【小口がベタベタしてホコリがくっ付く】2017年1月14日(土)お家の点検2年目(富山市婦中町K邸)2017.3.4|

Q 小口がベタベタしているせいか、ホコリがくっ付く。

[階段の上り口]

06_RK02_小口がベタベタ_01 06_RK02_小口がベタベタ_02

 

[階段の下り口]

06_RK02_小口がベタベタ_03 06_RK02_小口がベタベタ_04

 

ホコリが付着しないように小口を塗装することになりました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【壁クロスの保護】2017年1月28日(土)お家の点検1年目(富山市婦中町K邸)2017.3.4|

階段の上り口(2階への)と下り口(1階への)に危険防止ゲージが取り付けてあります。突っ張り棒だと取り付けが簡単ですが、壁クロスへ力が長期間にわたって加わっていると跡が残ることもあります。お客様宅では突っ張り先端と壁クロスの間に布を挟んで「跡防止」の工夫がありました。

[階段/1階]

05_SK01_壁クロスの保護_01 05_SK01_壁クロスの保護_02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【階段手摺りが少し揺れていた】2016年11月1日(火)お家の点検5年目(富山市婦中町N邸)2017.3.4|

階段手摺りの固定具合を検査すると、少し支柱が緩んでいる状態でした。

05_HN05_階段手摺りの揺れ_01 05_HN05_階段手摺りの揺れ_02

手摺りの支柱カバーを取り外して確認。ビスが少し緩んでいたので増し締めして現状を改善。

05_HN05_階段手摺りの揺れ_03 05_HN05_階段手摺りの揺れ_04 05_HN05_階段手摺りの揺れ_05

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【暖房効率】2016年7月8日(金)お家の点検5年目(富山市婦中町I邸)2017.3.3|

階段口には突っ張り棒をカーテンレール代わりにされていました。冬の間、2階からの寒気の流入を防ぐこと、玄関から内側が見えないようにするプライバシーの保護の役割があります。

[1階ホール]

09_SI05_暖房効率_01 09_SI05_暖房効率_02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【階段手摺りの動き】2016年5月13日(金)お家の点検5年目(富山市I邸)2016.12.27|

階段手摺りが少し動いているのを発見。

[階段踊り場]

07_ki05_%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e6%89%8b%e6%91%ba%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d_01  07_ki05_%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e6%89%8b%e6%91%ba%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d_02

 

支柱のカバーを取り外して内部を確認すると、何が原因か分からないのですが、ビスが1本抜けている状態でした。ビスを改めて入れて締め直して現状を改善。

07_ki05_%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e6%89%8b%e6%91%ba%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d_03  07_ki05_%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e6%89%8b%e6%91%ba%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d_04

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【暖房効率のアップ】2016年5月13日(金)お家の点検5年目(富山市I邸)2016.12.27|

お客様宅の暖房器具は蓄暖。階段口には2階からの冷気が下りる(1階の暖気が逃げる)のを防ぐロールカーテン、暖房効率を上げるスクリーン・パーテーション(リビングとDKを仕切る)があります。

[LDK]

09_ki05_%e6%9a%96%e6%88%bf%e5%8a%b9%e7%8e%87%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97_01  09_ki05_%e6%9a%96%e6%88%bf%e5%8a%b9%e7%8e%87%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97_02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【結露がひどい】2015年5月30日(土)お家の点検10年目(富山市M邸)2016.3.15|

Q 結露がひどい。友人・知人の家と比べているが、やっぱり結露が非常に多い。

現状を確認。今回の訪問検査の前にお客様がお掃除されていたようですが、結露跡は見受けられました。

前回の5年目点検ではリビングが北向きでサッシ仕様、石油ファンヒーターの使用頻度や室内干しの量、室温の変化等による結露化と説明していたのですが、今回はもう少し聞き込みしました。

[LDK/北側]

11_KM10_結露_01 11_KM10_結露_02

 

暖房器具は主に蓄暖。室内は高温で過乾燥になる傾向があります。洗濯物が乾きにくい冬場は鴨居等にハンガーを並べてリビングと和室の間などで大量に干しておられるご様子。除湿機もあるのですが、衣類からの水蒸気放出量のほうが多くて除湿機の機能が追いつかないとも考えられます。

11_KM10_結露_03 11_KM10_結露_04

 

結露の原因についてはお家の周辺環境や間取り、サッシ仕様、暖房設備、生活スタイル等によって同じお家でも大きく違うこともあって単純に比較できないのが現実です。この地域は風が強く、北風が直接当たる環境によって冷やされやすいこともあります。

11_KM10_結露_05

 

蓄暖の出力や運転時間等で2階の暖房をまかなう(家中が暖かい)こともできるのですが、暖かい部屋で室内干しをして洗濯物から空気中に放出された水分(暖かく湿った空気)がLDKから2階に移動すると急激に冷やされて窓ガラスが結露化してしまうこともあります。ガラス面には結露吸収シートが貼られていましたが、湿った暖気と寒気が対流する・ぶつかると結露化する仕組みを考えると仕方のない現象かもしれません。

[2階居室]

11_KM10_結露_06 11_KM10_結露_07

 

階段の入口にロールカーテン等を取り付けて、暖かく湿った空気と2階の冷やされた空気がぶつかる・対流を遮断することが結露を軽減させるひとつの方法になると思われます。

[階段口]          [2階ホール]

11_KM10_結露_08 11_KM10_結露_09

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【クロスの膨らみ】2015年11月21日(土)お家の点検1年目(富山市N邸)2016.2.20|

Q クロスに膨らみがある。照明を点けると分かりやすい。

A 現状を確認。季節や天候等による湿度変化等によって木部が伸縮(調湿機能)することで下地にある石膏ボードが動いてクロスが追随することで膨らみが発生することもあります。

[階段口]

05_KN01_クロスの膨らみ_01 05_KN01_クロスの膨らみ_02

 

また、以前は2階居室の壁にも膨らみがあったようですが、今は見受けなくなったとのことです。今回は2年目点検(クロス保証は2年)まで様子見となりました。

[2階居室]

05_KN01_クロスの膨らみ_03 05_KN01_クロスの膨らみ_04

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【お客様アンケートでお客様にお聞きします】2015年11月21日(土)お家の点検1年目(富山市N邸)2016.2.20|

お客様にアンケートをお願いしました。

07_KN01_お客様アンケート_01 07_KN01_お客様アンケート_02

 

[友人・知人に驚かれるところ等]

天井のパイン材。一般的なクロス貼りではないところが良いと言われた。

[LDK]

07_KN01_お客様アンケート_03 07_KN01_お客様アンケート_04

 

お客様に「冬は寒くないですか?」と質問したところ、階段口が開いているので2階から寒気・冷気が降りてくるそうです。2階への暖気の流出・1階への寒気の流入を少しでも軽減する為に、何かで仕切ることをお勧めしました。突っ張り棒だと厚手のカーテン等の重量に耐えられなくなることもあるので、カーテンレールを取り付けることが妥当と思われます。

[LDK]

07_KN01_お客様アンケート_05 07_KN01_お客様アンケート_06

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【お客様アンケート・聞き込み/お家の訪問検査についてどう思いますか?】2015年11月14日(土)お家の点検2年目(富山市M邸)2016.2.20|

訪問検査が有料になった場合は?・・有料であっても受けたい(3000円なら妥当)

07_HM02_お客様アンケート_01 07_HM02_お客様アンケート_02

 

お客様宅の洗濯物は晴れた日であっても外では干さず、洗面脱衣室だけで干しておられます。最近はなかなか乾かないのでお困りのご様子。「洗濯物が乾く→衣類に含まれる水分が室内に移動・放出」という仕組みを説明して、乾燥を促進するには放出された水分を除湿・換気して頂くよう、換気扇や除湿機の使用をお勧めしました。

[洗面脱衣室]

07_HM02_お客様アンケート_03 07_HM02_お客様アンケート_04

 

Q 冬になると、吹き抜け階段から冷気・寒気が降りてくるが・・。

A 1年前の2年目点検での質疑応答でした。寒い冬は特にお家の1階と2階で暖気と寒気・冷気の対流現象が発生するのですが、室内景観をあまり変えずに「どうやって防ぐのか?」と考えさせられます。

[LDK]

07_HM02_お客様アンケート_05 07_HM02_お客様アンケート_06

 

2階からの冷気・寒気の流入、2階への暖気の流出を少しでも防げるよう暖房効率がアップするような工夫を1年目点検でも提案していたのですが、その後お客様DIYでフックを取り付けておられました。冬には厚手のカーテンを取り付けておられるご様子。これで寒さが軽減されると思います。

07_HM02_お客様アンケート_07 07_HM02_お客様アンケート_08

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
1 / 1512345...10...最後 »
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!