【開き戸の引っ掛かり】2016年11月1日(火)お家の点検5年目(富山市婦中町N邸)2017.3.4|

Q 扉の開閉時に引っ掛かりがある。

A 開閉検査を実施。ラッチとストライクボックスに摩擦がありました。そこで、シリコンスプレーを吹き付けして摩擦を軽減させて現状を改善。

[2階トイレ]

07_HN05_開き戸の引っ掛かり_01 07_HN05_開き戸の引っ掛かり_02 07_HN05_開き戸の引っ掛かり_03

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【開き戸の下がり】2015年9月29日(火)お家の点検5年目(富山市八尾町K邸)2016.2.20|

Q 開き戸が床を擦ってキズが付いてしまった。この開き戸は途中までしか開かない。

A 現状を確認。原因は開き戸の下がりや床の盛り上がりが考えられます。点検スタッフにとってこのタイプの開き戸の丁番調整は未経験だったのですが、お客様から取扱説明書を奥から出して頂いたお陰で読みながら現状を改善。

[1階廊下]

06_KK05_開き戸の下がり_01 06_KK05_開き戸の下がり_02 06_KK05_開き戸の下がり_03

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【開き戸が完全に閉まらない】2015年3月18日(水)お家の点検5年目(高岡市A邸)2016.2.18|

Q 開き戸が完全に閉まらない(案内葉書)

[渡り廊下/母屋への入口]

05_RA05_開き戸が完全に閉まらない_01 05_RA05_開き戸が完全に閉まらない_02

 

A 現状を確認。扉が少し下がることでラッチがラッチ受け(ストライクボックス)に入らない状態でした。扉の付け根にある上下・高さを動かせる丁番を回すことで現状を改善。

05_RA05_開き戸が完全に閉まらない_03 05_RA05_開き戸が完全に閉まらない_04 05_RA05_開き戸が完全に閉まらない_05

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【折れ戸収納の開閉時の異音】2015年2月20日(金)お家の点検1年目(魚津市M邸)2016.2.18|

折れ戸収納の扉を開閉する際に異音が発生しているのを発見。

[2階収納庫]

06_TM01_折れ戸の異音_01 06_TM01_折れ戸の異音_02

 

シリコンスプレーを吹き付けして擦れていた金属音?異音を解消しました。

06_TM01_折れ戸の異音_03 06_TM01_折れ戸の異音_04

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【開き戸の下がり】2014年11月11日(火)お家の点検10年目(富山市M邸)2015.7.31|

Q 開き戸が下がっているせいか、扉が開閉しにくいこともある。

Q 現状を確認。ガラスが入ったオシャレな扉仕様です。ガラスの重量によって戸先が下がる傾向もあります。

[LDK]

08_KM10_開き戸の下がり_01 08_KM10_開き戸の下がり_02

丁番近くから戸先に行くにしたがって底部の隙間(扉と床の間隔)が狭くなっている状態。

扉の下がりもありますが、床が少し盛り上がっているとも考えられます。

08_KM10_開き戸の下がり_03 08_KM10_開き戸の下がり_04

まずは下の丁番のカバーを外して上下に扉の高さを調整できるネジ回し。次に扉の奥行き(前後・左右)を変更できる上の丁番にある固定ビスを補正。

08_KM10_開き戸の下がり_05 08_KM10_開き戸の下がり_06

扉の傾きを補正する時、扉の水平さを保つ為に片手で扉を持ち上げながら、もう一方でドライバーを回す必要があります。今回の扉はガラスが入って重いので、中谷が戸先を持ち上げてフォローしています。

08_KM10_開き戸の下がり_07 08_KM10_開き戸の下がり_08

上の丁番の位置を少し奥(ドア枠側)に移動すると、戸先を少しでも上げられるようになると判断。そこで、丁番自身の位置を移動させる為に重い扉をいったん取り外しました。

08_KM10_開き戸の下がり_09 08_KM10_開き戸の下がり_10

ノミとカナヅチで丁番をはめ込んでいる型を少し深く削ることになりました。

08_KM10_開き戸の下がり_11 08_KM10_開き戸の下がり_12

少し深く掘って、改めて丁番を型に取りつけ。

08_KM10_開き戸の下がり_13 08_KM10_開き戸の下がり_14 08_KM10_開き戸の下がり_15

試行錯誤したのですが、劇的な改善にはならなかったのが残念です。将来的に同様の現象(床との引っ掛かり)が発生した場合は「扉の底部を切る・削る」方法になると思われます。

08_KM10_開き戸の下がり_16 08_KM10_開き戸の下がり_17

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【開き戸の調整方法】2014年11月8日(土)お家の点検2年目(高岡市O邸)2015.6.3|

Q 開き戸を自分なりに調整してみた。

A 現状を確認。扉の傾きや奥行き等を補正する場合、丁番の固定ビスをいったん緩めてから扉を動かせる可動ビスを回すことになります。

[LDKと洗面脱衣室の間]

04_RO02_開き戸の丁番_01 04_RO02_開き戸の丁番_02

このように真ん中の固定ビスを緩めた後、左右のビスを回して扉を前後、左右に動かします。

04_RO02_開き戸の丁番_03 04_RO02_開き戸の丁番_04

開き戸を閉めた時にガタツキ(前後に少し動く)がある場合、ラッチ受け金具を補正する箇所「どの部分を触るのか」を見て頂き、今後のお客様DIYに備えています。

04_RO02_開き戸の丁番_05 04_RO02_開き戸の丁番_06

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【折れ戸の開閉時の引っ掛かり】2014年8月11日(月)お家の点検10年目(富山市Y邸)2015.3.7|

折れ戸の開閉検査。横に移動する時にレール部分に引っ掛かりを発見。
[2階居室]
10_KY10_折れ戸引っ掛かり_01 10_KY10_折れ戸引っ掛かり_02

扉の上部にあるビスを左右からドライバーで補正。左右の動きは改善されましたが、扉を折り曲げた時に底部が床を擦っている状態でした。
[左側]          [右側]
10_KY10_折れ戸引っ掛かり_03 10_KY10_折れ戸引っ掛かり_04

改めて検査すると、レールが扉の開閉の際に削れている状態だったので、再度上部のビスを調整。
10_KY10_折れ戸引っ掛かり_05 10_KY10_折れ戸引っ掛かり_06

最後に潤滑油(CRC)をレールとピボットの間(摩擦のある部分)に吹きつけ、レール内のビスも増し締めして現状を改善。
10_KY10_折れ戸引っ掛かり_07 10_KY10_折れ戸引っ掛かり_08

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【開き戸が閉まらない】2014年7月1日(火)お家の点検1年目(富山市I邸)2015.3.6|

Q トイレの開き戸が完全に閉まらない。
[1階トイレ]
06_MI01_開き戸_01 06_MI01_開き戸_02

現状を確認。ドライバーで丁番の奥行き等を補正してみましたが、改善できませんでした。
06_MI01_開き戸_03 06_MI01_開き戸_04

施工済みの扉の丁番を少し移動させて閉まるように補正することが必要と判明。後日、対処することをお約束。
[下/丁番と扉の結合位置が凸] [上/丁番と扉の結合位置が水平]
06_MI01_開き戸_05 06_MI01_開き戸_06

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【玄関ドアが最後まで閉まらない】2014年6月21日(土)お家の点検10年目(砺波市M邸)2015.3.6|

玄関ドアの開閉テストを実施。閉まる勢いが弱くラッチが少し飛び出て完全に閉まらない状態。そこで、潤滑油(CRC)をラッチに吹き付けして摩擦を抑えてみましたが、あまり改善できませんでした。
08_TM10_木製玄関ドア_01 08_TM10_木製玄関ドア_02

次にドアクローザーを調整。数ミリ単位で何度か開閉テストをしてちょうど良い感じにしまるようになりました。お客様にも確認して頂き、お客様ご自身でも調整されておられるご様子でした。
08_TM10_木製玄関ドア_03 08_TM10_木製玄関ドア_04

Q 以前にドアの表面の基材が剥がれて鉄板が見えてきた。木工用ボンドで接着したが・・・。
A 現状を確認。経年変化等で発生し得る現象であることを説明し、今後ともDIYで対処して頂くようお願いしました。ドアの塗装には「レクサンドール・チークオイル」を使っておられるご様子。
08_TM10_木製玄関ドア_05 08_TM10_木製玄関ドア_06

玄関ドアの耐候性。玄関は陽射しの強い南側ですが、玄関上の軒の出が長いことで雨が当たりにくく、紫外線等の影響も少なく、そして何よりも塗装を継続して実施されていることが「木」独特の風合いを保持できているものと思われます。
08_TM10_木製玄関ドア_07 08_TM10_木製玄関ドア_08

デリケートな鍵穴のお手入れについて。潤滑剤(粉末タイプの鍵穴スプレー)の使用をお勧め。5年目点検の頃は身近にある鉛筆の芯(黒鉛)を利用していましたが、効率がかなり悪かったのを覚えています。鍵穴の錆防止の為、濡れた状態での鍵の使用はできるだけ避けて、必ずタオル等で拭いてから鍵を使って頂くようお願いしました。
08_TM10_木製玄関ドア_09

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【開き戸の引っ掛かり】2014年6月20日(金)お家の点検1年目(富山市N邸)2015.3.6|

開き戸の開閉の際に扉の端っこ(先端)が少し引っ掛かる状態でした。そこで、丁番を調整して傾きを補正することになりました。
[洗面脱衣室]
08_AN01_開き戸引っ掛かり_01 08_AN01_開き戸引っ掛かり_02

上下にある丁番を調整することで扉の傾きや奥行き等を補正して現状を改善。
08_AN01_開き戸引っ掛かり_03 08_AN01_開き戸引っ掛かり_04

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
1 / 1112345...10...最後 »
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!