【お家のメンテナンス/定期点検の実績と保証書】2013年3月7日(木)お家の点検5年目(富山市婦中町S邸)2013.4.15|

2013年の3月から本年度の定期点検がスタートしました。10月からは10年目点検がスタートすることもあって、少しずつ社内の体制を整えてきています。
14_TS05_家のメンテナンス_01.jpg14_TS05_家のメンテナンス_02.jpg

この10年の流れの中で1年目・2年目・5年目点検の実施数を合計すると約555件となりました。実施数は大手住宅メーカーと比べると少ないのですが、少数精鋭による「点検の確実性」を考えるとこの数がベターとも思っています。
14_TS05_家のメンテナンス_03.jpg14_TS05_家のメンテナンス_04.jpg

定期点検では「有償・無償」の区分があります。住宅メーカーによっては「全てが有償」というところもあると思いますが、弊社の場合は経年変化や使い勝手・使用頻度等を確認しながらなるべくお客様の負担にならないように努めています。一番効果的なのは今も昔も「悪くなる前にメンテナンス」です。
14_TS05_家のメンテナンス_05.jpg14_TS05_家のメンテナンス_06.jpg14_TS05_家のメンテナンス_07.jpg

【アンチエイジング?お家の定期点検。改めてお家を取り巻く環境を考える】2012年12月8日(土)お家の点検1年目(立山町S邸)2013.2.6|

お客様宅の1年目点検。これまでの1年目点検の平均時間が約40分だったのに対し、今回の所要時間はいつもの約3倍で140分となりました。丁寧な対応が所要時間にも反映されていると思われます。
16_MS01_アンチエイジングお家の定期点検_01.jpg16_MS01_アンチエイジングお家の定期点検_02.jpg

現地の気候(日当たりや風向き・強さ等)や立地条件(お家の周囲の建造物等)、生活スタイル(家族構成やライフサイクル、暖房設備等々の水蒸気の発生)等によっては同じ富山県であっても起こり得る現象が違ってきます。
また、外の風向きや間取り、部屋を仕切る扉(開き戸や引き戸、吊り戸)、換気計画等によってもお家内の空気の循環(対流)は変化することもあります。
16_MS01_アンチエイジングお家の定期点検_03.jpg16_MS01_アンチエイジングお家の定期点検_04.jpg

一般的な住宅建材等は工場で生産されており、様々な気候に対応(耐候性)できるように製品化されています。同じ日本列島であっても地形では海岸沿い、平野、扇状地、山の近く等々、気象条件では日本列島を縦横に走る山脈によって日本海側と太平洋側では全く違うこともありますし、同じ県であっても地域によっては天気が違っています。

さて、新築にお引越しされて約1年が経過しました。
様々な環境下で経年変化するお家の部材等々。これらの現象に対して工具等を使って補正しながら快適な住まいに近づけていく点検スタッフたち。
16_MS01_アンチエイジングお家の定期点検_05.jpg16_MS01_アンチエイジングお家の定期点検_06.jpg

お家は「ご家族が生活を営む大切な場所」です。気象条件、気候・天候の変化に伴う湿度変化、太陽の紫外線等による部材の劣化、住まうことで起こる室内部材の消耗等、様々な経年変化がお家の内外で起こってきます。これらの経年変化を少しでも和らげるよう、アンチエイジング的な発想で点検スタッフたちはお客様宅の「永く快適な住まい」を実現すべく毎年毎月毎日活動しています。

【お家の定期点検で経年変化の節目】2012年11月17日(土)お家の点検1年目(高岡市O邸)2013.1.9|

お家の定期点検。1年、2年、5年、そして10年という経年変化の節目があります。
これは住宅メーカーが発行する保証書に記載されている各々の部材等の期限に言い換えられます。
定期点検が始まった約9年前。その当時は・・・
何をどのように点検?どんな感じで説明?現象の原因は?等々、点検スタッフの説明の仕方にも各々の経験が違うせいかバラツキが多く、まとめあげるのに苦労した思い出がありました。
10_TO01_お家の定期点検で経年変化の節目_01.jpg10_TO01_お家の定期点検で経年変化の節目_02.jpg10_TO01_お家の定期点検で経年変化の節目_03.jpg

今では点検ブログでオリジナルの実例に沿った唯一無二の事例集がネット上に完成しつつあります。
このノウハウが確立する前(点検開始当時)は片手にテキスト「住まいの管理手帳」というメンテナンス事例集を持ち歩き、点検スタッフの説明を補完していた頃がありました。
10_TO01_お家の定期点検で経年変化の節目_04.jpg

お家の点検現場。①部材・装備等の経年変化(劣化・消耗等)→立地条件(周辺環境)、生活スタイル・家族構成等。②検査(診断)の仕方の違い→点検基準は各スタッフの経験等や点検報告書。③お客様の住まい方の違い→弊社提案(仮想)とお客様使用(現実)。いろんな項目が複合的に絡まっています。

【定期点検の現場で再発見。設計者(プランナー)とお客様とのマッチング】2012年11月15日(木)お家の点検1年目(富山市Y邸)2013.1.8|

中2階とリビング、リビングとキッチン、キッチンと中2階という3箇所の「つながり」をテーマにしたお家仕様。ご家族がどの場所に居ても気配を感じ取れるという安心感があります。
13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_01.jpg13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_02.jpg13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_03.jpg

当時のプランナーは暗に強調していましたが、実際に住まわれて1年が経った今、お客様にとってどうなのでしょうか?
また、当時のモデルハウスとしてのチラシ等には多くのオススメポイントで満たされていましたが、現在は住まわれるお客様ご家族の感想・思い出でいっぱいになっています。
13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_04.jpg13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_05.jpg13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_06.jpg

お客様アンケートによると、デザイン(唯一無二)はもちろん大事ですが、便利だと感じる機能も大事な選択肢のひとつとなっています。今回の事例では階段(中2階)下を収納スペースとして大きく取っているので、かなり広いと思われます。また、入口が一方ではなく、リビングやダイニングのほうからも出入りできる優れものです。

お客様とのマッチング。
「設計のポイントやお買い得感」等々が満載になっていますが、購入当時の「良い」と住まわれて1年経過した「良い」とは違っていることもあります。
それはいったい何なのか?
机上でのプラン・製図以外の数多くの点検現場で発見されることが多いかもしれませんね。
13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_07.jpg13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_08.jpg

同じことがこの点検ブログでも言えると思います。
1年前と比較すると(単純計算ですが)おかげさまで約1.5倍の閲覧者、約2倍のページ閲覧となりました。ご参考にして頂き、ありがとうございます。
ブログ記事の数や内容(質)が閲覧されるリピーターの判断基準ですが、目に見えない検索エンジンの機能的なアップデート等の影響もあるかもしれません。
13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_09.jpg13_NY01_定期点検の現場で発見_設計者とのマッチング_10.jpg

これからの定期点検。今後1年以内には10年目点検もスタートします。ブログ掲載が遅れてはおりますが、これからもご愛読よろしくお願い致します。

【10年目点検への道のり】2012年11月10日(土)お家の点検1年目(富山市H邸)2013.1.8|

現在の定期点検の現場数を振り返ってみました。
14_MH01_10年目点検への道のり_01.jpg14_MH01_10年目点検への道のり_02.jpg14_MH01_10年目点検への道のり_03.jpg

1年目点検・・・約220現場
2年目点検・・・約210現場
5年目点検・・・約130現場
約9年で累計約560現場となっており、定期点検に関するお客様カルテ(点検当日の点検表や報告書、画像データ等)がだいぶん蓄積されてきました。
点検スタッフもこれだけの点検現場を踏んできたせいか、「5年目点検ってどんな感じなん?」と聞かれても自信を持ってお答えできそうです。
14_MH01_10年目点検への道のり_04.jpg14_MH01_10年目点検への道のり_05.jpg14_MH01_10年目点検への道のり_06.jpg

でも、「10年目点検ってどんな感じなん?」と聞かれると的確にはお答えできないのですが、来年10月以降に弊社オリジナルの10年目点検がスタートするので、少しずつ経験を積みながら形作られていくと思っています。
14_MH01_10年目点検への道のり_07.jpg

基本的には5年目点検の延長ですが、弊社にとってアフターサービスとは「お金では変えないプライスレスな信用」を売っていると考えています。新築の契約という華やかさは無いのですが、お家の定期点検という地道な継続した取り組みが弊社の財産になってくるものと信じています。

【定期点検の現場で発見。こんな方法があったんだ!!】2012年11月10日(土)お家の点検1年目(富山市婦中町N邸)2013.1.7|

定期点検の現場では様々な発見があります。
引渡し(新居に引越し)当時は家具も少なく、プランナーからの提案である「住まい方の予想」というスタート地点です。月日が経過し1年目点検の頃にはおおよその家具等の配置が決まってきます。
(お子様の成長・家族構成の変化等で随時更新されますが・・・)
15_HN01_お家の定期点検で発見_01.jpg15_HN01_お家の定期点検で発見_02.jpg15_HN01_お家の定期点検で発見_03.jpg

仮想空間がリア(現実)となって、プランナーの描いたライフスタイルがどう変化・進化したのか?は携わっていたスタッフしか分かりませんが、お家がお客様ご家族色に染まります。

さて、様々なアイデアや発想は個々のスタッフの記憶・経験という引き出しに収納しておくのではなく、何らかの形で共有できれば?と、常日頃考えています。それはこの定期点検ブログを始めたキッカケにもなっています。
15_HN01_お家の定期点検で発見_04.jpg15_HN01_お家の定期点検で発見_05.jpg

中田工務店では「設計・施工・提案・検証等々で実際の履歴・足跡が見られる」ように社内では電子化して社員間で共有しています。
また、点検ブログのようにネット上でもある程度公開しています。こういったお家の点検の様子というのはネットではあまり事例も無く、唯一無二の存在になっていると思っています。
15_HN01_お家の定期点検で発見_06.jpg15_HN01_お家の定期点検で発見_07.jpg

アナログと電子化の違いって何?と考えることがあります。
点検ブログのページを見れば一目瞭然ですが、やっぱり「検索性」だと思います。何気なく使っているサイト内外の検索エンジンやカテゴリ区分。冊子の辞書と電子辞書の違い。何となく違いが分かるような気がします。

【現場監督冥利に尽きる、お客様の感想】2012年10月20日(土)お家の点検2年目(高岡市M邸)2013.1.7|

「やっぱり建築に携わった方に検査してもらったほうが安心するし、何でも言える。大矢さん、これからもずっとお願いします」・・・と奥様。
15_TM02_現場監督冥利に尽きる_01.jpg15_TM02_現場監督冥利に尽きる_02.jpg

大矢は照れながら「自分が担当した物件は隅から隅まで全て分かっているつもり」とお答え。ここで、渡辺が大矢にツッコミを入れると奥様は涙ぐんで大笑い♪
15_TM02_現場監督冥利に尽きる_03.jpg15_TM02_現場監督冥利に尽きる_04.jpg

大矢とペアで数多くの点検現場を巡回していますが、このような監督冥利に尽きる「ステキな感想」は今まで聞いたことはありませんでした。「ありがとうございます」は日常的に使われますが・・・。
(現場の雰囲気・シチュエーションも関係してくるのかもしれませんね)
15_TM02_現場監督冥利に尽きる_05.jpg15_TM02_現場監督冥利に尽きる_06.jpg

お客様って点検スタッフの言動をシッカリと見ておられるんだなぁ・・・と改めて実感しました。

【お家の定期点検がもうすぐ10歳になります】2012年10月17日(水)お家の点検2年目(富山市婦中町T邸)2013.1.6|

そういえば・・・?
と、昔を振り返って懐かしむことがしばし・・・。
「どうしてお家の定期点検をしてるんだろう?」と、らしからぬ疑問を抱くこともあります。
これまでの定期点検の現場を見ていると、大きな問題というのは実際のところほとんど無いのが現状。
だったら「点検する意味が無いのでは?」と、単純に考えることもあります。昔のお家だと「定期点検をする」ってことが無かったのが一般的だったと思いますが・・・。
15_KT02_お家の定期点検_01.jpg15_KT02_お家の定期点検_02.jpg

お家って買ったら(建てたら)一生モノですが、定期的なお手入れが必要ですし、ある意味メンテナンス費用が発生するのを忘れ気味かもしれません。
太陽の紫外線や気象条件(雨、雪、風など)、部材の使い勝手等々で少しずつ劣化したり、磨耗・消耗したり、外れたり、壊れたりしていきます。これらの劣化を遅らせたり、状態を改善したり、交換したり等々、お客様と一緒に「お家の快適な住まいが長持ちするように」取り組んでいます。
15_KT02_お家の定期点検_03.jpg15_KT02_お家の定期点検_04.jpg

今回はお子様が私たち点検スタッフに興味津々で、ずっと後ろにくっついてきました。
手にはカメラを真似たオモチャ。(≧∇ノ■ゝハイ♪チーズ☆
15_KT02_お家の定期点検_05.jpg15_KT02_お家の定期点検_06.jpg15_KT02_お家の定期点検_07.jpg

次に訪問するのは3年後の5年目点検。
無邪気なお子様の笑顔・言動を見ていると、不思議と心があったかくなりますね。お子様の成長がとても楽しみです。

【5年目点検ってどんな感じですか?】2012年10月17日(水)お家の点検5年目(射水市M邸)2012.12.29|

お家の5年目点検。5年という歳月が経過すると、お家の様々な場所に変化・劣化等が見受けられますが、お客様自身が気づいていない?特に気にしていない?に分類されます。
これまでの5年目点検でのノウハウや他の点検現場での事例を振り返って、参考にして、経年変化の理由をお客様にキチンとお伝えして、不安感が出ないように心掛けています。
12_KM05_お家の5年目点検_01.jpg12_KM05_お家の5年目点検_02.jpg12_KM05_お家の5年目点検_03.jpg

点検現場では劣化対策・対応というメンテナンス・お手入れについての説明が主となります。
「5年目点検ってどんな感じ?」と聞かれると、特別に変わったことをする意味ではなく、「ひとつの分岐点」という考え方になります。
さて、建築当時は誰しも「こだわりや夢」を持って建てられるお家。今回のお家仕様・装備では無垢のパイン材や珪藻土に囲まれたナチュラルな住まい。今は特に何も感じておらず、ごく普通のようで、「住み慣れる」という意味が強いようです。
12_KM05_お家の5年目点検_04.jpg12_KM05_お家の5年目点検_05.jpg12_KM05_お家の5年目点検_06.jpg

5年目点検。
新築以降、お客様によるDIYなどのお手入れの成果、これからのメンテナンスの必要性が実感されています。ウレタンワックスをかける等の愛着があるお客様。今では新築当時以上に「木の優しい温もり」がさらに強く感じられます。玄関ドアはDIYで防水塗装されているご様子。
一般的に経年変化は「劣化」と言われますが、「味わい」というコトバが相応しいですね。

【リフォームをお願いしたくなる会社って・・・】2012年9月27日(木)お家の点検1年目(富山市八尾町M邸)2012.10.26|

弊社で新築された全てのお客様への定期点検・訪問の実施。
定期点検が軌道に乗って約9年が過ぎました。築10年以内のお家の場合、リフォームという言葉はまだまだ縁遠いと思われます。
技術等の進歩で、経年変化(劣化)が比較的速い外回りの耐用年数も伸びて(性能がアップ)きており、今と10年前のお家を構成する部材・塗料等を比較すると、同じ予算でも今のほうが仕様・装備が充実しています。
14_JM01_住み心地アンケート_05.jpg14_JM01_住み心地アンケート_06.jpg14_JM01_住み心地アンケート_07.jpg

現在のところ、まだ10年目点検が始まっていないので、点検現場の声をお届けできませんが、これまでの弊社スタッフの対応と定期点検を受けられるお客様の反応を見る限りでは、15年目や20年目点検もして欲しいというご要望も出てきそうな感じです。

このブログを読んでおられる方々にとってリフォームをして欲しくなる会社ってどんな感じ?相手がどのくらいの周期での訪問、どの程度の人間関係の深さ、どんな人だったら頼みたくなるんでしょうね。
今回は1年目点検だったのですが、お家の裏庭を本格的な野菜畑にしておられるお客様。話を聞くと、畑で収穫した野菜は友人にあげてばかりだそうで、あまり自分らで消費していないとのこと。
14_JM01_住み心地アンケート_08.jpg14_JM01_住み心地アンケート_09.jpg

こんな会話の楽しめるカンケイがずっと続くと良いですね♪

1 / 41234
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!