【感覚の違いによる点検の違い?】2012年11月17日(土)お家の点検2年目(富山市K邸)2013.2.13|

お家の定期点検と日常生活とは、日常的にお客様ご家族が住まわれているので、密接な関係にあります。
弊社発行の保証書と連動している点検表と工事監督の経験的知識等が定期点検の基準となっているのですが、特に生活に支障が無くて、ちょっとした不具合だとお客様によっては気にされないことも。
10_YK02_点検の違い_01.jpg10_YK02_点検の違い_02.jpg10_YK02_点検の違い_03.jpg

例えば・・・玄関ドアの開閉の場合、油圧式のドアクローザーが上部に取り付けられています。自動的にドアを閉めてくれる機能がありますが、閉まる速さを「第1軌道と第2軌道」に調整することが可能です。第1軌道は比較的速く閉まるのですが、第2軌道は完全に閉まる手前の扉が約30度の時点でゆっくりとパッタンと閉まるように設定できます。ゆっくり閉まることで「誤って指を挟めないように、仮に挟んだとしてもゆっくり閉まるので被害も最小限に抑えられます。
10_YK02_点検の違い_04.jpg10_YK02_点検の違い_05.jpg

お子様が小さいとケガの心配はありますが、そうでない場合は特に扉の速さを気にかけることもないのが一般的だと思われます。お客様宅の事例で考えるとお孫さんが大きくなって保育所や幼稚園、小学校に通うようになってきた頃に改めて気になられることと感じています。
10_YK02_点検の違い_06.jpg10_YK02_点検の違い_07.jpg

ちっちゃな布団で眠っているお孫さん。カワイイですよねー♪最後はお見送りして頂きました。
10_YK02_点検の違い_08.jpg10_YK02_点検の違い_09.jpg

帰りに食べていってくださいね♪
お客様から手作りのおやつをおすそ分けして頂きました。砂田曰く「アフターで訪問すると必ずっていうくらいに頂いている♪」とのお話。お客様の優しさに触れた点検です。
10_YK02_点検の違い_10.jpg

いつもいつものお心配り、ありがとうございます!

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!