住まいのメンテナンス (24時間換気システム)


家を新築する際に換気計画を考えます。
これは、窓を閉めた状態で24時間換気が機能することを基本としています。
しかしながら、天候の良い晴れた日の窓の開放に優るものではありません。

【 メンテナンス】・・・スタッフ編

天井取り付け型の場合、椅子や脚立を用いて蓋を外す作業から始めます。蓋を全て外す際に本体と蓋との間にある金具の外し方にちょっとしたコツがあります。また、フィルターの掃除方法にはいくつかあります。

※定期点検の際には実演して詳しくお伝えしています。

< 蓋の外し方 >

具体的な手順です。まずは掃除機のヘッドの部分をピンポイントで吸い込める部材(無い場合は外したまま)に取替え。黒く見える(右下)のは吸着しているホコリが取れて元の黒色が現れている様子。

黒いフィルターの交換前と交換後です。

白いフィルターの交換前と交換後です。

取り出したフィルターです。ちょっと灰色になっていますが、これが空気中のホコリ等(場所によっては小さな虫も引っ掛かっています)が溜まった状態。掃除機で吸い取っています。

< 掃除機で吸い取る / 水洗い(日光で乾燥)/予備と交換 >

【 メンテナンス 】・・・お客様編

普段はなかなか手の届かない場所ですが、そんなに難しい作業でもありません。ご夫婦のように定期点検でのスタッフの作業をお手本にして実際に掃除をなさってみられるのも良いのではないでしょうか。「こんなに簡単にできる」ことに気付けますし、「自分の家を自分でメンテナンスする」きっかけになるのではないでしょうか。

【 ランニングコスト 】

経済性を考えて、運転を止めていらっしゃる方もおられますが、24時間動かすような仕様 になっています。

全熱交換型の電気代は1台につき、1ヶ月当たり600円程度。お家の仕様によっては2台 から3台設置されており、2箇所に設置の場合は、約1200円となっています。

< 1階 / 2階 >

注意点

換気音に敏感で耳障りと感じる場合、運転を停止されていることもあります。冬場では、外気と室内温度との差でダクト内に結露が発生し、それが水滴となり室内に落ちてくることもありますので、一年中、運転されることをお勧めします。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!