12月19日(土)定期点検1年目 (富山市Y邸)2009.12.19|

12月19日(土)定期点検1年目 (富山市Y邸)
所要時間 10:00~11:00
スタッフ 坪島、石丸、岩見、岩林

【Y邸の紹介】
Y邸は古民家を再生したお家。外観もモダンな和風といった感じですが、室内は照明の効果や大きな吹き抜け・むき出しの梁が、何度見ても心を落ち着かせてくれる雰囲気。
01_MY_紹介_01.jpg01_MY_紹介_02.jpg01_MY_紹介_03.jpg

洋風の建物が多い中、新鮮な感じでした☆
01_MY_紹介_04.jpg

【1年目のお誕生日】12月19日(土)定期点検1年目(富山市Y邸)2009.12.19|

お住まいになられて1年目ですね☆フードを被っている坪島を見てると、こびとの妖精って感じです♪
02_MY_お誕生日_01.JPG02_MY_お誕生日_02.jpg02_MY_お誕生日_03.JPG

【床の傷】12月19日(土)定期点検1年目(富山市Y邸)2009.12.19|

ストーブをひきずって、床に傷が着いてしまったそうです。ダークな色の床なので目立ってしまいますが、ホームセンターに床補修用のクレヨンが売っていることをご案内しました。
03_MY_床のキズ_01.jpg

【24時間換気システム】12月19日(土)定期点検1年目(富山市Y邸)2009.12.19|

入居後一度も掃除されていないそうなので、この日は石丸が掃除の仕方を指導しました。
「大掃除の時に自分でもやってみます」と、意気揚々のYさま☆
04_MY_換気システム_01.jpg

【最後に】12月19日(土) 定期点検1年目(富山市Y邸)2009.12.19|

大きな問題点もなく、本日の点検を終えました。
今後とも細かなメンテナンスにも気配りして頂けたら・・・と思います☆
05_MY_最後に_01.jpg

12月19日(土) 定期点検2年目(富山市T邸)2009.12.19|

12月19日(土) 定期点検2年目(富山市T邸)
所要時間 17:04~18:02 雪
スタッフ 大矢、岩見、永原、渡辺
協力業者 同行なし

【T邸の紹介】
これは帰り際の写真ですが、断続的に降り続く富山の雪。この季節、夕方過ぎから真っ暗です。
夜景?で見る外壁の色は昼間以上に濃紺で、スタイリッシュな感じ☆
01_T_紹介_0101_T_紹介_02

お子様がいらっしゃるご家庭って、ほのぼのとした雰囲気に包まれていますよね。

【引き戸】12月19日(土) 定期点検2年目(富山市T邸)2009.12.19|

Q 近所の子が遊びに来た時にロックを掛けたまま思いっきり閉めたようで、ラッチ受けの引っ掛け金具が変形した。
02_T_引き戸_0102_T_引き戸_02

現状を確認。左下の写真が[変形]して上部の金物が凹んでいる状態(押しつぶされている感じ)。
右下の写真が[正常]です。
02_T_引き戸_0302_T_引き戸_04

ラッチ受けや引き戸の傾き等の調整を試してみましたが、改善されませんでした。
02_T_引き戸_0502_T_引き戸_06

そこで、いったん金具を取り外して、調整をする事にしました。
02_T_引き戸_0702_T_引き戸_08

部品を解体し、曲がった金物はハンマー打ちで元の形状に戻しました。
02_T_引き戸_0902_T_引き戸_10

再度取り付けし、ロックが正常に掛かるかどうかを再確認。不具合は改善されました。
02_T_引き戸_1102_T_引き戸_12

【換気システム】12月19日(土) 定期点検2年目(富山市T邸)2009.12.19|

排気用の換気扇(階段口、脱衣室、トイレに設置)がOFFだったので、ここで改めて「お家全体の換気計画」について説明。今回のお客様宅の場合は「第3種」の換気システムとなっています。
03_T_換気システム_0103_T_換気システム_02

「一時的なニオイ(煙?)を一挙に排出する」換気扇という発想とは少し違います。常時ONにする事が望まれますが、「節約?」という観点からか、なかなかそうはイカナイようですね。

換気計画の話の後、換気扇をONにしました。現在もしくは昨今使用されている建材等から発生するホルムアルデヒド等はひと昔前よりも少なくなっています。(微量であってもアレルギーのある方にとっては大変な問題ですが・・・)
03_T_換気システム_03

住まわれる方によっては、毎日の生活に異常が感じられなければ、認識が薄いようですね。

【換気扇(排気)と給気口】12月19日(土) 定期点検2年目(富山市T邸)2009.12.19|

階段口にある換気扇(排気)は「冬の時期は寒く、せっかく暖めた空気が逃げる」せいか、OFFの状態でした。
04_T_換気扇_0104_T_換気扇_02

リビングの給気口のスイッチは閉じた状態。
04_T_換気扇_0304_T_換気扇_04

給気口からの外気(冷たい空気)の流入は部屋(お家)で生活されていると、冬は特に感じやすい時期と思われます。

お家を設計・施工するにあたっては、機械的な換気計画を施していますが、冬の冷たい強風が吹く時期では逆流(過換気)となって熱が室外へ逃げて(熱損失)しまったり、お家の中の温度差(1階と2階)が発生しやすい季節(冬や夏)の自然換気(対流)では、冬は「1階から冷たい空気が入り、2階から暖かい空気が逃げやすく」なったりしているそうですね。
(計画換気論/http://www.t3.rim.or.jp/~u-minami/class/sinbiosis/kanki/kanki-ix.htmlより抜粋)

【結露】12月19日(土) 定期点検2年目(富山市T邸)2009.12.19|

リビングではエアコンをつけずに石油ファンヒーター、そしてご家族の健康を気遣って加湿器をつけておられました。パンダのような加湿器☆頭のてっぺんから蒸気が出ているのが分かりますか?(笑)
[リビング]
05_T_結露_0105_T_結露_02

エアコンをつけている状態。
[2階居室]
05_T_結露_0305_T_結露_04

お家全体の気温がなかなか上がらず、加湿器の利用で湿度が高くなり、サッシ枠周辺の冷たい部分が露点になって結露していると思われます。お客様もこの状態にしていると結露になってしまう事は十分分かっておられました。

1 / 512345
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!