page top

点検ブログ

  • 【折れ戸収納の開閉/簡単に開けるコツ】2014年8月6日(水)お家の点検10年目(富山市S邸)

    Q 折れ戸の開閉がしにくくなってきた。
    A 現状を確認。この扉は上側にはレールがありますが、下側にはレールが無い仕様となっています。
    [1階ホール]
    06_TS10_折れ戸収納_01 06_TS10_折れ戸収納_02

    取っ手だけを(片手で)引っ張って開けようとすると開けにくいのですが、扉の端っこに(右手で)指を当てながら(左手で)取っ手を引くと開けやすくなります。「簡単に開けられる」と、再発見です。
    06_TS10_折れ戸収納_03 06_TS10_折れ戸収納_04

    別の扉では片手で引っ張って無理やり力強く開けるのを繰り返しているせいか、上の枠部分が少し剥がれていました。
    06_TS10_折れ戸収納_05 06_TS10_折れ戸収納_06

    開閉時のピボットの状態を確認する為に扉を取り外すことになりました。
    [上の金物]         [下の金物]
    06_TS10_折れ戸収納_07 06_TS10_折れ戸収納_08

    この収納場所の折れ戸のピボットが破損していたせいか、他の扉のピボットを取り外して「使い回し」されていたようです。
    [扉の上の部分]      [扉の下の部分]
    06_TS10_折れ戸収納_09 06_TS10_折れ戸収納_10

    ピボットを取り外して部品形状を確認。2階にも同様の折れ戸収納があり、今回の10年目点検をキッカケに「ピボットの予備を注文したい」というお客様。今回は3セットをご注文されました。
    06_TS10_折れ戸収納_11 06_TS10_折れ戸収納_12 06_TS10_折れ戸収納_13

  • 【折れ戸の開閉】2014年7月31日(木)お家の点検10年目(高岡市福岡町I邸)

    Q 収納庫の開閉時に扉(折れ戸)の動きが固くなってきた。
    [階段下収納庫]
    05_AI10_折れ戸_01 05_AI10_折れ戸_02

    A キッチン横にある階段下収納は日常生活の中で保管庫としてよく開閉する箇所のひとつ。折れ戸の金物(ピボット)とレールとの摩擦が大きくなるとスムーズに開けにくくなることがあります。今回は潤滑油(CRC)を持参していなかったので、ホームセンター等での購入と吹き付けを紹介しました。
    05_AI10_折れ戸_03 05_AI10_折れ戸_04

    レールやピボットにはホコリ等のゴミの詰まりは特にありませんでした。
    05_AI10_折れ戸_05 05_AI10_折れ戸_06