page top

点検ブログ

  • 【基礎化粧モルタルのヒビ割れ】2016年10月13日(木)お家の点検1年目(富山市T邸)

    基礎化粧モルタルに小さなヒビ割れを数箇所発見。基礎表面に施されている厚さ数ミリの化粧モルタルだけのヒビ割れだと思われますが、次回の2年目点検で床下検査する時に確認することになります。

    [建物後面/北側]                    [建物前面/南側]

    03_TT01_基礎化粧モルタルのヒビ割れ_01 03_TT01_基礎化粧モルタルのヒビ割れ_02 03_TT01_基礎化粧モルタルのヒビ割れ_03

  • 【基礎化粧モルタルのヒビ割れ】2015年11月24日(火)お家の点検1年目(高岡市T邸)

    基礎化粧モルタルのヒビ割れを数箇所確認。基礎表面に施してあるモルタルが温度変化等によって収縮することで起こり得る現象と思われます。ヒビ割れ部分にモルタルを上塗り補修しても逆に目立ってしまう事例もあったので、2年目まで様子を見ることになりました。

    [建物左面/東側]       [建物後面/南側]

    03_RT01_基礎化粧モルタル_01 03_RT01_基礎化粧モルタル_02 03_RT01_基礎化粧モルタル_03

  • 【基礎化粧モルタルのヒビ割れ】2015年11月21日(土)お家の点検1年目(富山市N邸)

    基礎化粧モルタルのヒビ割れ。基礎表面に施してあるモルタルが温度変化等によって収縮することで起こり得る現象です。ヒビ割れ部分にモルタルを上塗り補修しても逆に目立ってしまう事例もあったので、2年目まで様子を見ることになりました。

    [建物前面/東側]       [建物後面/西側]

    03_KN01_基礎化粧モルタル_01 03_KN01_基礎化粧モルタル_02 03_KN01_基礎化粧モルタル_03

  • 【化粧モルタルのヒビ割れ】2015年5月27日(水)お家の点検5年目(富山市婦中町M邸)

    基礎の表面に施してある化粧用のモルタルにヒビ割れがあるのを発見。ヒビ割れの色が少し変わって目立っていたので、過去にセメント補修した跡と思われます。ドライバーで表面をなぞりながら聞こえてくる音を確認。基礎本体ではなく、表面のモルタルだけのヒビ割れと思われるので、今後とも様子を見て頂くようお願いしました。

    [建物右面/西側]

    03_TM05_基礎化粧モルタル_01 03_TM05_基礎化粧モルタル_02

  • 【基礎化粧モルタルのヒビ割れ】2015年3月20日(金)お家の点検5年目(富山市S邸)

    Q 基礎のヒビ割れが多い(案内葉書)

    A 現状を確認。細いヒビ割れが北側や西側に数箇所ありました。ハンマーで表面を軽く叩いて音を聞くことで内部が剥離しているか否かを検査しています。

    [建物後面/西側]

    04_KS05_基礎化粧モルタル_01 04_KS05_基礎化粧モルタル_02

     

    基礎本体ではなく表面に化粧用としてモルタルを塗布しているので構造的な影響はほとんどないと思われます。仮にヒビ割れが目立たないようにセメントを上塗りした場合、ツギハギのように目立ってしまうこともあるので、協議の結果、このままの状態となりました。

    04_KS05_基礎化粧モルタル_03 04_KS05_基礎化粧モルタル_04

     

    お客様は他社で施工された隣家の基礎を例示されました。「縦に線の入った施工はヒビ割れがない?」

    の質問に対して「目に見える目地が縦に入っているのでヒビ割れしても目立たない」と説明することで理解して頂きました。

    [西側の隣家]

    04_KS05_基礎化粧モルタル_05 04_KS05_基礎化粧モルタル_06

  • 【基礎化粧モルタルのヒビ割れ】2015年2月20日(金)お家の点検1年目(魚津市M邸)

    基礎化粧モルタルのヒビ割れが数箇所ありました。基礎の表面に施してある薄い化粧用のモルタルのヒビ割れだと思われるので構造上は特に問題ありません。お客様と協議の結果、ヒビ割れの部分が拡張(ヒビに雨水が進入し凍結すると体積が約1.1倍)しないようにモルタルを詰めることをお約束。

    [建物右面/西側]

    03_TM01_基礎化粧モルタル_01 03_TM01_基礎化粧モルタル_02

  • 【基礎化粧モルタルのヒビ割れ】2014年11月26日(水)お家の点検2年目(魚津市O邸)

    基礎化粧モルタルにヒビ割れを発見。

    [建物後面/西側]

    03_TO02_基礎化粧モルタル_01 03_TO02_基礎化粧モルタル_02

    厚さ数ミリの化粧モルタルが温度変化等によって収縮(モルタル内の水分が放出されて縮む)することでヒビ割れする起こり得る現象となっています。基礎本体には影響がないこと、目立たないようにハイモルタルを上から詰めても補修跡が目立つ事例もあるので、今後の経年変化によって対処を考えていくことに理解して頂きました。

    [奥様確認]        [ご主人確認]

    03_TO02_基礎化粧モルタル_03 03_TO02_基礎化粧モルタル_04

  • 【床下点検】2014年10月25日(土)お家の点検1年目(富山市W邸)

    お客様からのご要望があり、基礎の表面に発生した化粧モルタルのヒビ割れ(ヘアークラック)が内部に至っているか否か?を確認する検査となりました。特に異常はありませんでした。

    06_KW01_床下点検_01 06_KW01_床下点検_02

    基礎肌を隠す目的で施されている厚さ数ミリの化粧用のモルタルが温度変化等による収縮でヒビ割れしたものです。基礎本体の強度への影響はありませんが、見た目はどうしても気になってしまいます。

    [建物右面/南側]     [建物左面/北側]

    06_KW01_床下点検_03 06_KW01_床下点検_04

  • 【化粧用モルタルのヒビ割れ】2014年7月1日(火)お家の点検1年目(富山市I邸)

    先日、お客様が基礎の表面に細いヒビ割れを発見されたご様子。心配そうな表情で質問がありましたが、基礎コンクリート肌を隠す化粧用の薄いモルタルであり、構造上の問題はほとんどありません。ヒビ割れ部分を補修用モルタルで埋めることも可能ですが、補修跡が逆に目立ってしまう事例もあるので、お客様との協議の結果、そのままの状態で様子を見ることになりました。
    [建物正面/北側]
    03_MI01_基礎化粧モルタル_01 03_MI01_基礎化粧モルタル_02 03_MI01_基礎化粧モルタル_03

    [建物後面/南側]
    03_MI01_基礎化粧モルタル_04 03_MI01_基礎化粧モルタル_05