趣味?の農業日誌(野菜の種の植え付け)2017.10.20|未分類

みなさん、こんにちは。総務部の渡辺です。

課外活動として農業をしています。

 

9月の中旬頃の畑の様子。スイカやウリを植えていた場所に今度はキャベツや水菜、ほうれん草などを植えています。前に植えていた野菜の枯れた残骸は隅っこに移動させて、トラクターで畑を起こし直してマメトラで畝(うね)を立て直します。作物の生長の特徴によって畝の形状が異なっており、果実野菜でツル状の作物の場合は畝の幅が2倍~3倍。根菜類(ダイコンなど)、葉菜類(ほうれん草など)は畝の幅を細く、高く(深く)しています。

黒いビニールマルチを敷いて遮光するのは「ビニール下の雑草の生長を防ぐこと、土の保湿、地温の上昇・生育の促進」などの効果があるようです。以前から何となく分かっていたのですが、ブログを書くことになって検索&活字にしたことで、やっと知識として理解できるようになりました。

これはほうれん草の種。裏を見ると、種の生産地がデンマークと表記されています。

国内で販売されている種の多くは日本の種会社が開発した種ですが、種の生産場所は日本のような温暖多湿な気候だと種が病気になる可能性が高いので、乾燥した地域で他の植物の花粉と混ざらないよう・品質が悪くならないよう配慮されています(参考/農林水産省)

日本の開発した種は味や耐病性、発芽性、収穫量などに優れており、海外での信頼や人気は高いとのこと。国別での輸入数量(2012年の資料)を見ると、アメリカ、デンマーク、イタリア、ニュージーランド、中国、チリ・・・となっています。(参考/神戸税関)

さて、ほうれん草の種の入った袋の封を開けると・・・赤色で着色(種子消毒)されており、種子処理に「チウラム、メタラキシル、種子粉衣」と書かれています。チウラムは殺菌剤(苗立枯病などの予防)、鳥に対する忌避剤、そしてメタラキシルは殺菌剤(べと病などの予防)の役割があるようですね。

物心ついた頃から親にだまされながら?農業の手伝いをすることになって・・・はや40年余り。

種を植える経験も数知れずあったのですが、「なぜ赤いんだろう?どうして色が着いているんだろう?種って色付き?」等々の疑問を今日まで解決しようとは思っていませんでした。

でも、ひとつひとつの作業工程の意味を知ることで「農業の深さ」を知ることができました。今さらですが、これも「成長」と言うのでしょうか(笑)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

趣味?の農業日誌(サツマイモの被害と対策)2017.8.11|未分類

みなさん、こんにちは。総務部の渡辺です。

ウチでは家族(会社勤めの私は一兵卒)で農業しています。

 

これは5月下旬頃のサツマイモ畑の様子。黒いのはビニールマルチで雑草が生えるのを抑えてくれたり、土壌の湿気を保ったり等々、様々な効果があります。春先の強風で飛ばされないようにマルチの周囲にはプラスチック製の止め具が差してあります。

サツマイモ被害_01  サツマイモ被害_02

 

キレイに植えたつもりだったのですが・・・

ところどころに苗が無い箇所も。よく見るとぽっかりと穴が開いています。初めはキレイに苗が消失しているのを見て・・・「誰かがサツマイモの苗を盗んだのでは?」と思っていました・・・(恥)

その後、モグラの仕業と分かって、怒りとともに悲しみが・・・(泣)

昨年はモグラの被害がまったく無かったので、今回は慌ててしまいました。全体の約1/4の被害です。

サツマイモ被害_03  サツマイモ被害_04

 

1/4もの被害。このままでは収穫量に大きな影響があるので・・・

6月の中旬頃。他の苗が大きくなったのを見計らって、元気なサツマイモの伸びたツル(成長点)を切って穴の開いた(穴は埋めます)個所に植えました。数日間は毎日の水遣りが必要です。他のサツマイモと見分けがつくように切った枝(梨)を横に差しています。

サツマイモ被害_05  サツマイモ被害_06

 

7月上旬頃。切り植えした苗が根を張ったようで、元気よく生長していました。嬉しいーーのひとこと♪

隣にある大きなサツマイモよりもまだまだ小さいですが、今後の生長に期待大です。

サツマイモ被害_07  サツマイモ被害_08

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日のPTA(老田小学校の第3回資源回収・ベルマーク整理・立て札看板2011年)2012.3.7|未分類

みなさん、おはようございます。総務部の渡辺です。
記録的な豪雪。今思えば・・・「そんなことあった?」と、感じてしまう最近の温かな気候。少しずつ春の足音が聞こえています。気温の上昇で田んぼにある雪も解けてきました☆
でも、肌寒くも感じられる三寒四温の気候。早く通勤時の上着を一枚脱ぎたいですよね♪

さて、今回は3月4日(日)に開催された老田小学校の第3回資源回収とベルマーク整理、立て札看板の設置☆現役員たちは次の新役員との交代会も終わり、今月が任期の最終月☆最後の締めくくりですね。地区役員の方々の表情にも笑みがこぼれていました。
PTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_01.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_02.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_03.jpg

これはダンボールと新聞紙を積み込んでいる様子。資源回収は今回で6回目。1年目の第1回と比べるとかなりの上達ぶりです☆児童たちはパパママたちのお手伝いをしながら分別や積み込みのコツを体得したようで、テキパキと行動する姿が印象的です♪
軽トラックの荷台にどのような状態で積み込むのか?は役員の性格・職業柄によっても差があるような気がしますね・・・(^^ゞ。
PTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_04.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_05.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_06.jpg

ココは「リサイクルセンター石黒」さんの様子。今回の資源回収でも多くのダンボールや新聞紙、雑誌が集まりました。今回の成果については小学校で行なわれる理事会で発表があると思います。
資源の提供にご協力して頂いた地域の方々の善意に心から感謝いたします。ありがとうございます!!
PTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_07.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_08.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_09.jpg

晴天に恵まれた今回の第3回資源回収。前回は少し雨が降っていましたが、トータルするとほとんどの日が晴れだった気がします。私たちPTAのボランティア精神にお天気の神様が味方してくれたのかもしれませんねm(゚- ゚ )カミサマッハレマスヨウニ・・・
最後の締めくくりでは「やっと任期の行事を全部終えた~♪」と安堵感がいっぱい。この青空とおんなじキモチだったと思います。役員の方々、先生のみなさん、本日は朝早くからご参加して頂き、ありがとうございました!!
PTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_10.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_11.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_12.jpg

これは今回の資源回収で集まったベルマーク☆思い起こせば・・・この2年の任期で様々な工夫や改善がありました。特に2年目(願海寺支部)が大きかったですね☆
上に置いてあるのがベルマーク、下にあるのはインクカートリッジです。地域の方々からの心の贈り物。
回を重ねるにつれて少しずつ多く集まってきている感じがします♪
PTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_13.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_14.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_15.jpg

私がベルマーク整理の会場へ取材に行った頃にはすでに終わっていました(支部長らは立て札看板の設置)お昼の12時前には完了したようですね。当日の作業時間も短縮化されていました。
今年の願海寺支部によるベルマーク整理では、個々のご家庭へのベルマーク回収袋の製作を皮切りに、その後も次々と改善がなされてきました。そしてテトラパックの回収も昨年からスタート☆☆☆
今回のベルマークの集計結果は約12000点です♪
PTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_16.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_17.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_18.jpg

そして、支部長らの最後のお仕事。老田校下には約30ヶ所に立て札が設置されています。毎年、厚生委員会の方々が立て札の状態確認(保守)をされているのですが、約6年が経過すると老朽化が激しく、今回は予算を取って新しく立て替えることになりました。立て札は中老田支部長がペンキを使ってコツコツと刷毛で二度塗りされたようです。努力の賜物☆☆☆
仕様は木製の立て札に活字化された紙をラミネートで包んで防水加工が施してあります。
また、ラミネートと立て札は接着剤を使ってくっつけてあるのですが、自然環境等による接着部分の劣化も想定されるので、強化策として剥がれないようにビス打ちをしています。
PTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_19.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_20.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_21.jpg

これは東老田支部の立て札の設置☆PTA会長が針金を使って器用に巻いています。私はサポートでしたが・・・(^^ゞ立て札が倒れないように強く巻いた後は児童たちがケガをしないように、針金をクルリと反対側に巻きます。
従来の立て札と比較すると、文字が少し細く感じられますが・・・(゚ー゚;Aアセアセ。いつかは「見慣れる」と思いますので、これで良しとしました☆
PTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_22.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_23.jpgPTA資源回収・ベルマーク整理・立て札看板_24.jpg

老田小学校のPTAの支部長に指名・任命されて、はや2年が経過して任期が終わろうとしています。役員になる前は小学校の行事をカミさんに任せっきりで関心は非常に薄かったのですが、いざ役員になって行事を取りまとめる一員になると、不思議と世界観?人生観?が変わりました☆
そして、役員同士の職業も違っているせいか、楽しくPTAのお仕事をやってこられたと感じています。
また、役員が変わると行事は同じでも段取りや反響等が変わってきます。行事毎のノウハウを次に継承することは得手不得手もあり難しいとは思いますが、私たち役員のココロにある「児童の笑顔を創造」するというキモチは是非とも受け継いで欲しいものです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日のPTA(老田小学校のミニ門松づくり後編2011年)2011.12.20|未分類

みなさん、おはようございます。総務部の渡辺です。
もうすぐクリスマス☆週間天気予報を見ると、今年もクリスマス寒波が到来しそうな感じです。富山の平野部では昔の56(昭和)豪雪のような記録的な大雪は近年ないですよね。当時は小学校の帰り道、雪が積った田んぼの上を歩いて、鼻歌まじりで雪玉作ったり、雪ダルマを作りながら楽しんで帰宅していました☆

さて、今回は12月10日(土)に開催された老田小学校のミニ門松づくりの後編☆
西玄関には昨年同様に大中小に分けられた真竹(梨のコンテナ)やモスマルチ(腐葉土)、黒松が並べられています。少し違うのは黒松の入れ物ですね。昨年のようなバケツだと松ヤニがくっ付いてなかなかキレイにならなかった苦い経験がありました。ビニール袋(水が入っています)だとそのまま捨てることができます☆カイゼンですね♪廊下には汚れ防止のための養生シートが敷かれています。
今年は南天を持参された父兄の方もいらっしゃいました♪ありがとうございます!!
PTAミニ門松づくり後編_01.jpgPTAミニ門松づくり後編_02.jpgPTAミニ門松づくり後編_03.jpg

現在の時刻は午前9時。理科室に集まった6年生児童や保護者の方々、先生方、PTAの役員たち。
まずは生涯学習委員長がミニ門松の作り方の説明です。黒板や室内外には昨年の門松の写真が参考として貼ってあります。完成見本を手に製作手順や各作業工程の場所等を指差しながら案内しています。
ちなみに昨年は私が司会進行をしていました☆
PTAミニ門松づくり後編_04.jpgPTAミニ門松づくり後編_05.jpgPTAミニ門松づくり後編_06.jpg

さぁ!製作開始です☆
西階段前では役員が待機し、大中小の真竹を形良く揃えてガムテープでシッカリと固定。その中に校長先生も製作に加わってアレコレと試行錯誤しながら児童たちに指導しておられます☆6年生児童36名を中心に保護者の方々も一緒に各自2~3個を作る目標となっています。
PTAミニ門松づくり後編_07.jpgPTAミニ門松づくり後編_08.jpgPTAミニ門松づくり後編_09.jpg

会場(理科室)内は昨年(23名)よりも1.5倍も多いせいか、混み合いながらの製作となっています。昨年の私(生涯学習委員長)は各作業工程には入らず現場指揮をしながら写真を撮っていましたが、今年はシュロ縄で男縛り(結び)するメンバーに参加です。
理科室の各テーブルには飾り(まゆ玉、折り鶴、紅白扇、水引)が並べられており、混雑の分散化を図っています。6年生児童が作った飾りの裏話。几帳面な女子チームは折り鶴や紅白扇、わんぱくな男子チームはまゆ玉という、得手不得手を考慮した製作になっていたそうですね☆
PTAミニ門松づくり後編_10.jpgPTAミニ門松づくり後編_11.jpgPTAミニ門松づくり後編_12.jpg

こちらは男縛り(結び)の最終コーナーです。今回は昨年の「シュロ縄で縛る工程が混み合って、待ち時間が長かった」経験をカイゼンする為に2名増員されて4名体制となっています。メンバーは「PTA会長、次期の総務委員長、ウチのカミさん、そして私」です。
また、昨年のひとりで縛るのが難しかったことを考慮して、縛る側とサポートする側のペア1組で1個の門松をシュロ縄で結ぶ方法をとりました。これが見事に連携プレーと速さを生み出し、昨年のような混雑する様子はほとんどありませんでした。ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ス、スゲー!
PTAミニ門松づくり後編_13.jpgPTAミニ門松づくり後編_14.jpgPTAミニ門松づくり後編_15.jpg

完成したミニ門松は順番に廊下に並べられます。総数180個。製作時間は約1時間30分かかりました。ひと通りの完成後はPTA役員や保護者の方々、そして6年生児童も積極的に掃き掃除。こうして見ていると、児童たちのお掃除の丁寧さがこの理科室でお披露目されている感じです☆
余った飾りは参加者の方々が帰った後にPTA役員で改めてミニ門松を作ります。
PTAミニ門松づくり後編_16.jpgPTAミニ門松づくり後編_17.jpgPTAミニ門松づくり後編_18.jpg

午前10時30分。締めくくりはPTA会長の挨拶です。そして締めは毎回恒例の一本締め☆
最後に担任の先生からお届け先の説明がありました。今回のミニ門松の行き先は地域の長寿者(米寿で88歳以上)をはじめ、郵便局、地区センター、後援会長、自治会長、公民館、見守り隊等となっています。お世話になっている方々へ「ココロのツナガリ(絆)」をカタチにしたものです☆
PTAミニ門松づくり後編_19.jpgPTAミニ門松づくり後編_20.jpgPTAミニ門松づくり後編_21.jpg

児童や保護者の方々が帰った後はPTA役員が居残りで残り材料を使って門松を作っています。途中、モスマルチ(腐葉土)が足りなくなって、花壇から泥を持ち寄ってきました。
和気あいあいとお喋りをしながらの製作。12月の大きな行事が無事に終了した安堵感があってか、役員の皆さんは終始にこやかです☆
昨年の男縛りでは不調に終わったPTA会長ですが、今年は前もってご自宅でトコトン練習されていたそうで、テキパキと縛り上げる姿が印象的でした☆
PTAミニ門松づくり後編_22.jpgPTAミニ門松づくり後編_23.jpgPTAミニ門松づくり後編_24.jpg

今年も天候に恵まれて、全ての作業(製作や片付け等)を終えた役員たち。現PTA役員メンバーは来年の3月で任期を終えます。今回の門松づくりでの経験は役員交代で語り引き継がれることになります。でもこれは言葉や活字であって、実際の会場の雰囲気はなかなか伝わらないものです。こうしてイベント毎にブログ等で記録しておくことで、次の新委員長たちが間接的に体験して頂けたら・・・と願っています。役員の皆さん、今回もおつかれさまでした☆☆☆
PTAミニ門松づくり後編_25.jpgPTAミニ門松づくり後編_26.jpgPTAミニ門松づくり後編_27.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日のPTA(老田小学校のミニ門松づくり前編2011年)2011.12.17|未分類

みなさん、おはようございます。総務部の渡辺です。
12月はもう半ば。私の周囲では体調不良や風邪をひいておられる方々が多いです。「あなた~の風邪に狙いを決めて♪」とCMにありますが、「あなたの風邪はドコから?」と聞かれて「気合いです」と即答する私☆病は気から・・・ということわざもありますが、最近では心(脳)と体のつながりのメカニズムが明らかになってきているようで、いつかはお医者さんの前で「風邪の原因は気合い不足」と堂々と言える日も近いと思います☆( ̄^ ̄) エッヘン

さて、今回は12月10日(土)に開催された老田小学校のミニ門松づくりの前編☆
6年生児童が活躍する毎年の伝統行事です。PTAがサポートして、毎年の6年生児童が父兄の方々と一緒に作っています。
時間は朝の7時。夏と違ってこの時期になると、薄暗くて寒いです。彡(-_-;)彡ヒューヒュー
これは真竹を西玄関前に並べた状態。「門松」と言えば、大中小の3本の真竹が使われ、先端を斜め切りにしているのが思い出されますよね?
それぞれの長さをメジャーで均一に測りながら切断する箇所をチョークで印を付けています。今回は180個のミニ門松を作ることが目標です。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
PTAミニ門松づくり前編_01.jpgPTAミニ門松づくり前編_02.jpgPTAミニ門松づくり前編_03.jpg

まずは印の箇所を丸ノコで切断(大の製作)しています。電動ノコギリの使い方なのか?使い手のテクニックなのか?朝のテンションなのか?不明ですが、切断面がキレイに整っていないものもあります。アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー
この状態では児童がケガをする可能性があるので、飛び出た真竹の繊維をキレイに切り取ります。サンドペーパーを使っても良いのですが、断面をキレイにするには人と時間が足りず、多少のお金もかかってしまいます。そこで、剪定バサミを上手に使って「バサッと切り取り&チマチマと整える」作業を素早くこなします☆
PTAミニ門松づくり前編_04.jpgPTAミニ門松づくり前編_06.jpgPTAミニ門松づくり前編_05.jpg

ハプニングが発生(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
切断が上手に出来ません!!よーく見ると、ノコギリの刃が緩んでいました・・・( ̄ー ̄; ヒヤリ
冷や汗ものですが、落ち着いてドライバーで増し締めして調整完了☆
PTAミニ門松づくり前編_07.jpgPTAミニ門松づくり前編_08.jpgPTAミニ門松づくり前編_09.jpg

梨のコンテナに大中小と書かれた紙を貼っています。この中にそれぞれの長さに切った真竹を収納し、製作本番に備えます。数日前の天気予報では「雪マーク」だったのですが、PTA?いや6年生児童たちの願いが天気の神様(テルテル坊主?m(゚- ゚ )カミサマ! )に届いたせいか見事な晴天になりました☆☆
PTAミニ門松づくり前編_10.jpgPTAミニ門松づくり前編_11.jpgPTAミニ門松づくり前編_12.jpg

途中経過の報告です。3本の真竹をバランス良く並べて、ちゃんと受け皿(ペットボトルの下の部分)に入るかどうかの確認。門松の基本は斜めに切った上の面をキレイに揃えることですが、小の真竹が少し長かったことに気づきました。(゚∇゚ ;)エッ!?
そこで、今度は上ではなく下の部分を揃えるために、小の真竹を少し切り取っています。
PTAミニ門松づくり前編_13.jpgPTAミニ門松づくり前編_14.jpgPTAミニ門松づくり前編_15.jpg

見た目の良さや長さを揃えるにはなるべく節の部分を避ける必要があるのですが・・・
① 真竹が余らないように製作個数(1個当たりの必要な長さ×必要個数)から逆算して購入している。
② 真竹は根元から順に大中小と切り取りますが、真竹の厚さ?幅?は全てが均等ではなく、場合によっては太過ぎ?細過ぎ?もある。
③ 真竹の節の間隔は成長の過程においてバラバラとなっている。
以上の事柄があるので、3本全てがバランス良く揃わないこともあります。素人なりに考えてみました。φ(・ω・ )
PTAミニ門松づくり前編_16.jpgPTAミニ門松づくり前編_17.jpgPTAミニ門松づくり前編_18.jpg

一方、場所は変わって理科室。女性陣が真竹の受け皿となるペットボトルを寸法通りに切っています。毎年の恒例行事であるミニ門松づくり。夏の終わり頃からペットボトル(円筒ではなく、四角柱)の提供を各家庭に呼びかけしています。製作予定数まで集めなきゃイケナイので、集める学校側も気が抜けませんね。
PTAミニ門松づくり前編_19.jpgPTAミニ門松づくり前編_20.jpgPTAミニ門松づくり前編_21.jpg

まずはPTAで見本品を作ります。大中小の真竹を3本ひとまとめにしてガムテープで固定します。
先ほどのペットボトルに3本の真竹を入れて、モスマルチ(腐葉土)を詰め、児童たちが心を込めて作った飾り(まゆ玉や折り鶴、紅白扇)を差して、ペットボトルの周囲を杉皮テープで巻きシュロ縄で2箇所を縛って完成です☆
PTAミニ門松づくり前編_22.jpgPTAミニ門松づくり前編_23.jpgPTAミニ門松づくり前編_24.jpg

廊下には地域の長寿者の方々へのメッセージの入った封筒と、6年生児童たちが配達する先の地図が準備してあります。
もうすでに陽が高く上ってきていました。もうすぐ朝の9時。6年生児童と父兄の方々が続々と集まってきます。
PTAミニ門松づくり前編_25.jpgPTAミニ門松づくり前編_26.jpgPTAミニ門松づくり前編_27.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日のPTA(老田小学校の第2回ベルマーク整理2011年)2011.11.30|未分類

みなさん、おはようございます(と言っても夜ですが・・・(゚∇゚ ;)エッ!?)。総務部の渡辺です。
11月も今日で終わり。先日の温かさが嘘のように思えます。冬から春にかけては「三寒四温」と言いますが、秋から冬にかけては逆の「三温四寒」というコトバ(造語?)が合いそうな気候ですね☆

さて、今回は11月6日(日)に開催された老田小学校の第2回ベルマーク整理☆(ネタがちょっと?古いですが・・・)今回も数多くのベルマークが集まりました☆
資源回収の際に提供して頂いた地域の方々のご協力にも感謝です。小学校での「ベルマークの日」に集められたベルマークは事前に役員たちの家庭に持ち帰り、キレイに周囲を切り取ったり、ベルマークと箱が一致して入っているか?等の内職のような作業・確認をしています☆
これは資源回収の日に集まったベルマークの周囲を切り取る作業です。
PTA第2回ベルマーク整理_01.jpgPTA第2回ベルマーク整理_02.jpgPTA第2回ベルマーク整理_03.jpg

いつもの回収箱ですが、少し変わったのに気づきましたか?Σ(‘◇’*)エェッ!?
白地(牛乳パックの内側)に黒の番号(マジック)はいつもの通りですが、後から見ても分かりやすいようにガムテープを下地にマジックで番号が書いてあります。これは、回収ボックスをみんなで囲んで効率よく仕訳作業ができるようにする為の工夫です☆
また、保管ケースが従来の「ピンク色のフタ無しカゴ→フタ有り透明ボックス」へと変身。年に3回のベルマーク整理でホコリがかぶらないように・・・と、清潔さと分かりやすさを求めました。
(私の置きっ放しの性格がカイゼンのキッカケになったと思われます・・・(゚ー゚;Aアセアセ)
PTA第2回ベルマーク整理_04.jpgPTA第2回ベルマーク整理_05.jpgPTA第2回ベルマーク整理_06.jpg

上から見てみました。どの番号のベルマークが多いのか、よく分かります☆
小学校のベルマークの日に提供して頂けるベルマークの枚数や点数が昨年に比べて多くなってきました。今回の集計では11464点だったそうです。ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ス、スゲー!
今年から始まったテトラパックの回収では各家庭から11.4kgの提供(ベルマーク協会の審査では10.90kg)があり、点数に換算すると1090点となりました☆
集まったベルマークの整理・集計は当日の数える枚数が増えることで作業時間が少し増えますが、点数が10000点という大台に達したという結果が役員たちの充実感につながっていると思います。(⌒^⌒)b うん
PTA第2回ベルマーク整理_07.jpgPTA第2回ベルマーク整理_08.jpgPTA第2回ベルマーク整理_09.jpg

また、回収ボックスの容器の深さにも注目です☆
高さを違えることで一箱当たりのベルマークの収納力をUPさせる工夫がされています。
PTA第2回ベルマーク整理_10.jpgPTA第2回ベルマーク整理_11.jpgPTA第2回ベルマーク整理_12.jpg

昨年の3倍の回収率を誇る今年のベルマーク集計チーム☆
「限られた地域の中で、ベルマークをどのようにして数多く集めるか?」が長年の課題でした。今回は昨年の実績をシッカリと踏まえてカイゼンへの第一歩になっています。
各家庭を対象に金融機関の袋で作ったベルマークの回収袋。「ベルマークが少しでも多く集まるように・・・」と、願いを込めてコツコツと作られた封筒です。小学校での毎月のベルマークの日をめがけて回収袋を配布するのですが、当時は返却されなかった封筒が約90袋もありました。(ρ゚∩゚) グスン
「各家庭で回収袋にベルマークを入れるのは任意ですが、回収袋の返却は義務としたい」という強い思い。m(゚- ゚ )カミサマ!
そこで、役員会や理事会の協議を経て、ベルマーク回収袋についての案内を作って、各家庭に配布しました。すると、それまでは約90袋を毎回苦心して作っていたものが1/3の約30袋にまで減少しました。ご理解を頂き、ありがとうございます!!
PTA第2回ベルマーク整理_13.jpgPTA第2回ベルマーク整理_14.jpgPTA第2回ベルマーク整理_15.jpg

これまでのベルマーク集計の履歴を見てみると、今回も前回に引き続き10000点という大台に乗り、例年に比べると約3倍の実績を上げ続けています。
ベルマーク整理・集計は地味な作業かもしれません。児童や保護者、地域の方々からの協力(啓蒙活動)を得るための働きかけには、かなりの継続したエネルギーが必要です。
「児童たちの教育に役立つ物の購入できる日が3倍も早くなったこと」そして、「より多くの方々に知られざるPTAの裏舞台」を報告することで、各家庭でウッカリ捨てていたベルマークが、回収袋を通じてPTAの手に届くようになれば幸いです。
役員のみなさん、本日はおつかれさまでした☆☆☆
PTA第2回ベルマーク整理_16.jpgPTA第2回ベルマーク整理_17.jpgPTA第2回ベルマーク整理_18.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日のPTA(老田小学校の第2回資源回収2011年)2011.11.19|未分類

みなさん、おはようございます。総務部の渡辺です。
11月も中旬。朝の気温が4℃前後はたまた16℃前後と、寒暖の差が激しくなっている今日この頃。この気候の影響で風邪をひかれている方々も多いみたいですね。(´・ω・`)
σ(^_^)アタシの場合は・・・「風邪は気合いで治す派」なので、かかりつけのお医者さんからは医学的に根拠が無い精神論に苦笑いされていますが・・・ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

さて、今回は11月6日(日)に開催された老田小学校の第2回資源回収☆
私が今期のPTA東老田支部長に任命され、PTAの行事に積極的に参加するようになったのですが、今回の5回目(1年間で3回の資源回収)で初めて雨が降った日となりました。「老田小学校の資源回収」と言えば、PTA菁莪会の熱いボランティア(親心?)精神が天気の神様(テルテル坊主)に届いているお陰?で何故か晴れの日が多かったような気がします☆m(゚- ゚ )カミサマッ・ハレマスヨウニ・・・
各地区から集められる資源(新聞紙、雑誌、ダンボール等)が濡れてしまうんじゃないか?と心配。濡れた状態でリサイクルセンターに出すと、掛け率が下がってしまうことも・・・∑(; ̄□ ̄A アセアセ
PTA第2回資源回収_01.jpgPTA第2回資源回収_02.jpgPTA第2回資源回収_03.jpg

そこで、今回は各地区から一時的に集められる資源を雨の当たる外に置かないで倉庫内に並べることにしました。各地区からの集積を待っていると時間的にも場所的にも余裕が無いので、回収の終わった地区からはリサイクルセンターへの搬出に男子(パパチーム)が活躍します☆(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
各支部・地区に配布される資源回収のお知らせプリントには「朝8時から開始」と書かれていますが、ゆっくりできる日曜日なので忘れておられるご家庭もあります。でも、PTA役員たちが忙しく軽トラや普通車等に積み込んでいる姿や物音を聞いて「各支部の一次集積場(倉庫)」に直接持って来られる地域の方々もいらっしゃいました。(゚∇゚ ;)エッ!?
資源回収では各家庭の玄関先等に出されている資源を「ありがとう精神」で回収に走っています。仮に出されていなくても「忘れてるのかな?」と思いそのまま過ぎるのですが、改まって「忘れてた!」と申し訳なさそうに持って来られる地域の方々を見ていると、逆に申し訳なく感じ、その行動に感謝させられます☆
PTA第2回資源回収_04.jpgPTA第2回資源回収_05.jpgPTA第2回資源回収_06.jpg

ここはリサイクルセンターです。今回はこれまでと違い、雨降りの影響からか?一挙に資源を積んだ車が集まって混雑し始めました。次々とやってくる運搬車。これをどのように順序立てて搬入させるかが役員たちの腕の見せ所になりました(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!☆
道路際で行列になった運搬車を待機させると、他の車との接触事故の危険性があるので、瞬間的な判断ですが、いったん近くの学校の入口付近に待機させることとなりました。臨機応変で妥当な判断ですね。
PTA第2回資源回収_07.jpgPTA第2回資源回収_08.jpgPTA第2回資源回収_09.jpg

現と前の厚生委員長同士の現場監督なる大きな声掛けが構内で飛び交い、新旧のコンビプレーが光っています。今回の混雑は想定外だったそうですが、集積現場での搬入・搬出の回転を滞りなく上手に取り仕切り、成し遂げた現場指揮に対し、今期の菁莪会執行部のチームワークにはバザーと同じく特別な団結力を感じました。ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ
今回も朝早くから役員の方々、小学校の先生方、ご協力ありがとうございました。そして、地域の方々には資源回収に多くの資源を提供して頂き、縁の下の力持ち的な存在に改めて感謝です。
PTA第2回資源回収_10.jpgPTA第2回資源回収_11.jpgPTA第2回資源回収_12.jpg

今回の気になる成果ですが・・・
新聞紙は14460kg、雑誌は4710kg、ダンボールは2250kgでした。詳しくは来年度の菁莪会の総会で発表があると思います。改めて皆様のご協力に感謝致します。
PTA第2回資源回収_13.jpgPTA第2回資源回収_14.jpgPTA第2回資源回収_15.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日のPTA(老田小学校のバザー後編2011年)2011.11.8|未分類

みなさん、おはようございます。総務部の渡辺です。
11月に入っても体感的に暖かい日が続いているような気がするのはσ(^_^)アタシだけでしょうか?(・・?
夏の暑かった日々が妙に懐かしく感じてしまう今日この頃

さて、今回は10月23日(日)に開催された老田小学校のバザーの後編☆
今回のPTAの陰の合言葉は「役員同士が互いにフォローして全体が成功を収めるように」であり、持ち場は予め決まっていますが、手が空いたら仲間に手を差し伸べるという精神です。(・◇・)ゞバザーまでの段取りは忙しいのですが、途中、学習発表会で子供が出る時間帯は自由行動となっています。
食品を作るテントには学習発表会のプログラムが取り付けられていました。役員同士の思いやりですね☆
PTAバザー後編_01.jpgPTAバザー後編_02.jpgPTAバザー後編_03.jpg

9時から学習発表会が始まりました。各コーナーの裏方では調理や準備に活気が満ち溢れています。お世話するPTA役員や関係者の数は全体で約50名となっています。♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
これはたこ焼き厨房となっている家庭科室、そして焼きそば厨房のテント内の様子。「昨年同様、いや昨年よりも美味しく」を目標にひたすら調理し続けています☆
PTAバザー後編_04.jpgPTAバザー後編_05.jpgPTAバザー後編_06.jpg

これは焼きそば、豚汁、うどんです。
写真を見ているだけで思わずヨダレが出てきそう♪旨い香りがPCの中から漂ってきそうです☆
3Dテレビが今の流行ですが、未来になると・・・(ドラえもん絵巻?)電波に乗って香りも届いてくるかもしれませんね☆「料理は愛情」そんな言葉がぴったりのバザーの厨房です☆☆☆
PTAバザー後編_07.jpgPTAバザー後編_08.jpgPTAバザー後編_09.jpg

こちらは提供品販売コーナーです。ダンボールを上手に使って商品のプレゼン☆さすがです♪
よく見ると、並べ方にもコツがあるそうです。売り手側の心理では販売コーナーを一周させたいという気持ち(思惑?)があるので、人気商品は入口から対角線上で一番奥の場所にあります。知ってました?Σヾ( ̄0 ̄;ノ☆
提供品販売では父兄の皆さんをはじめ、地域の方々のご協力を頂いています。ありがとうございます☆
PTAバザー後編_10.jpgPTAバザー後編_11.jpgPTAバザー後編_12.jpg

待ちに待ったバザーの開始。お腹もペコペコ状態です☆
会場作りでは「パイプ椅子の撤収」や「ゴザ同士の間に脚の短いテーブルを置いて食事席を作る」、「会場の周囲には食品の販売コーナーを設ける」こととなっています。φ(.. )
今回の準備時間は昨年よりも短かったのですが、PTA役員を中心に父兄の方々、そして児童たちも準備に加わり、「みんなの楽しいバザー」会場が出来上がりました♪
PTAバザー後編_13.jpgPTAバザー後編_14.jpgPTAバザー後編_15.jpg

こちらは調理品の販売コーナーです。たこ焼き(のぼり旗)やチョコバナナ、焼きそば、フランクフルト、ジュース、うどんに豚汁等々、賑やかな雰囲気が伝わってきそうですね☆
PTAバザー後編_16.jpgPTAバザー後編_17.jpgPTAバザー後編_18.jpg

今回は分別ゴミの当番を4年生児童(15分間隔で3名体制)にお願いしました。PTAからは総務委員(30分間隔で1名体制)が担当についています。
また、ゲームコーナーでは勢い余ってステージから落ちる児童を防ぐ為に、父兄らの心配りで柵が並べられています☆
PTAバザー後編_19.jpgPTAバザー後編_20.jpgPTAバザー後編_21.jpg

毎年恒例のステージ上でのゲーム(縁日)コーナー。くじ引き、千本引き、ゴム鉄砲に分かれています。児童たちはゲームが大好きですよね♪一喜一憂でステージは騒然となっています。
ゲーム券の販売では「あと30秒でゲーム券を販売します」の放送と同時に、児童たちは大きな声を揃えてカウントダウン(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!☆児童たちにとって、一番楽しいひと時かもしれませんね☆
PTAバザー後編_22.jpgPTAバザー後編_23.jpgPTAバザー後編_24.jpg

バザーの醍醐味と言えば・・・何でしょう?
PTA役員や父兄、児童らの受け止め方は違うと思います。PTAにとってみれば最大の行事であり、活動資金稼ぎと言えばそれまでですが・・・(汗)。
大勢でテーブルを囲んで、ママ・パパ役員たちの愛情こもった手料理を気の合う家族や仲間たちとお喋りしながら一緒にご飯を食べるのって、ドコかにお出かけしている気分かもしれませんね♪
また、食べるとゴミが必ず出ます。これを分別する行動を大人が児童たちに教育する場面もあります。
大人の私たちは生活で出るゴミを「燃えるゴミやプラスチック、紙、ダンボール等」に分別することが当たり前。児童たちは学校で習ったことの実践です。「ココに分別して捨ててね!」と、みんなと一緒に分別することの大切さを体験したものと思います。
美味しさと楽しさ、面白さがある「笑顔と教育」。老田小学校PTAは学校と違った世界で児童たちを応援・教育しているのでしょうね☆行事のお世話は大変ですが、充実感は確かに存在します☆☆
PTAバザー後編_25.jpgPTAバザー後編_26.jpgPTAバザー後編_27.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日のPTA(老田小学校のバザー前編2011年)2011.10.31|未分類

みなさん、おはようございます。総務部の渡辺です。
2011年10月も今日で終わり・・・。朝と昼の気温差が大きすぎる最近の天候。秋真っ盛りと言いながら、冬の足音が聞こえてきそうな気配がしています(●´ω`●)。秋から冬、冬から春・・・同じ気温でも肌寒く感じたり、ポカポカ陽気と感じたり・・・人間ってある意味、体感温度で言うと身勝手な(?(・・?)生き物かもしれませんね☆

さて、今回は10月23日(日)に開催された老田小学校のバザーの前編☆
PTAにとっては一大イベントです(・◇・)ゞ。でも、私にとってみれば、親子ふれあいフェスタのペットボトルロケット(毎年、新しい企画)のほうが段取りは大変だったりして・・・Σ( ̄ロ ̄|||)
これは20日(木)の19時30分から開始された体育館のシート張りです。毎年決まった恒例行事なのですが、どこから敷くのだったっけ?(゚∇゚ ;)!?といつも疑問符Σヾ( ̄0 ̄;ノ
教頭先生の話によると、床に引いてある「ステージと水平の緑のライン」に合わせて敷くようですね。体育館から家庭科室への出入り口にはテーブルを置くので通路にシートを張っています。φ(.. )
また、シートの長さと体育館の長さを比較するとシートが少し長いので、終点では端っこにグルグル巻きにしておきます。でも、体育館側玄関からの出入り口付近はグルグル巻きのまんまだと転んでしまう危険性も考えられるので、安全面を考慮してシートを折り返しておく工夫が施してあります。代々伝わってきた経験が活かされていますね☆♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
PTAバザー前編_01.jpgPTAバザー前編_02.jpgPTAバザー前編_03.jpg

ここで、「どうして金曜日ではなく、木曜日なの?」の疑問。Σヾ( ̄0 ̄;ノ
金曜日の昼間は先生方と6年生児童らがテーブルやイス、照明、ゴザ等をキレイに並べています。その後にシートを張ると、もう一度並べられた物をずらさなければならないからですね。パチッ☆-(^-‘*)bナルホド

バザー前日の22日(土)です。
体育館の様子☆西側出入り口側、ステージ側、そして西渡り廊下側からの光景です。金曜日の昼間に行なった学習発表会用のレイアウト。バザー本番ではゴザの間に脚の短いテーブルを5脚ずつ並べたり、パイプ椅子を撤去したり等々、周囲には脚の長いテーブルやバザー掲示物、賑やかな声、美味しい香り等々で賑やかになる予定です。ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ♪
PTAバザー前編_04.jpgPTAバザー前編_05.jpgPTAバザー前編_06.jpg

ここは理科室の提供品販売の様子☆
東老田公民館に一時的に保管(15日の土曜日の午後から各支部で集まった提供品を整理・値段付け)されていた提供品を理科室に移し変えました。大きな木製のテーブルを中央(縦向き)と部屋の側面に並び替えています。木製の椅子も陳列棚にしてディスプレイ前の状態となりました☆
PTAバザー前編_07.jpgPTAバザー前編_08.jpgPTAバザー前編_09.jpg

分別ゴミ箱の製作☆
よ~く見ると、ダンボールの口の折り方に工夫が光っているのが分かりますか?(。・ω・)ノ゙
ダンボールの口の折り方によっては色んな使い方ができるんです☆内側に折ると強度が強くなりますが、今回は上に伸ばして口を少しとがらせた状態にしてガムテープで固定。こうすることで、ゴミ袋が入れやすくなるんです。(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
PTA会長も昨年の経験(PTA会長がゴミの整理)を心配して、総務委員のお仕事を偵察中(ジ~ (・_・|)です☆
PTAバザー前編_10.jpgPTAバザー前編_11.jpgPTAバザー前編_12.jpg

ここはステージ上の様子☆
児童たちが大好きなゲーム(縁日)コーナーです。橋本玩具さんで購入・しつらえて頂いたくじ引きや千本引き用に皆さんから提供して頂いた数多くのぬいぐるみ、ゴム鉄砲用の的の段取り等々。景品番号の表示はお世話をする学年委員・学級委員の方々が分かりやすく、そして児童たちにも見やすいレイアウトにしなくてはなりません。みんなで頭を抱えて真剣に悩み考えています。”ノ(-________-;)ウゥーム・・・
PTAバザー前編_13.jpgPTAバザー前編_14.jpgPTAバザー前編_15.jpg

午後4時過ぎには事前準備が完了☆
役員全員が集まって終わりの会です。本番を明日に控え、ちょっと緊張した面持ち。役員の皆さん、今日はお疲れ様でした☆☆
終わった後は、PTA会長や支部長らが残って、最後の詰めをしています。今期は2年目なので、心にも余裕が感じられました。PTA行事の中で最大のイベントのバザー。大成功を祈る瞬間です☆☆☆(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
PTAバザー前編_16.jpgPTAバザー前編_17.jpgPTAバザー前編_18.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日のPTA(老田小学校の親子ふれあいフェスタ後編2011年)2011.8.9|未分類

みなさん、おはようございます。総務部の渡辺です。
8月も第2週に入りました☆今週は早起きラジオ体操がお休みです♪お陰でカラダが以前より軽く感じてしまうのは年のせい?(´・ω・`)

さて、今回は7月30日(土)に開催された老田小学校の老田っ子親子ふれあいフェスタの後編☆
受付開始は13時。雲行きは午前中と比べると、さらにどんよりとして悪そうな感じですが、本日のふれあいフェスタが成功するよう、PTA会長が役員たちに喚起していますヾ(´ω`=´ω`)ノ☆
今回の道具でロケットのスカートを製作するのにカッターが必要だったのですが、児童や保護者が誤って指を切ってしまうかもしれないので、ペットボトル(PB)の両サイドにグラインダーで切れ込みを入れています。その切れ目の部分からハサミを入れて適正な長さに仕上げる段取りです☆
また、両面テープは割高なので、1基当たりの必要な長さ(約60cmで、尾翼の山折りの接着とスカートとの接着の8箇所)を逆算して、あらかじめテーブルの端っこに約7cmの長さに切ったものを付けておきました☆☆
PTAペットボトルロケット_31.jpgPTAペットボトルロケット_32.jpgPTAペットボトルロケット_33.jpg

開始時刻の13時30分頃・・・天気予報通り?の豪雨・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン
体育館の屋根に当たる雨音がかなりうるさくて、マイクの声が打ち消されるほどの強さです。/(-_-)ヽコマッタァ
「本当に止むのだろうか?」と、参加者全員が不安に満ち溢れた製作時間の開始となりました。ケータイで天気予報の気象レーダー(赤色で強く降る印)を見ると1時間は続くような気配です。(゚∇゚ ;)エッ!?
PTAペットボトルロケット_34.jpgPTAペットボトルロケット_35.jpgPTAペットボトルロケット_36.jpg

製作時間の様子☆
13時40分から製作開始。会場内では天候の不安がありましたが、設計図を参考にアレコレと保護者の方々は真剣に作っています。
ここでPBロケットの製作ではポイントとなる工程を説明☆φ(.. )
・PBで高さが約10cmのスカートを作る(グラインダーで切れ込みを入れた箇所を始点としてハサミを入れる)
・紙パックで尾翼を4枚作り、スカートに垂直になるよう取り付ける。接着は両面テープを使用。
・PBの先端に画用紙で円錐状のトップを作り、その中に新聞紙を丸めて入れる。
・最後は各所をビニールテープで補強する。
次に製作時間を短縮・品質の標準化に向けた工夫をご紹介☆☆φ(.. )
・尾翼(設計図や案内状で事前製作のススメ)やトップ(画用紙に直接書いた)の型紙を用意。
・スカートに尾翼が垂直に取り付けられるよう、台紙を設計図に書き込み。
注意点は・・・(経験者は語る)Σヾ( ̄0 ̄;ノ
単に円筒状のPBと言っても、様々な飲料メーカーが商品を出しているので、「ある銘柄」というように特定しないと、寸法通りに切ってもスカートから噴射口が出過ぎたり、隠れ過ぎたりします。噴射口がスカートの丈に隠れても良いのは約1cmが限度。それ以上だと発射台に乗せられない可能性もあります。φ(.. )
PTAペットボトルロケット_37.jpg

今回の製作時間は1時間。「低学年児童・保護者を中心に難しかった(≧ヘ≦) ムゥ」とのご感想を頂きました。
早く製作が終われるように様々な工夫を施したのですが、初めての企画だったので、実際のところ難しさもありました。豪雨が長引いた影響で予定よりも約25分の遅れとなりましたが、その分、多くのロケットが完成したということで・・・良しとしましょう(。・ω・)ノ゙
PTAペットボトルロケット_38.jpgPTAペットボトルロケット_39.jpgPTAペットボトルロケット_40.jpg

豪雨は15時には止みました☆
雨が止んでも水溜りがあったので、急いでスポンジを使って足元コンディションを整えます。まずは発射台周辺のコンディション☆グラウンドの水はけが良かったせいか、水溜りは一部分で済みました☆
PTAペットボトルロケット_41.jpg

お待ちかねの打ち上げ☆!!(。・_・)/=============∋!!
さっきまでの豪雨が嘘のようです。(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
打ち上げ設定にともなう、発射台と噴射口の取り付けやポンピングでは最初は慣れない手つきでしたが、次第にセミプロ級?に段取りがステップアップ☆(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!
打ち上げる度に児童たちの「すごーい」の連呼(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
ここで今回のPTA役員のお仕事をご紹介☆
打ち上げサポート(「親子ふれあいの趣旨」でポンピングは基本的に保護者が行ないます)や水の注入作業、側面道路の安全確保、そして一番体力を使う、打ち上げた後の転がっているロケットの回収作業です。
4箇所の発射台から2回打ち上げた8基を確認し、一斉に小走りで回収して定位置に戻ります。
実は・・・この回収作業のスピードアップが時間短縮となります。パチッ☆-(^ー’*)bナルホド
「グラウンドに散らばったロケットをいかに素早く児童の手元に届けられるか?」がキーワード☆(^o^)丿☆
転がっているロケットを拾って、飛距離(落下地点で目測)をロケットの側面にマジックで書きます。書いてあげることで児童たちの話題につながりますよね☆ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ
PTAペットボトルロケット_42.jpgPTAペットボトルロケット_43.jpgPTAペットボトルロケット_44.jpg

上位に入賞するには60m以上飛ばないとイケナイのですが、学校の敷地内に落下させなければイケナイ制限もあったので、飛ばないような工夫もありました。
PTAペットボトルロケット_45.jpgPTAペットボトルロケット_46.jpg

参加児童全員が2回目の打ち上げを終えて、表彰式までのわずかな時間☆
順位を決めて、賞状に記入している間に3回目の打ち上げをすることになりました。「☆^v(*^∇’)乂(‘∇^*)v^☆ヤッタネ!!」児童たちの大歓声♪張り切って順番に並んでいます☆☆
PTAペットボトルロケット_47.jpg

最後の表彰式☆
得賞歌(ヘンデルの「見よ勇者は帰りぬ」)を流して、表彰式らしく場を盛り上げます♪
表彰状の文言はパソコン打ちですが、飛距離や学年、氏名はすべてPTA会長の手書きになりました。w(゚o゚)w オオー!
一字一字を丁寧に真心をこめた達筆な(?)自体☆筆ペンを用意していなかったのがとても残念。(p_q*)シクシク
1回目の1位は76m、2回目の1位は84mでした(田んぼに落下です、♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!)
上位入賞者(5位まで)には賞状と記念品☆
PTAペットボトルロケット_48.jpgPTAペットボトルロケット_49.jpg

参加賞は冷えたジュース☆児童たちは喉がカラカラだったようで飛びついています☆
PTAペットボトルロケット_50.jpgPTAペットボトルロケット_51.jpg

グラウンドや体育館の後片付けも終わり17時☆
最後は一本締めで締めくくりました。PTA役員のみなさん、本日はおつかれさまでした☆☆☆
PTAペットボトルロケット_52.jpgPTAペットボトルロケット_53.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
1 / 3123
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!