【工法とクロスの変化】2013年3月2日(土)お家の点検5年目(富山市婦中町I邸)2013.4.12|

5年目点検の案内の往復葉書に「クロスの隙間」についてコメントがありました。そこで現状を確認。
お客様宅の構造は気密性や耐震性等に優れた2×4工法で暖房機器は蓄暖仕様となっています。外周部以外の壁は下地に石膏ボード(耐力壁)が貼られているので、木部の湿度による伸縮(蓄暖の場合は過乾燥による縮み)が伝わりやすく、クロスに変化が多く発生する傾向があると思われます。
[2階ホールの天井/浮き]  [2階洋室のコーナー/隙間]
12_KI05_工法とクロス_01.jpg12_KI05_工法とクロス_02.jpg

[2階洋室/亀裂]
12_KI05_工法とクロス_03.jpg12_KI05_工法とクロス_04.jpg

クロスの隙間等を目立たないようにするコークボンド補修は2年保証。2年目点検以降のクロスの変化についてはお客様にDIYをお願いしています。
12_KI05_工法とクロス_05.jpg12_KI05_工法とクロス_06.jpg

新築時から年月が経過すると同時に経年変化という現象が所々に出てきます。機能的な消耗、部材の耐用年数等、構造的には影響は無いのですが、景観上で気になる部分。いざDIYとなると「うっ・・・」と最初のうちは感じますが、実際にやってみると「食べず嫌い」の感覚で何ともないようです。
12_KI05_工法とクロス_07.jpg12_KI05_工法とクロス_08.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!