2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)
所要時間 9:31~10:49 晴れ
スタッフ 砂田、淺野、渡辺

【M邸の紹介】
玄関へと続くアプローチ。
この距離、歩いて約10歩の中で、いろんな顔があるのをご存知ですか?
アプローチタイルの素材や模様、ステップ階段に使われている素材や足ざわり、途中には鉢植えのお花が心を優しくしてくれたり・・・。
01_YM2_紹介_01.jpg01_YM2_紹介_02.jpg01_YM2_紹介_03.jpg

観賞用のお花のほかに、実益も兼ねた果物栽培だったり☆
ペットボトルじょうろを見ていると、住まわれるお客様の優しい笑顔が思い出されます☆☆
01_YM2_紹介_04.jpg01_YM2_紹介_05.jpg01_YM2_紹介_06.jpg

2階の間取りでは、お子様の勉強部屋はあるのですが、2階ホールの空間を有効に使ったスタディスペース☆
横幅が広いので、デスクを有効に使えますし、並んでお勉強というのも乙ですよね~♪
01_YM2_紹介_07.jpg01_YM2_紹介_08.jpg01_YM2_紹介_09.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【屋根点検】2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

屋根点検を実施。特に異常はありませんでした。
02_YM2_屋根点検_01.jpg02_YM2_屋根点検_02.jpg

片流れ葺きなので、いつもの点検よりも早く終わったようです。
02_YM2_屋根点検_03.jpg02_YM2_屋根点検_04.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【コーキング(シーリング)の弾性検査】2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

一番陽の当たる南側のコーキングの状態を指押し確認。特に異常はありませんでした。
[建物後面/南側]
03_YM2_コーキング_01.jpg03_YM2_コーキング_02.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【草刈り/虫】2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

定期点検の返信葉書には「虫がいる」とのことでした。お家の周囲は雑草が生えている状態。自分宅の周囲だけ除草しても近隣もして頂かないと・・・(汗)近所付き合いもあるので、お願いするのは難しいですよね(;^_^A アセアセ・・・
一般的に雑草は一年を通じて多く茂る時期があり、除草してもすぐ生えてくる、イタチゴッコ状態です。
[建物左面/西側]     [建物後面/南側]
04_YM2_草刈り_01.jpg04_YM2_草刈り_02.jpg

また、外周にはモグラがいるそうです。泥が盛り上がっている様子が分かりますか?
04_YM2_草刈り_03.jpg04_YM2_草刈り_04.jpg

プランターや鉢植えのイチゴ☆
04_YM2_草刈り_05.jpg

奥様は和室の小窓から見える外の景色をチラリと見ながら、外構工事の話題になりました。雑草防止としては、あらかじめ防草用のビニールシートを敷いた上に砂利を乗せたり等々、除草剤の散布もありますが、近隣のご協力・関心が無いと、雑草が発生源になっている虫の進入は防げないと思われます。
04_YM2_草刈り_06.jpg04_YM2_草刈り_07.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【収納扉の開閉】2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

Q 扉が開けにくい。
A 現状を確認。接続金物のビスの緩み対策として、ドライバーで増し締めを実施。
05_YM2_収納扉の開閉_01.jpg05_YM2_収納扉の開閉_02.jpg

全ての箇所に対処しましたが、扉の閉まり具合にズレが生じてしまいました(汗)後日、建具屋さんと同行で再調整する事をお約束。
[左右の扉を閉めた状態]  [少しズレている]
05_YM2_収納扉の開閉_03.jpg05_YM2_収納扉の開閉_04.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【クロスの隙間等】2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

Q クロスの膨らみやヨレ、隙間等がある。
A 現状を確認。「下地の木部が湿度変化により伸縮し、それにともなってボードも動くこと。クロスの膨らみは下地がクロスを左右に引っ張った後に縮むこと(クロスの糊が剥がれる)で発生する現象」と説明。後日、クロス補修を実施する事をお約束。
[リビング/膨らみ]
06_YM2_クロスの隙間_01.jpg06_YM2_クロスの隙間_02.jpg

[2階居室他/膨らみ・隙間等]
06_YM2_クロスの隙間_03.jpg06_YM2_クロスの隙間_04.jpg

クロスが引っ張られる(下地材に追随)ことで起こる現象です。
[リビング/隙間]
06_YM2_クロスの隙間_05.jpg06_YM2_クロスの隙間_06.jpg

クロスの色や柄を見ると、色付きで模様があるので、コークボンドで目立たないように隙間に充填しても逆に目立ってしまう可能性があります。5年目点検時のクロスの状態を見て判断する事をお約束。
06_YM2_クロスの隙間_07.jpg06_YM2_クロスの隙間_08.jpg

クロスの下地であるボード同士の間隔が広がったり狭くなったりしてクロスが追随できずに隙間となって現れてきます。ボードの寸法等をジェスチャーで分かりやすく説明。
06_YM2_クロスの隙間_09.jpg06_YM2_クロスの隙間_10.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【換気システム】2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

室内の給気口は全て「開く」の状態。
[リビング]        [2階居室]
07_YM2_換気システム_01.jpg07_YM2_換気システム_02.jpg

換気扇は常時運転の状態です。
[洗面脱衣室]       [2階ホール]
07_YM2_換気システム_03.jpg07_YM2_換気システム_04.jpg

換気システムが常時動いていても大きな空気の流れではないので、窓を開けたりする換気は必要となります。押入れ等は空気が滞留し、よどんでいる状態。普段使わない部屋では少し窓を開けたりして換気する習慣があれば良いと思います。空気がよどんで湿度が上昇すると、劣化が進むようですね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【小屋裏点検】2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

点検を実施。特に異常はありませんでした。
08_YM2_小屋裏点検_01.jpg

屋根の形状(片流れ)によって、小屋裏にのぼれるスペースが無かったので、懐中電灯での目視検査。
08_YM2_小屋裏点検_02.jpg08_YM2_小屋裏点検_03.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【床のきしみ】2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

Q キッチンのほうでミシミシと音がする。
A 床下点検と合わせて床下で床等を支えている鋼製束を調整し、床鳴り現象が改善されるかを調査することとなりました。
[キッチン]
09_YM2_床のきしみ_01.jpg

点検を実施。床下点検口は和室の畳の下にあります。お客様は床下を始めて見られるご様子で、興味深そうです☆
09_YM2_床のきしみ_02.jpg09_YM2_床のきしみ_03.jpg09_YM2_床のきしみ_04.jpg

床下をコロコロに乗って移動中の砂田。
09_YM2_床のきしみ_05.jpg09_YM2_床のきしみ_06.jpg

床下の鋼製束を調整(増し締め)しましたが、きしみ現象は改善されませんでした。原因は床の基材やフロアの重なりによる音、または床下を走っている大引等がありますが、床下構造上、鋼製束で支えられない箇所もあります。お客様と協議の結果、現象を理解して頂きました。
09_YM2_床のきしみ_07.jpg09_YM2_床のきしみ_08.jpg

Q 床が鳴っている。
A 現状を確認。1階の場合は床下からの調整も可能ですが、2階の場合は床上から細い釘を打って、ボンド剤を注入する方法となります。補修跡が目立つこともあるので、お客様の理解が必要となります。
[2階寝室]
09_YM2_床のきしみ_09.jpg09_YM2_床のきしみ_10.jpg

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【リビング階段】2011年9月15日(木)お家の点検2年目(富山市M邸)2011.9.30|

Q 夏の暑い時期はリビングでエアコンを点けているが、なかなか効かないし、冬は2階から冷気がリビングに入ってきて寒い。やっぱり扉があって仕切れる間取りにすれば良かったのか?
A リビング階段は「オープンで開放的な」間取りです。扉で仕切ってしまうと、閉塞感もあるので、これについてはお客様の好みや感性になると思います。
10_YM2_リビング階段_01.jpg10_YM2_リビング階段_02.jpg

手摺りから天井にかけての開きスペースは暖気や冷気が逃げないような工夫をされているご様子。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
1 / 712345...最後 »
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!