2月19日(火) 定期点検1年目(富山市A邸)2008.2.19|

2月19日(火) 定期点検1年目(富山市A邸)
所要時間 16:05~16:45 晴れ
スタッフ 石丸、橋爪、広野、渡辺
協力業者 同行なし

【A邸の特徴】
1階がブリック貼りの「カスタムハウス」。欧風な感じ。外壁の色も濃い山吹色なので南欧の風が吹き抜けてくる気がしました。ポーチの作りもあまり例の無いものです。お客様の好みでカスタムも色んな顔を見せてくれます。

【1年目のお誕生日】
お元気ですか?お客様が新居にお引越しされて、約1年になりました。
01_A_お誕生日

【カウンターのキレ】
蓄熱式電気暖房機の上のカウンターと壁との間に隙間が発生していました。暖房の熱と乾燥で水性のコーキングが切れたものと思われます。お客様も建築の知識を持っておられ、原因には理解を示されました。暖房機を使わなくなる春頃に補修する事をお約束。
02_A_カウンター

【和室の床鳴り】
床鳴りを確認。強く踏み込んだ際の音を聞くと、床下の床を支える鋼製束の緩みであることが判明。
季節(湿度)の変化により、床鳴りが発生したものと思われます。後日、床下から増し締めを実施する事をお約束。
03_A_床鳴り

【引き違い戸】
Q 子供が押したせいか、閉める際にカタンとレールに違和感がある。
A 現状を確認。数回、試したところ、モヘヤ(※1)と戸の表面の飾りとの摩擦が原因である事が判明。閉める時の微妙な力加減が違和感になる事を説明し、お客様もご納得。
04_A_引き違い戸_0104_A_引き違い戸_02

※1 モヘヤ ・・・ 腰の強い繊維。

【玄関ドア】
Q ドアの閉まる速さが一定なので、勢いの無い閉まり方にして欲しい。
A 現状を確認。ドアクローザーの調整ネジをドライバーで調整。数ミリ単位で難しい作業でしたが、お客様が希望される「9割が一定の速さ、閉まる間際の1割でゆっくり」を実現。
05_A_玄関ドア_0105_A_玄関ドア_02

【結露】
結露って一言でいうと難しいですよね。特に冬場に多く見られる現象です。
Q 結露はどうして発生するのですか?
A 複層ガラスの場合、ガラスの間に空気層が設けてある為、断熱効果が高く、ガラスは結露しないと思われます。枠の場合、素材や製品仕様によって異なっており、結露がしにくい状態となります。
  点検現場では「複層ガラス=窓全体が結露しない」が一般的に考えておられるようです。
06_A_結露_01

様々な諸条件が重なって結露が発生しますが、何やら難しい用語で「飽和水蒸気量(※2)」や「露点」(※3)等々、私なりに考えてみました。
寝室の場合、一般的にドアを閉めて室内を暖めていると思います。暖かくなった後、暖房を消して就寝。その後、徐々に室内温度が低下すると露点も下がっていきます。

同時にヒトの水蒸気発散(呼吸)の占める割合が大きくなって、露点に近い状態になり、外気に近い温度(素材の熱伝導率(※5)により異なる)の枠に結露が発生すると思われます。
ドアを開けて空気(暖かい空気)の交換や除湿すれば飽和水蒸気量がもっと減ります。気温と露点の関係ですね。
06_A_結露_02

したがって、室内(部屋毎に違う)温度、暖房機器、調理機器、物干しの場所、住まわれる家族構成、サッシの素材の断熱効果等々と思われます。
※2 飽和水蒸気量 ・・・ 1㎥の空間に存在できる水蒸気の質量をgで表したもの。
※3 露点 ・・・ 水蒸気が飽和(※4)に達して凝結する温度。
※4 飽和 ・・・ 最大限度まで満たされること。
※5 熱伝導率 ・・・ 専門的には気体や液体(例えば対流)、固体や金属等に分類されます。今回の場合は、金属。用語とか難しいのですが、アルミの場合、鉄の約3倍となる「熱しやすく冷めやすい」性質をもっています。アルミ製のヤカンや鍋は直ぐにお湯が沸きますね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2月18日(月) 定期点検1年目(富山市O邸)2008.2.18|

2月18日(月) 定期点検1年目(富山市O邸)
所要時間 9:50~10:55 雪
スタッフ 中田、砂田、坪島、成瀬、渡辺
協力業者 光陽トーヨー住器㈱

【O邸の特徴】
やさしいクリーム色とビタミンカラーのオレンジ色。あまり例が無いのでオリジナリティがあります。
優しさと元気を表現されているように感じられました。優しげなご夫婦と元気なお子さんを象徴しているようです。

【1年目のお誕生日】
お客様が新築にお引越しされて、約1年。今思うと、たくさんの楽しいイベントもありましたね。喜びもひとしおです。
01_O_誕生日

【枯れ草】
外壁内に侵入している枯れ草を発見。これはエノコログサ。植物の隠れたチカラは、コンクリートを突き破る等で有名ですね。今回の事例は深刻なものではありませんが、スタッフの手で引っこ抜きました。
02_O_枯れ草_0102_O_枯れ草_02

子供の頃、エノコログサで友達をくすぐったりしたことがあります。何だか動物(犬?猫?)のシッポに似ていますね(笑)
「犬コロ」がなまって「エノコロ」になったそうです。子犬のシッポ。不思議不思議♪

【基礎の表面】
基礎の表面(厚さ5㎜)の仕上げモルタル部分にクラック(ヒビ割れ)を発見。お客様には基礎本体には影響が無い事を伝え、安心して頂きました。景観上の問題であり、2年目点検の時に補修する事をお約束。
03_O_クラック_0103_O_クラック_02

【積雪】
本日の積雪量?降雪量は約30cm。メーターボックス等が埋もれていた為、今回は点検出来なかったのですが、次回の点検で蓋を開けて検査する事になりました。
04_O_積雪_0104_O_積雪_02

【ユニットバス】
廻り縁が外れていたのを発見。他のコーナーと比べると明らかに変な状態でした。お客様へ謝罪し、直ぐに処置する事をお約束。
05_O_UB_0105_O_UB_02

【和室の床鳴り】
床鳴りを発見。強く踏み込むと、床下の床を支える鋼製束の音であることが判明。季節(湿度)の変化により、床鳴りが発生したものと思われます。お客様宅での事例は初めてなので、一通りの増し締めを実施する事をお約束。
06_O_床鳴り_01

【クロスのキレ等】
階段口や2階居室で壁クロスのキレ等を発見。下地材が季節の湿度と室内湿度(ライフスタイル)によるものと思われます。室内湿度の変化には様々な要因があります。暖房機器、調理器具、家族構成等々。後日、目立たないように補修する事をお約束。
07_O_クロス_0107_O_クロス_02

【床のキズ】
玄関口の床にキズがついていました。
Q このキズはどうされたのですか?
A 灯油のタンクを引っ掛けてしまいました(笑)
ホームセンターで販売されている「クレヨン」等で、試してみる事をお勧めしました。やっぱり、どのご家庭でも家族構成によって様々なキズがあります。低予算でお考えの場合は、お客様自身のメンテも大切なのだなって実感。
08_O_床のキズ_01

【換気システム】
今回は、お客様に具体的なメンテナンス方法をお伝えしました。スタッフが手本となって、お掃除を実施。やっぱり、1年経過すると汚れていますね。
09_O_換気システム_0109_O_換気システム_02

次にフィルターの取替えです。使用後のフィルターは小さな虫やホコリで汚れていました。やっぱり、換気システムはホコリ等を吸って吐き出しているのですね。
09_O_換気システム_0309_O_換気システム_04

【住み心地アンケート】
お客様が新居に住まわれてからのアンケートを取りました。お客様の工夫等、様々なお話になりました。
10_O_アンケート_01

階段の上り口と下り口にコンセントが設けてあります。足元点灯は安全対策、また階段や廊下を掃除する際に重宝されているご様子。使い勝手が良いみたいですね。
11_O_アンケート_0211_O_アンケート_03

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2月16日(土) 定期点検2年目(富山市K邸)2008.2.16|

2月16日(土) 定期点検2年目(富山市K邸)
所要時間 13:30~14:20 晴れ
スタッフ 石丸、長澤、川上
協力業者 同行なし

【K邸の特徴】
弊社の建売物件、ストラトフォードのお家。あまり例が無いので、とても新鮮な感じがします。
ブリックタイルが貼ってありますが、「カスタム」とも「ノスタルジア」とも違ったタイプの上品な建物です。

【玄関ドアの鍵】
Q 玄関ドアの鍵が開けにくい。
A 現状を確認。潤滑スプレーで滑りを良くする方法もありますが、鍵や鍵穴の場合、余計なホコリが付着して鍵がかからなくなる可能性もあります。そこで登場するのが鉛筆の芯(※1)。削った鉛筆で鍵の横(細い部分)に塗るのが効果的です。自転車の鍵もOK。
01_K_玄関ドアの鍵

※1 鉛筆の芯(黒鉛)はダイヤモンドなどと同じ炭素の同素体でとても密な結晶体です。この結晶体が鍵穴の内側の傷に入って、傷穴を埋めて滑らかになるそうです。黒鉛は金属と同じくらいの硬さもあり、一度行なえば長持ちします。

潤滑スプレーは、弊社ホームページの住まいのメンテナンスにも記事がありますが、ドアの金具等の擦れが原因の場合に吹き付け使用します。

【建具調整】
Q 脱衣室のロックがかかりにくい。
A 現状を確認。ドライバー1本でドアの傾きを調整できる事を披露するとお客様はニコニコ笑顔。
作業中も興味津々に見入っておられ、ご自身でもメンテをされているようでした。
02_K_建具調整_0102_K_建具調整_02

【収納物干し竿】
前回の点検でもサビが出るという指摘がありました。この商品はホシ姫サマ(※2)。ステンレス製なので、もらいサビ(※3)と思われます。このまま放置するとステンレス自体のサビを誘発しますので、早めに拭き取る事をお勧めしました。
03_K_物干し_01

※2 天井下や窓の上部などに取り付け、竿を自由に上下させることができ、天井高が2400㎜時では車椅子でも使える高さにまで降りる便利モノ。室内の未利用空間を有効に活用できます。
※3 ステンレス自体からの発生ではなく、表面の油分・塩分・ホコリなどの汚れに外界から飛来した酸化鉄分(サビ)が付着した状態のことです。
03_K_物干し_02

予防法としては、表面の汚れを溜めないようにする事です。気がついた時には早めに金属用のサビ落としで除去しましょう。
もらいサビに有効なのは粒状の還元型漂白剤(※4)。少しお湯を足してペースト状にした漂白剤をサビに塗り、しばらく(目安は約5分)待ちます。そして固く絞った柔らかい布で擦ると落ちていきます。でも、お勧めは伝線した(破れた)ストッキングですね。スポンジよりも目が細かく弾力性が高いのでとても磨きやすいです。
また、素材に傷をつけにくいので、水栓金具を磨いたりするのにも重宝します。

※4 漂白剤とは、繊維から汚れを取り除いてきれいにするのではなく、汚れの色素を分解して、別の物質に変えて、色をなくして見えなくする働きがあります。(詳しくは石けん百科を参照)
   現在市販されている漂白剤には酸化型(塩素系、酸素系)、還元型とに分類されます。還元型の形状は粉末の弱アルカリ性で、色柄物には使用できませんが、鉄分による黄ばみを取り除く事ができます。

【クロスのキレ等】
室内のクロスに隙間等があるかどうか見渡しましたが、特に目立った箇所はありませんでした。
でも、今回は2年目点検。後日、全ての箇所を専門業者の手で再確認する事をお約束。
04_K_クロス_01

【床下点検】
床下点検を実施しました。「おっと!進路を邪魔する物体あり」。タイヤが保管してありました。確かに床下収納庫など空いているスペースを有効に活用するのは知っていますが・・・。
「潜ってみてびっくり!」は今回が初めて。過去の点検現場の、とあるシーンを思い出しました(笑)
05_K_床下点検_0105_K_床下点検_02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2月14日(木) 定期点検1年目(富山市K邸)2008.2.14|

2月14日(木) 定期点検1年目(富山市K邸)
所要時間 14:00~15:00 雪
スタッフ 砂田、鉾井、川上
協力業者 同行なし

【K邸の特徴】
閑静な住宅街に建つK邸。前には2台の駐車可能なカーポートがあり、便利そうでした。家の裏手は更地でリビングにはたくさんの温かい日が入っていました。
5人家族はとても仲良く住んでおられ、「家」もさぞ喜んでいるだろうなぁ、と思いました。

【雨樋】
雨樋が外れているのを発見。自然環境(風や屋根雪)が原因と思われます。後日、補修する事をお約束。
01_K_雨樋

【クロスのキレ等】
玄関口やトイレ等で壁クロスのキレ等を発見。下地材が季節の湿度変化と室内湿度(ライフスタイル)により伸縮し、クロスが追随出来ないことにより発生したものと思われます。後日、目立たないように補修する事をお約束。
02_K_クロス_0102_K_クロス_02

【ドアストッパー】
ドアストッパーが若干変形しているのを確認。開閉の際に力がかかり過ぎているものと思われます。ストッパーの機能が低下すると、丁番の軸が曲がってしまう可能性もあります。
03_K_ドア_0103_K_ドア_02

早急に戸当たりの仕様を別の形で変更する提案をさせて頂く事にしました。
03_K_ドア_03

【ドアの開閉】
Q ドアの開閉で異音が出ています。
A 現状を確認。ドアを開閉する時に隙間をなくす為の戸当たりにゴムヘラが付いていますが、このゴムヘラが外れかけており、この接触音が原因でした。後日、補修する事をお約束。
04_K_ドア_01

【1年目のお誕生日のお花】
リビングの一番日当たりの良い場所に置いて頂きました。ありがとうございます。
05_K_お誕生日

【エアコン】
エアコンの配置には色々と驚かされます。どんな性能の、大きさのエアコンを購入されるかによって設置する場所を工夫しますね。
06_K_エアコン

【感想等】
お客様から住み心地アンケートを頂きました。「2階のウォークインクローゼットに窓があったら・・・」と住んでみて分かった事がたくさんあったそうです。色々と聞かせて頂き、また、もてなして頂き、誠にありがとうございました。
07_K_談話_0107_K_談話_02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2月3日(日) 定期点検2年目(富山市S邸)2008.2.3|

2月3日(日) 定期点検2年目(富山市S邸)
所要時間 15:00~15:54 雨
スタッフ 石丸、坪島、長澤、渡辺
協力業者 同行なし

【S邸の特徴】
赤みを帯びた茶色の落ち着いた雰囲気が漂うSさま邸。お子様も伸び伸びと育っておられるご様子。
ご家族の健康も考えて、湿度計で湿度をチェックされていらっしゃる所は、実は家にも優しいのです。
また、家のメンテナンスもご主人がある程度のことはされるという、家にも家族にも優しい家庭です。

【タイルの割れ】
タイルの割れが1箇所ありました。グレーチング(鋼材を格子状に組んだ溝蓋)を持ち上げて状態を詳細に確認。車のタイヤがタイルのアンバランスな箇所に踏み込んだ圧力で割れたものと思われます。
グレーチングの底には厚さ3mmのゴムパッキンが施してはありますが、後日、原因を追究し、再発防止に努める事をお約束。
01_S_タイル101_S_タイル2

【目地の埋め】
1年目点検の際に指摘のあった目地の隙間。当時は、外で対応できる補修作業であった為、ご主人が補修現場に立ち会えていなかったという話。そこで、補修後の状態をお客様と一緒に確認しました。
02_S_目地

【基礎の表面】
車庫の基礎部分の表面(厚さ5㎜)の仕上げモルタル部分にクラック(ヒビ割れ)を発見。お客様は雨の浸入を心配されていましたが、仕上げ部分だけというスタッフの説明に理解・納得、そして安堵されたご様子。後日、補修に伺います。
03_S_基礎

【リビングの床鳴り】
Q 以前、床鳴りがあった。
A 状況を確認。今回は床鳴りの現象が見受けられませんでした。季節(湿度)の変化によるものと説明し、後日、大工と一緒に訪問、床下の床を支える鋼製束の一通りの増し締めを実施する事をお約束。
04_S_床鳴り

【引戸の開閉】
Q 引戸の閉まりが悪いのですが。
A ドライバーで調整を実施。お客様は自分でメンテ出来る箇所はご自身で試しておられるご様子。
  調整箇所と回し方、引戸の仕組みを説明したところ、熱心に聞き入っておられました。
05_S_引戸105_S_引戸2

【クロスのキレ等】
1階リビングや2階居室で壁クロスのキレ等を発見。お客様は、冬場は大型の天井エアコンをつけておられ、木製の下地材が過乾燥(エアコンの除湿)により、収縮度が強くなっていると思われます。
後日、専門業者とともに目立たないように補修する事をお約束。
06_S_クロス106_S_クロス2

【床鳴り】
2階の居室でキシミを確認。
Q 2階の床のキシミ補修はどのような方法で行なうのですか?
A 1階のように床下に潜って、調整する事は出来ない為、表面から細くて目立たない釘を打ち込む施工となります。この部屋の素材は無垢であり、一般的な床材よりも素材自身の伸縮が季節の湿度の影響で大きくなる性質もあります。
  床材の間も乾燥による収縮が目立っていましたが、自然素材ならでは特徴である事をお客様も知っておられ、部屋の用途が子供部屋でもあり、このままで良いと納得されました。
07_S_床鳴り107_S_床鳴り2

【換気システム】
Q 定期的に掃除をされていますか?
A 今までに3~4回程度、実際に蓋を外してフィルターも掃除しています。
  掃除の際にOFFにしたまま、ONにする事を忘れていた時があり、でも空気清浄機が空気のよどみを感知したようです。住まわれる方には空気の流れは実感できませんが、機械はちゃんと見ているのですね(笑)
08_S_換気システム

【感想等】
お客様の施工によるロールスクリーン。リビング階段の要望が多いなか、階段口からの冷暖房の逃げが気になることもしばし。他の事例では、階段口にカーテンや引戸を施される方もいらっしゃいます。
お客様の工夫が光る場所ですね。
09_S_感想

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!