【5年目点検ってどんな感じですか?】2012年10月17日(水)お家の点検5年目(射水市M邸)2012.12.29|

お家の5年目点検。5年という歳月が経過すると、お家の様々な場所に変化・劣化等が見受けられますが、お客様自身が気づいていない?特に気にしていない?に分類されます。
これまでの5年目点検でのノウハウや他の点検現場での事例を振り返って、参考にして、経年変化の理由をお客様にキチンとお伝えして、不安感が出ないように心掛けています。
12_KM05_お家の5年目点検_01.jpg12_KM05_お家の5年目点検_02.jpg12_KM05_お家の5年目点検_03.jpg

点検現場では劣化対策・対応というメンテナンス・お手入れについての説明が主となります。
「5年目点検ってどんな感じ?」と聞かれると、特別に変わったことをする意味ではなく、「ひとつの分岐点」という考え方になります。
さて、建築当時は誰しも「こだわりや夢」を持って建てられるお家。今回のお家仕様・装備では無垢のパイン材や珪藻土に囲まれたナチュラルな住まい。今は特に何も感じておらず、ごく普通のようで、「住み慣れる」という意味が強いようです。
12_KM05_お家の5年目点検_04.jpg12_KM05_お家の5年目点検_05.jpg12_KM05_お家の5年目点検_06.jpg

5年目点検。
新築以降、お客様によるDIYなどのお手入れの成果、これからのメンテナンスの必要性が実感されています。ウレタンワックスをかける等の愛着があるお客様。今では新築当時以上に「木の優しい温もり」がさらに強く感じられます。玄関ドアはDIYで防水塗装されているご様子。
一般的に経年変化は「劣化」と言われますが、「味わい」というコトバが相応しいですね。

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!