【タイルの目地が欠けている】2013年11月30日(土)お家の点検1年目(高岡市S邸)2014.2.27|

Q トイレのタイル目地が欠けている。

[1階トイレ]

07_MS01_タイル目地_01 07_MS01_タイル目地_02

現状を確認。タイル目地は白色のモルタル処理なのですが、お客様DIYになると気軽に扱いにくいと思われます。そこで、色が似ていて扱いやすい水性アクリル系のコークボンドの使用をお勧めしました。

07_MS01_タイル目地_03 07_MS01_タイル目地_04

まずは見本として白(ホワイト)色のコークボンドを欠けている箇所に充填。

07_MS01_タイル目地_05 07_MS01_タイル目地_06

お客様にひと通りの補修工程を説明。コークボンドには耐水性はありませんが、この箇所は水に濡れることはほとんど無いと思われるので代替案となりました。他の用途にも使えるコークボンド。本来は壁クロスの隙間等に充填するものです。

07_MS01_タイル目地_07 07_MS01_タイル目地_08

【コーキングの経年変化】2013年10月23日(水)お家の点検5年目(富山市O邸)2014.2.26|

方角(太陽光の当たり具合)による劣化進度の違い。太陽光がよく当たる西側(外側)は内側(日陰)の状態を比較すると、コーキング(シーリング)の経年変化(白く硬化)が進んでいるのが分かります。

04_TO05_コーキング_01 04_TO05_コーキング_02 04_TO05_コーキング_03

【コーキングの切れ・隙間】2013年6月27日(木)お家の点検5年目(黒部市K邸)2014.2.25|

Q 蓄暖の上にある棚と壁の間が空(す)いてきている。

A 現状を確認。蓄暖の過乾燥による影響で水性アクリル系のコークボンドの劣化が早まっていると思われます。起こり得る現象はお客様も知っておられました。

[1階LDK]

07_YK05_コーキング_01 07_YK05_コーキング_02

【カウンター裏面のヒビ割れ】2013年5月18日(土)お家の点検5年目(富山市S邸)2013.6.5|

Q カウンターの裏面がヒビ割れてきた。
A 現状を確認。真下にある蓄暖の輻射熱によって乾燥して少しずつ割れてきたものと思われます。
[リビング]
08_YS05_カウンター裏面のヒビ割れ_01.jpg08_YS05_カウンター裏面のヒビ割れ_02.jpg

[真ん中/熱によるヒビ割れ][端っこ/ジョイント部分の浮き]
08_YS05_カウンター裏面のヒビ割れ_03.jpg08_YS05_カウンター裏面のヒビ割れ_04.jpg

コークボンドを使って目立たないように補修しました。でも水性アクリル系なので、過乾燥によって隙間が再度目立ってくることもありますが、カウンターの強度には問題ありません。
08_YS05_カウンター裏面のヒビ割れ_05.jpg08_YS05_カウンター裏面のヒビ割れ_06.jpg

※ コーキング剤の種類(参考/生田化研社/http://www.k-ikuta.co.jp/handout/adhesive/)
・コークボンド(水性アクリル系)硬化後、弾性体となり、汚染もない。
・ボンドシリコンコーク(シリコーン系)完全耐水性、耐久・耐候性に優れる。
・トップコールSP(ポリサルファイド系)外壁目地に最適。
※ コークボンドの色見本(参考/ヤヨイ楽天市場)(http://item.rakuten.co.jp/moyougaehonpo/jyointoko-ku/)
ホワイト、アイボリー、ベージュ他30種類以上。
08_YS05_カウンター裏面のヒビ割れ_07.gif

【コーキングの施工跡】2012年12月8日(土)お家の点検1年目(立山町S邸)2013.2.6|

Q 最近、気づいたのであるが、ココだけが触るとネットリしている。
A 現状を確認。他にもコーキングの施工箇所はありますが、ココだけが実際に触ってみると粘着性のある油のようなものが付着します。この部分だけのコーキングを外して改めて打ち直すことをお約束。
09_MS01_コーキングの施工跡_01.jpg09_MS01_コーキングの施工跡_02.jpg09_MS01_コーキングの施工跡_03.jpg

【外壁のコーキングについて】2012年6月19日(火)お家の点検5年目(富山市八尾町I邸)2012.7.24|

防水塗膜の劣化への対応やコーキングの打ち直しについて。立地条件や周辺環境、外壁の仕様等にもよりますが、一般的には建築後15年を目安に防水塗装の塗り替え、同時に外壁同士の間にある弾性コーキングの打ち直し等の工事が発生します。10年目点検でも各部材の検査はするのですが、今後の改装計画として考えて頂くようお願いしました。
10_HI5_外壁コーキング_01.jpg10_HI5_外壁コーキング_02.jpg

コーキングが紫外線や風雨等で劣化(硬化)すると、次第にその箇所からの雨の進入が考えられますが、下地に防水シートがあるので直接的には雨漏りの心配はありませんが、放置しないことが大切です。
[北西側]         [南東側]
10_HI5_外壁コーキング_03.jpg10_HI5_外壁コーキング_04.jpg

【外壁について】2012年3月8日(金)お家の点検5年目(入善町U邸)2012.3.31|

外壁の状態を確認。塗膜が少し剥がれている箇所が数箇所ありました。
03_KU5_外壁_01.jpg03_KU5_外壁_02.jpg

外壁同士の間に施されているコーキングに指を強く当てて弾性状態を確認。特に異常はありません。
[建物後面/北側]
03_KU5_外壁_03.jpg03_KU5_外壁_04.jpg

外壁の経年変化(劣化等)は太陽の紫外線等の自然環境によって進行していきます。
今回の点検では外壁の塗膜に少し剥がれがありましたが、全体では異常はありません。塗膜の劣化が進んでくると、塗装面にチョークの粉のような粒子が発生する現象(チョーキング)を紹介。まだまだ先の話ですが、そのまま放置すると基材も傷んでくるので注意して頂くようお願いしました。
03_KU5_外壁_05.jpg

また、コーキングの弾性(ゴムのような弾力性)が硬化・劣化(ヒビ割れ等)する事例も紹介。下地には防水シートがあるので直ぐには雨漏りになることはありません。
03_KU5_外壁_06.jpg

次の点検は5年後の10年目点検です。その時点でもう一度現状を再確認しますが、お家は防水塗装・加工で保たれているので、「外壁の再塗装やコーキングの打ち直し等」の具体的な改装計画等も視野に入れて頂くようお願いしました。

【お家のアフターメンテナンスとして、お客様と第一歩】2011年7月23日(土)お家の点検5年目(富山市O邸)2011.8.1|

今回は5年目点検。
外回り点検では・・・
点検枡(雨水枡、汚水枡)や外壁の塗面、コーキングの弾性、屋根等々。
自然環境や立地条件等の影響による経年変化(劣化等)について検査しています。
11_SO5_お家のアフターメンテナンス_01.jpg

室内の点検では・・・
玄関ドアや室内ドア(開き戸、引き戸、吊り戸)の開閉でドライバーを使った調整、コークボンドによるクロスの隙間等を目立たないようにすること、お客様からの質疑応答等々、ご家族が生活されることによる建具等の経年変化(消耗・摩耗等)について検査・対応しています。
点検スタッフにはちょっと大変かもしれませんが、小屋裏(天井裏ですが、夏場はサウナ状態・汗)や床下(移動が苦しい・汗)の状態も検査します。
11_SO5_お家のアフターメンテナンス_02.jpg11_SO5_お家のアフターメンテナンス_03.jpg11_SO5_お家のアフターメンテナンス_04.jpg

こうしてひと通りの点検作業が終わり、点検表には結果や過程等を記入しています。次回の10年目点検では1年目、2年目、5年目の流れがひと目で分かると思います。
11_SO5_お家のアフターメンテナンス_05.jpg11_SO5_お家のアフターメンテナンス_06.jpg11_SO5_お家のアフターメンテナンス_07.jpg

新居に住まわれる際に、弊社担当スタッフからの「経年変化等によって、起こり得る現象や事例等」のひと通りの説明はありますが、お家が新しい時はその後の状態なんてなかなか想像できません。一般的にはアフターメンテナンスよりも新生活に考え方が傾くのは仕方がないと思います。

これは「住まいの管理手帳」です。記事の説明をしながらお渡ししている様子。
11_SO5_お家のアフターメンテナンス_08.jpg11_SO5_お家のアフターメンテナンス_09.jpg

これをひと通り読むと、お家に関する仕組みや現象・事例等のほとんど分かるかと思います。
「普段何気なく使っている建具って、実はこういう仕組みなんだ!」や「そっか、だからこうなるんだ!」、「だったら、こうすれば良いんだよね!」等々、この発見・気づきが第一歩になりますよね☆

そしたら、第二歩って・・・?
それは、コークボンドや潤滑油(CRC)、ドライバー等をホームセンターで買う行動になります♪
11_SO5_お家のアフターメンテナンス_10.jpg

この続きは・・・本ブログの他の記事にて☆☆☆

【外壁材同士の間のコーキングについて】5月14日(土) 定期点検2年目(滑川市K邸)2011.5.14|

下地材が湿度変化等によって伸縮すると外壁材も少し動いて材の間隔が変化しますが、弾性のあるコーキングが伸び縮みすることで隙間が発生するのを防ぎ、雨水が浸入しないようにしています。
03_YK2_コーキング_01.jpg03_YK2_コーキング_02.jpg

お家の方角や周辺環境(紫外線が当たる長さや強さ等)によっては経年変化(弾性の劣化/ヒビ割れ)の速さにも違いが出てくるので、指で押し当ててみて、弾性をチェックすることができます。
ヒビ割れが発生しても内部には防水シートの層がありますので、すぐに雨漏りすることはありません。
お客様自身も劣化による「ヒビ割れ」現象を知っておられ、スタッフの説明に納得されていました。
03_YK2_コーキング_03.jpg03_YK2_コーキング_04.jpg

【クロス】5月14日(土) 定期点検2年目(滑川市K邸)2011.5.14|

Q クロスに隙間がある。
A 現状を確認。季節や天候による室内外の湿度変化等によって下地材(木部)の伸縮することで、クロスが開いたように見える現象です。後日、室内用の長いハシゴを持参してコークボンドで目立たないように補修する事をお約束。
10_YK2_クロスの隙間_01.jpg10_YK2_クロスの隙間_02.jpg

永原がお客様の目の届かない箇所(クロスの隙間)をコーキングと拭き取り用タオルを使って目立たないように補修しています。営業部という立場ですが、補修アイテムを持参している姿に共感が持てます☆
10_YK2_クロスの隙間_03.jpg10_YK2_クロスの隙間_04.jpg

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!