11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)
所要時間 10:14~11:32 快晴
スタッフ 砂田、淺野、渡辺

【Y邸の紹介】
石(コブレストーン)貼りの印象的なお家。お客様宅は弊社の石貼りデザインのお家の中でも代表的な重厚感のあるデザインですね~☆
01_RY_紹介_01.jpg01_RY_紹介_02.jpg

新築工事の際に「ご家族の記念」としてペタッとつけた手形☆
今ではお子様も大きくなられて、この手形が小さく見えるようになってしまいましたが、お子様の成長が分かる印ですね☆
思わず、表情が笑みでほころんでしまいそうな感じ~♪
01_RY_紹介_03.jpg01_RY_紹介_04.jpg

お子様の手形の印字サービスでは、年賀状の裏面にデザインスタンプとしてネットで販売している所もあるそうですね♪

【雨水枡&汚水枡】11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

点検を実施。周辺の排水路の高さに合わせて、深い構造になっています。
02_RY_点検枡_01.jpg02_RY_点検枡_02.jpg

点検を実施。特に油脂や汚泥の詰まりもなく、問題ありませんでした。
02_RY_点検枡_03.jpg02_RY_点検枡_04.jpg

【屋根点検】11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

点検を実施。朝露で瓦が濡れていて上るには危険でしたので、今回は目視となりました。
03_RY_屋根点検_01.jpg03_RY_屋根点検_02.jpg

特に異常は見受けられませんでした。
03_RY_屋根点検_03.jpg03_RY_屋根点検_04.jpg

ジョウゴ(※1)に草が生えていたので、雑草取りを実施。シッカリと根が張った状態でした。
03_RY_屋根点検_05.jpg03_RY_屋根点検_06.jpg

※1 パソコンでは漏斗(ろうと、じょうご)と変換され、理科の実験で使われる道具を思い浮かべますね。横樋を縦樋に雨水を流す部材の名称でもあります。

【ジョウゴの詰まり】11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

雑草を引っこ抜いた後を検査すると、内部が泥で詰まっている状態でした。そこで、お客様からホースをお借りして水圧で貫通させようと、ホースを砂田に手渡し、キュッと蛇口をひねると、ホースの先端近くから水が勢いよく飛び出しました(大汗)
04_RY_ジョウゴの詰まり_01.jpg04_RY_ジョウゴの詰まり_02.jpg

ホースの状態を調査すると、先端近くに穴が開いていたのを発見。急遽、砂田のお道具箱からカッターとニッパーを取り出し、外科的にホースの切断手術です。
04_RY_ジョウゴの詰まり_03.jpg04_RY_ジョウゴの詰まり_04.jpg

噴射口をジェット水流に調整して、詰まった泥を落としています。しばらくして、雨水枡内に「ボトッ」と大きな音をたてて泥が入り込んできました。水がスムーズに流れ出てくるのを確認し、正常に流れるよう改善しました。
04_RY_ジョウゴの詰まり_05.jpg04_RY_ジョウゴの詰まり_06.jpg

切断したホースです。横の穴が水漏れの原因でした。
04_RY_ジョウゴの詰まり_07.jpg04_RY_ジョウゴの詰まり_08.jpg

これは荷台に積んであった砂田のお道具箱です。いろんな道具が勢揃いしていますね☆
04_RY_ジョウゴの詰まり_09.jpg

【藻の発生】11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

北側の外壁に藻が発生し、不思議な模様をしていました。お子様の指跡?丈の長い草の跡?と思わせるようです。
05_RY_外壁の藻_01.jpg05_RY_外壁の藻_02.jpg

指で触ってみると、キレイに拭き取れる状態。外壁の塗膜(防水)が正常に機能していることが確認されます。
05_RY_外壁の藻_03.jpg05_RY_外壁の藻_04.jpg

今後のメンテナンスとして、お客様に外壁のお掃除(高圧洗浄)をお願いしました。外壁の防水塗膜は床材のワックスに例えられます。塗膜が効いていると汚れやホコリ等の付着を防ぎますが、耐用年数もありますので、近い将来には取りにくくなることもあります。

【玄関ドア】11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

ドアの閉まる速さに勢いがあって指を挟む危険性もあるので、ドアクローザーの調整を実施。近くで見ておられたお客様へ玄関ドアの閉じる軌道を説明。「第1軌道(早く閉まる)と第2軌道(遅く閉まる)」があって最後に「パッタン」と閉まるのが理想だ思われます。
06_RY_玄関ドア_01.jpg06_RY_玄関ドア_02.jpg

クローザーは油圧式になっているので、年月の経過や自然環境等で少しずつ閉まり方が変化することもあります。今後はクローザーの調整ツマミをドライバーで微調整するDIYに挑戦して頂くようお勧め。
06_RY_玄関ドア_03.jpg

開閉の際に「ギイギイ」と異音がした場合は、市販されているCRC(潤滑油)を丁番に吹き付けして頂くようお願いしました。

【開き戸/リビング】11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

Q ドアが下がってきている。
A 現状を確認。ドアの上部に隙間が少し開いていました。ガラスが内部に入って重量がある仕様であり、日常の使い勝手や使用頻度等で戸先が下がることもあります。
07_RY_開き戸_01.jpg07_RY_開き戸_02.jpg

ドアの上下を調整できる丁番のネジを回して、最大限までドアを引き上げました。お客様へ改善状態を説明し、「ドコを調整すればどうなる」をジェスチャーで表現しました。
07_RY_開き戸_03.jpg07_RY_開き戸_04.jpg

ドアノブの根元が緩んでいる状態。ドライバー1本で簡単に調整できる作業ですが、知らずにこのまま使い続けると、ネジが折れてドアノブのセットを取替え(有償)ということもあります。
07_RY_開き戸_05.jpg07_RY_開き戸_06.jpg

ドライバーでビスを増し締めして改善完了。
07_RY_開き戸_07.jpg07_RY_開き戸_08.jpg

【小屋裏点検】11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

点検を実施。脚立の脚先には毎度お馴染みの養生巾着。
08_RY_小屋裏_01.jpg08_RY_小屋裏_02.jpg

特に問題はありませんでした。
08_RY_小屋裏_03.jpg08_RY_小屋裏_04.jpg

【床鳴り・床のきしみ】11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

Q リビングで床鳴りがある。
A 現状を確認。床鳴りの音から判断すると、乾燥により木部が収縮して、床下にある鋼製束が鳴っている状態だったので、レンチで増し締め調整し、現状を改善しました。
今回の砂田はカッパ(※1)を着ています。ボードが出払っていたので、ほふく前進での作業となりました。
※1 床下は、一見キレイに見えますが、床下換気(風窓や基礎パッキン等からの外気の流入・流出)によって空気が動いているので、実際はホコリ等が多い場所となっています。汚れ防止の為にカッパが必需品です。
09_RY_床鳴り_01.jpg09_RY_床鳴り_02.jpg

蓄暖(蓄熱暖房機)の前面で床材がきしむ現象。床下の鋼製束を増し締めしても改善されなかったので、次の対処としてカッターで隙間(床材同士の間)に切れ目を入れています。ヒトの体重(荷重)がかかることで床材同士が押し合うことできしみが鳴っている状態です。
09_RY_床鳴り_03.jpg09_RY_床鳴り_04.jpg

蓄暖(蓄熱暖房機)の特徴でもある過乾燥によって、床材や下地の合板が収縮し、上から荷重がかかることで内部の釘と床材・合板が擦れて音が発生しているものと思われます。カッターによる応急処置で対応できなかったことを説明し、後日大工同行で補修する事をお約束。
09_RY_床鳴り_05.jpg09_RY_床鳴り_06.jpg

【床の黒ずみ】11月19日(金) 定期点検5年目(富山市婦中町Y邸)2010.11.19|

浴室前の床材の間が黒ずんでいました。足拭きマットを置きっ放しにされておられたご様子。事前に、起こり得る事例の紹介をしていれば防げたのに・・・と申し訳なく感じました。
10_RY_床の黒ずみ_01.jpg10_RY_床の黒ずみ_02.jpg

1 / 512345
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!