【屋根点検でコロニアルをシーリング補修】2015年5月27日(水)お家の点検5年目(富山市婦中町M邸)2016.2.19|

長ハシゴの長さが屋根まで届かないと判断し、トラックの荷台を足場代わりにしています。これだと長ハシゴの下で支える人手が不要になり、足場もシッカリしているので良いアイデアかもしれません。

[建物左面/南側]

04_TM05_屋根点検_01 04_TM05_屋根点検_02

 

屋根点検を実施。

04_TM05_屋根点検_03 04_TM05_屋根点検_04

 

屋根材はコロニアル(セメント系)仕様。北側の屋根材にヒビ割れが比較的多くありました。屋根雪の落下等の自然環境によるものと思われます。

04_TM05_屋根点検_05 04_TM05_屋根点検_06

 

そこで、今回はお客様へのアフターサービスの一環としてシーリング処理をすることになりました。コークガンを使ってシーリング剤をライフルのように打ち込むことができる代物です。

04_TM05_屋根点検_07 04_TM05_屋根点検_08

 

シーリングを打ち込んだ後はヘラを使って均しています。

04_TM05_屋根点検_09 04_TM05_屋根点検_10

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!