【開き戸が閉まらなくなることもある】2017年1月14日(土)お家の点検2年目(富山市婦中町K邸)2017.3.4|

Q 扉を開ける時、床にあるマグネット式のストッパーを通り越して閉まらなくなることもある。

A 現状を確認。再発防止のためにマグネット式ストッパー部品を取り替えて対処する予定ですが、扉を上に上げる(丁番の調整)ことで改善できるのか?も試してみることになりました。

[2階居室]

07_RK02_扉が閉まらない_01 07_RK02_扉が閉まらない_02

【サッシのゴムパッキンの剥がれ】2016年11月22日(火)お家の点検10年目(富山市K邸)2017.3.4|

サッシの角の部分のゴムパッキンが浮いているのを発見。太陽の紫外線等による劣化と思われます。後日、対処することになりました。

[LDK/東側]

04_YK10_サッシのゴムパッキン_01 04_YK10_サッシのゴムパッキン_02 04_YK10_サッシのゴムパッキン_03

 

[勝手口/東側]

04_YK10_サッシのゴムパッキン_04 04_YK10_サッシのゴムパッキン_05 04_YK10_サッシのゴムパッキン_06

【ドアストッパーのゴムのはずれ】2016年11月22日(火)お家の点検10年目(富山市K邸)2017.3.4|

ドアストッパーのゴムが外れているのを発見。横に置いてあったので「何とかして欲しい」という

お客様からの合図にも受け取れました。ゴムを定位置にはめ込んで現状を改善。

[2階居室/南側]

07_YK10_ドアストッパー_01 07_YK10_ドアストッパー_02

【棚板の色落ち】2016年11月22日(火)お家の点検10年目(富山市K邸)2017.3.4|

Q 棚板の色が落ちてきた。

A 現状を確認。窓際の棚板の色が太陽の紫外線等の影響で薄くなっていました。

[LDK/東側]

08_YK10_棚板の色落ち_01 08_YK10_棚板の色落ち_02

 

玄関框の色も薄くなっていました。玄関は出入が多いので、色が落ちやすいのかもしれません。

08_YK10_棚板の色落ち_03 08_YK10_棚板の色落ち_04

 

サッシ手前の棚板の塗装がリビング同様に太陽の紫外線等によって表面塗装が剥がれていました。日当たりの強い東側だけで西側は特に変化はありませんでした。全ての箇所の塗装の剥がれについて塗り替えの提案をすることになりました。

[2階居室/東側]                     [2階居室/西側]

08_YK10_棚板の色落ち_05 08_YK10_棚板の色落ち_06 08_YK10_棚板の色落ち_07

【引き戸の開閉時の異音】2016年11月11日(金)お家の点検2年目(富山市K邸)2017.3.4|

Q 引き戸の開閉時に小さな音が聞こえる。

A 開閉テストを実施。まずは、髪の毛がレールに台車に絡まりやすい事例を紹介。

[2階居室]

04_KK02_引き戸の開閉の異音_01 04_KK02_引き戸の開閉の異音_02

 

開閉時の小さな音はソフトクローズに引き戸の上部が擦れる音であると判明。特に異常は無いことを説明し、引き戸の仕組みを理解して頂きました。

04_KK02_引き戸の開閉の異音_03 04_KK02_引き戸の開閉の異音_04

【ドアストッパーの破損】2016年9月7日(水)お家の点検10年目(富山市K邸)2017.3.3|

Q ドアストッパーが壊れた。

A マグネットタイプの部材があるので、代替できるかどうか試すことになりました。

[2階サンルーム]      [正常な部材]

04_MK10_ドアストッパーの破損_01 04_MK10_ドアストッパーの破損_02

【風の強い日に物音がする】2016年7月2日(土)お家の点検5年目(富山市水橋O邸)2017.3.3|

Q 風の強い日、寝ている時にカタカタと音がしていた。

A 現状を確認。サッシ周りを探してみると、サッシのレールではなく外壁側にある部位がカタカタ鳴ることが分かりました。この部材はサッシ内に雨水が入り込んだ際の排水口の役割があります。お客様と協議の結果、音が鳴らないように対処することになりました。

[2階居室/西側]

06_JO05_強風時ら物音_01 06_JO05_強風時ら物音_02

【クロスの変化】2016年7月2日(土)お家の点検2年目(黒部市Y邸)2017.3.3|

天候等による湿度変化等によって木部が伸縮、下地ボードが動くことでクロスの追随等でクロスに影響が出てくると思われます。点検後のフォローで目立たないように対処することになりました。

[LDK/隙間・開き]    [2階居室/膨らみ]

03_TY02_クロスの変化_01 03_TY02_クロスの変化_02

【クロスの変化等】2016年2月19日(金)お家の点検1年目(射水市H邸)2016.3.15|

クロスの膨らみを発見。湿度変化等によって木部の伸縮、下地ボードの動き、クロスの追随等で起こり得る現象です。お客様も理解されていました。

[クロスの膨らみ/2階廊下]

07_NH01_クロスの変化_01 07_NH01_クロスの変化_02

 

クロス保証は2年目点検までの期間になっているので、今回の1年目点検では今後の変化も考えて様子見となりました。

[クロスの隙間/2階居室]  [階段踊り場]

07_NH01_クロスの変化_03 07_NH01_クロスの変化_04

【クロスの変化】2016年2月25日(木)お家の点検1年目(高岡市S邸)2016.3.15|

クロスのよじれを発見。よじれの場合、そのままに放置しておくと元に戻らなくなる(クロスの伸縮・追随による)事例もあるので、早めに対処することをお約束。

[クロスのよじれ/玄関]

07_JS01_クロスの変化_01 07_JS01_クロスの変化_02

 

クロスの隙間を発見。下地材の動きに追随することで隙間が発生していますが、想定内のクロスの変化になります。クロス保証がありますので、2年目点検まで様子を見ることになりました。

[クロスの隙間/2階居室]

07_JS01_クロスの変化_03 07_JS01_クロスの変化_04

 

お客様が収納ボックスか何かをぶつけたそうでクロスが破れていました。次回のクロス補修の際に目立たないようにして欲しいとのご要望があったので、出来る範囲で対処することになりました。

[クロスのキズ/2階WIC]

07_JS01_クロスの変化_05 07_JS01_クロスの変化_06

 

天井クロスの下地が浮き上がって見える現象です。天井下地でパテ処理した部分が膨れて見えるのですが、クロスの厚さや模様等で目立たない事例もあります。構造上、特に異常がある訳ではありません。

[LDK]

07_JS01_クロスの変化_07 07_JS01_クロスの変化_08

 

間接照明を点けて比較してみると、天井クロスの浮きが目立ってしまう現象が分かります。

07_JS01_クロスの変化_09 07_JS01_クロスの変化_10

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!