【洗濯機の乾燥時に浴室の排水口が逆流する】2017年1月14日(土)お家の点検2年目(富山市婦中町K邸)2017.3.4|

Q 洗濯の乾燥時、浴室にある2箇所(浴槽と洗い場)の排水口でコポコポと音がする。

A 以前に「排水の流れが悪い」という問い合わせがあって対処したことがありました。今回は浴室の排水口に何らかの影響が及んでいるようでした。

[洗面脱衣室]        [日立製/BD-V9500]

04_RK02_排水口の逆流_01 04_RK02_排水口の逆流_02

 

洗濯機の乾燥時に反応している浴槽と洗い場の2箇所の排水口。

[浴室]

04_RK02_排水口の逆流_03 04_RK02_排水口の逆流_04

 

1年目点検では「以前に洗濯排水が逆流したり、流れが悪かった」という申し出があったので、汚水枡や通気口の蓋に穴を数箇所開けて流れにくい現象を改善した経緯がありました。排水の進行方向側の蓋に穴を開けることによって排水が流れる力を手助けしています。

[建物前面/北側/汚水枡・通気口]

04_RK02_排水口の逆流_05 04_RK02_排水口の逆流_06

 

施工上で出来る限りの対処はしたのですが、抜本的な改善方法が分からなかったので、ネットで似た事例がないか探してみると・・・[BD-V9500L]でヒットしました。

この洗濯機は乾燥時の高温高湿度の排気が室内に籠もらないように「排水口の封水を押しのけて排水ホースから排気する」仕様(排水管を排気も通る)になっているようでした。

高速温風運転(排風圧)→排水ホースの取り付け部が浮き上がる→水が飛び出して床面を濡らす

(排水口キャップは排水が自然落下することを想定、排気による温風圧力の浮き上がりは想定外)

1年目点検後のフォローでは排水管の出口近くの設置している点検枡と通気管の蓋に穴あけを実施。

また、取り付け業者によると、ホースの周りを「パテ」や「粘土」で固定すれば良いそうです。

【開閉時にカラカラと音がする】2017年1月14日(土)お家の点検2年目(富山市婦中町K邸)2017.3.4|

Q 奥のほうの引き戸が開閉の都度、カラカラと小さな音がする。

[和室/収納]

05_RK02_引き戸の異音_01 05_RK02_引き戸の異音_02

 

現状を確認。引き戸を取り外してレールや台車・車輪にゴミの詰まり等があるか検査しましたが、特に問題はありませんでした。お客様と協議の結果、メーカーによる部品(車輪)の交換にて対処することになりました。

05_RK02_引き戸の異音_03 05_RK02_引き戸の異音_04

【開き戸が閉まらなくなることもある】2017年1月14日(土)お家の点検2年目(富山市婦中町K邸)2017.3.4|

Q 扉を開ける時、床にあるマグネット式のストッパーを通り越して閉まらなくなることもある。

A 現状を確認。再発防止のためにマグネット式ストッパー部品を取り替えて対処する予定ですが、扉を上に上げる(丁番の調整)ことで改善できるのか?も試してみることになりました。

[2階居室]

07_RK02_扉が閉まらない_01 07_RK02_扉が閉まらない_02

【クロスの変化等】2017年1月14日(土)お家の点検2年目(富山市婦中町K邸)2017.3.4|

Q 壁クロスに隙間等がある。

A 現状を確認。家内外の湿度変化等で木造住宅の構造材である木部が伸縮、構造体の表面に張ってある下地ボードの動き、ボードの表面に貼ってあるクロスの追随等で変化します。点検後のフォローで目立たないように対処することになりました。

[クロスの隙間/2階ホール]

08_RK02_クロスの隙間_01 08_RK02_クロスの隙間_02

 

[クロスの膨らみ/2階ホール]

08_RK02_クロスの隙間_03 08_RK02_クロスの隙間_04

【引き戸の開閉状態(速さ等)が変化することがある】2017年1月28日(土)お家の点検1年目(富山市婦中町K邸)2017.3.4|

Q 引き戸が開けにくいときもある。

A 現状確認。この扉は一般的な建材で使われているMDF合板となっています。木材をチップ状・繊維状に分解して接着剤の加熱加工した・圧着形成した板です。無垢材よりも反りやねじれにくいのが特徴ですが、脱衣室は洗濯物を干す空間で湿度が高いので、扉の両面の湿度差で「反り」が発生していると思われます。

[脱衣室/洗面室側]     [脱衣室/キッチン側]

03_SK01_引き戸の反り_01 03_SK01_引き戸の反り_02

【床のキズ跡】2017年1月28日(土)お家の点検1年目(富山市婦中町K邸)2017.3.4|

Q 大きくない物を落としただけなのに白いキズ跡が残る。床材はキズに強かったのでは?

A 現状を確認。どのような物(重さや形)をどの高さから落としたのかは分かりませんが、今回はお客様サービスの一環で対処することになりました。簡易的な補修では「くれよん」という補修材をキズ口に塗り込んで目立たないようにする方法が一般的です。

[リビング]

04_SK01_床のキズ跡_01 04_SK01_床のキズ跡_02

 

[キッチン]

04_SK01_床のキズ跡_03 04_SK01_床のキズ跡_04

【点検枡】2016年11月22日(火)お家の点検10年目(富山市K邸)2017.3.4|

[雨水枡]

雨水枡の検査。泥などの溜まりはほとんどありませんでした。お客様が定期的にお手入れされていると思われます。

[建物左面/西側]      [建物右面/東側]

02_YK10_雨水枡_汚水枡_01 02_YK10_雨水枡_汚水枡_02

 

[汚水枡]

汚水枡を検査。特に油脂等の溜まりは見受けられませんでした。

[建物後面/北側/浴室]   [建物後面/北側/ユーティリティ]

02_YK10_雨水枡_汚水枡_03 02_YK10_雨水枡_汚水枡_04

【サッシのゴムパッキンの剥がれ】2016年11月22日(火)お家の点検10年目(富山市K邸)2017.3.4|

サッシの角の部分のゴムパッキンが浮いているのを発見。太陽の紫外線等による劣化と思われます。後日、対処することになりました。

[LDK/東側]

04_YK10_サッシのゴムパッキン_01 04_YK10_サッシのゴムパッキン_02 04_YK10_サッシのゴムパッキン_03

 

[勝手口/東側]

04_YK10_サッシのゴムパッキン_04 04_YK10_サッシのゴムパッキン_05 04_YK10_サッシのゴムパッキン_06

【カランの隙間から水漏れ】2016年11月22日(火)お家の点検10年目(富山市K邸)2017.3.4|

Q 水を出すとカランの付け根から水が漏れてくる。

A 現状を確認。パッキン等の劣化と考えられます。後日、対処することになりました。

[キッチン]

05_YK10_カラン隙間から水漏れ_01 05_YK10_カラン隙間から水漏れ_02

【ドアストッパーのゴムのはずれ】2016年11月22日(火)お家の点検10年目(富山市K邸)2017.3.4|

ドアストッパーのゴムが外れているのを発見。横に置いてあったので「何とかして欲しい」という

お客様からの合図にも受け取れました。ゴムを定位置にはめ込んで現状を改善。

[2階居室/南側]

07_YK10_ドアストッパー_01 07_YK10_ドアストッパー_02

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!