メンテナンスTOP


 

メンテナンスと一言でいっても、「メンテナンスをしなきゃ」という場面や機会がなければ難しいものです。

 

弊社では、定期点検という機会で工事担当者や一級建築士が戸別にメンテナンスのアドバイスをしております。お家の立地や四季の気候条件、室内外の湿度の変化、お客様の生活スタイル(水蒸気の発生等)によって、お手入れ方法が異なってきます。弊社スタッフが定期点検(1年目、2年目、5年目、10年目)でお客様のお家を診断し、適切なアドバイスを実施しています。点検現場への立会いで、回数を重ねてみて思うことがあります。

 

メンテナンスへの行動は、「モノ(部材等)が悪くなってから芽生える」ということ。

 

新品時はほとんど感じませんが、何かと不都合が出てきた際に「あの時の艶、感触、見栄え等々」と思い出すものです。いつになっても「新築の家の感動」は忘れられません。いつまでも大切なお家を長持ちさせたいですね。

弊社スタッフと一緒に取り組んでみましょう!

 

まずは、材質の特徴を知ることで、より身近にメンテナンスを感じることができます。

この章は、これまでの事例やスタッフの経験をもとに構成されています。
「もっと詳しく知りたい!」「他に事例はないの?」のご希望にお応えして、
定期点検ブログには数多くの情報が掲載されています。ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!