7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)
所要時間 10:55~11:00 曇り
     11:30~11:50 曇り(7月23日)
スタッフ 石丸、長澤、坪島、渡辺
協力業者 同行なし

【K邸の紹介】
エントランス部分がまぁるくて、色とりどりのお花がたくさん咲いていました。
01_K_紹介_0101_K_紹介_02

室内にはお子様が描かれた絵や写真、そして温かな家族愛が見られました。
無垢のフローリングや珪藻土のお部屋等々。年月の経過を感じさせない、より深みのある居心地です☆

【概要説明】7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

本日の5年目点検の概要説明です。弊社が発行している保証書に基づいて点検作業が行なわれます。
1年目、2年目、今回の5年目。これらの履歴が10年目点検のカルテの一部になっています。
02_K_概要説明_01

【雨水枡】7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

雨水枡の点検です。中にはクモの巣が張っていました。クモが雨樋から流されてきたものと思われます。
普段開ける事の無い蓋ですね。年に1回程度は中に溜まっている泥等をすくい上げる事をお勧め。
03_K_雨水枡_0103_K_雨水枡_02

【排水の溢れ/汚水枡】7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

詰まりもなく、大変きれいな状態でしたが・・・。
04_K_汚水枡_0104_K_汚水枡_02

Q 年に数回、洗濯機の排水が逆流する事もある。
A 現状を確認。今回は洗濯機パンを懐中電灯で照らして目視しましたが、特に異常は見られませんでした。1年目点検の際、お客様は使い勝手を考えて洗濯機の高さを調整する土台を敷かれており、その後のフォローで解消されたようでしたが・・・
04_K_汚水枡_0304_K_汚水枡_04

そこで、排水の流れをよりスムーズにする為、従来の排水の蓋を「空気穴が開いているエアキャップ付き」に取り替える事をご提案。後日、対処する事をお約束。
04_K_汚水枡_0504_K_汚水枡_06

一般的に排水時は配管内が真空になり、逆流する事例もありますので、エアキャップ付きに替える事で「排水が流れる時に空気を送り込んで流れやすくなる」と思われます。交換後も様子を見て頂くことになりました。

【屋根点検】7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

当日は雨上がりで屋根が濡れていました。そこで、23日の曇りの日に点検を実施。
05_K_屋根点検_0105_K_屋根点検_02

谷の部分です。
05_K_屋根点検_0305_K_屋根点検_04

瓦はキレイに並んでおり、傷みやズレ、釘の浮き等は無く、特に異常はありませんでした。
05_K_屋根点検_0505_K_屋根点検_06

【トイレの結露】7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

トイレの床は1階(左)、2階(右)ともに無垢のフローリングです。木の質感がとっても良いですね。
06_K_トイレの結露_0106_K_トイレの結露_02

アフターの履歴を見ると、昨年の9月6日に「便器廻りをコーキング」という記録がありました。
便器廻りに発生した結露水の影響で便器(※1)と床(木材)との接合(丸み)部分に黒ズミが目立ってきたものと思われます。
06_K_トイレの結露_0306_K_トイレの結露_04

※1 陶器とは違い、水洗できる陶製のものを給排水設備用語で衛生陶器といっています。ネットで調べてみると以下の事が分かりました。
吸水性が無く、機械的な強度がある。汚れが目立ちやすく、かつ清掃に便利。耐蝕、耐摩耗性。洗浄、排水等の機能を持たせる複雑な形が作りやすい。
(参考/㈱ダイワ、衛生陶器の基礎知識http://www.kk-daiwa.co.jp/jouhou/eisei/eiseitouki.htmlより抜粋)

ここで、トイレの結露が激しい時期は「梅雨~夏」と「冬」である事を改めて説明。DIYでウレタン塗料を使って耐水性を保って頂くよう助言。奥様は午後からホームセンターへ買いに行くと意気込んでおられました。
(参考/2009年5月20日、富山市S邸5年目点検、トイレの床)
(参考/2009年2月18日、富山市K邸5年目点検、トイレの床材)
(参考/2008年3月26日、富山市婦中町Y邸2年目点検、/メンテナンス)
06_K_トイレの結露_05

定期的なワックス掛けについてお聴きしたところ、「キッチンの床」はシッカリとメンテナンスされており、「トイレの床へのワックス」については「どうしても後回し」のご様子でした。

【引き戸1】7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

開閉に問題はありませんでしたが、閉め切ると引き戸同士の間に隙間が少し開いていました。
この引き戸は湿度変化に対応した仕様ではなかったので・・・
07_K_引き戸_0107_K_引き戸_02

いったん取り外し。和室側(左)とリビング側(右)とでは表面仕様が異なっていますね。
07_K_引き戸_0307_K_引き戸_04

戸車の周囲の金物を調整して、現状を改善。長年の現場経験の勘が光りました☆
07_K_引き戸_0507_K_引き戸_06

和室側(左)とリビング側(右)の表面仕様の違いです。部屋毎の湿度差(生活によって)で木部が伸縮(反りと伸び)し、変化したものと思われます。様々な点検現場で見られる事例です。
07_K_引き戸_0707_K_引き戸_08

(参考/2009年4月16日、富山市婦中町T邸2年目点検、引き戸の開閉)

【引き戸2】7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

今後の開閉の不具合に備えて、「どの部分を調整すべきか」という仕組みを説明。
開閉に支障が出る場合、レールにゴミが溜まる事例もありますが、引き戸で仕切られている部屋の湿度差により木部が伸縮する事が主な原因となります。
07_K_引き戸_0907_K_引き戸_10

この引き戸は湿度変化に対応している仕様。不具合の際には、両端の下部にある調整用のネジを回す事で改善ができます。
(参考/2009年5月20日、富山市S邸5年目点検、引き戸)

これは力いっぱい閉めてもブレーキがかかる部品です。金具のネジを閉める強弱等によって開けにくくなる事もありますので注意して下さいね。
07_K_引き戸_1107_K_引き戸_12

開閉に引っ掛かりを発見。ドライバーで傾き等を調整して現状を改善。
07_K_引き戸_1307_K_引き戸_14

【床下点検】7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

床材は無垢だったので、湿度による伸縮で開かないかもしれないと懸念されていましたが・・・
08_K_床下点検_0108_K_床下点検_02

懐中電灯で状態を確認。お客様にも実際に見て頂きました。
08_K_床下点検_0308_K_床下点検_04

床下の様子です。お客様に現状を確認して頂きました。
08_K_床下点検_0508_K_床下点検_06

【24時間換気システム】7月18日(土) 定期点検5年目(富山市K邸)2009.7.18|

天井取り付け型の換気システムです。1階、2階ともにONの状態でした。
09_K_換気システム_0109_K_換気システム_02

Q 換気システムの機械をお掃除していますか?
A 方法が分からず、今まで全く掃除していない(笑)、とお客様
そこで、お客様と一緒にお掃除する事にしました。
カバーの外し方です。カバーを垂直に少し下げて、内部のバネに注意して下さいね。
09_K_換気システム_0309_K_換気システム_04

黒いフィルターは5年間に溜まったホコリで真っ白な状態でした。奥様へ掃除機のお願いをして、石丸と一緒にホコリを吸い取りました。
09_K_換気システム_0509_K_換気システム_06

そして水洗い。固く絞りすぎると、スポンジの繊維が壊れてしまい、フィルターの寿命が短くなるので注意が必要です。フィルターの掃除・メンテナンス方法は、本来ならば「予備との交換」や「水洗い後、天日干し」等ですが、今回は、予備が見当たらなかったので水洗いのみで対処しました。
09_K_換気システム_0709_K_換気システム_08

掃除機で機械に付いたホコリを取り、濡れ拭き雑巾で周囲を拭き掃除。
09_K_換気システム_0909_K_換気システム_10

この機械は白いフィルターがある仕様ではなく、前の機種の型式だと思われます。

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!