剤は健康面での心配があります。

また、熱湯は確かに効果があるそうですが、面積が多いとお湯を沸かす量も多くなりかなり大変です。

また光をさえぎる方法も上の写真のような状態になるともう無理。

やっぱり草刈をしてこまめに抜くのが一番のようです。

 

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!