page top

点検ブログ

  • 【I邸の紹介】2012年2月17日(金)お家の点検1年目(富山市I邸)

    2012年2月17日(金)お家の点検1年目(富山市I邸)
    所要時間 13:03~14:49 雪
    スタッフ 砂田、広野、松平、渡辺

    【I邸の紹介】
    センスのあるシックな木目調の外壁。雪の白さによって、より一層の深みが出てくる色合いです。
    本日の点検は大雪の影響でかなりの積雪。雪空の明るさが積もった雪にも反射して、思わず「蛍の光、窓の雪」のワンフレーズを口ずさんでしまいました♪
    お家の前のカーポート。お客様曰く「カーポートがあるので、玄関が見えなくなった(笑)」と。
    でも、この大雪、カーポートがあるのと無いのとでは除雪の範囲も大きく違ってきますよね。
    01_KI1_紹介_01.jpg01_KI1_紹介_02.jpg01_KI1_紹介_03.jpg

    記録的な豪雪にみまわれた富山県。屋根雪を見ると1m以上ありそうな感じです。
    今回の外回り点検では積もった雪の中に足が無理やり突っ込んでしまい・・・抜けなくなる状態にも(汗)
    01_KI1_紹介_04.jpg01_KI1_紹介_05.jpg01_KI1_紹介_06.jpg

    お客様宅は女性インテリアコーディネーターによる様々な配慮が見受けられます。女性ならではの目線と感性、そして数多くの経験等がお家の至る所に映し出され、お客様とのコラボが光っています。
    奥様はママ友たちに自慢したり「お手本にしてみて~♪」と、お家を計画中のご夫婦に対してもいつもにこやかで開放的なご様子☆
    01_KI1_紹介_07.jpg01_KI1_紹介_08.jpg01_KI1_紹介_09.jpg

  • 【壁クロスのキズとリビングドアの開閉】2012年2月17日(金)お家の点検1年目(富山市I邸)

    Q ドアの開閉(機能的)に異常はないが、子供が強く閉めるせいか壁にキズが付いた。何とかなるの?
    A 現状を確認。ドアストッパーはマグネットタイプになっています。磁力の力は強いのですが、それ以上に押す(室内側から)・引っ張る(玄関側から)力が大きいものと思われます。
    お客様へ「ドアストッパーを交換しますか?」の質問では費用もかかるので、できればキズを直すだけで交換まではしなくても良いとのことです。
    03_KI1_壁クロスドアの開閉_01.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_02.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_03.jpg

    そこで、実際にドアを最大限に開いてドアストッパーが機能した状態で止めてみました。ドアノブと壁との距離は約数センチ。壁クロスが凹んでいる状態が分かりますか?
    (デジカメでの撮り方(テクニック?)は・・・追求しないでください・・・汗)
    03_KI1_壁クロスドアの開閉_04.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_05.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_06.jpg

    お客様からのご要望で目立たないように補修することになりました。
    傷口の周囲をカッターで四角形(下だけは切りません)に切り取ってコークボンドを充填。
    03_KI1_壁クロスドアの開閉_07.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_08.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_09.jpg

    指圧で仮止めした後、タオルやローラーでシッカリと押さえつけて目立たないように補修完了。
    03_KI1_壁クロスドアの開閉_10.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_11.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_12.jpg

    ドアノブをよく見ると右側のノブが少し抜けている状態を発見。この伸びた分の影響で壁にぶつかったものと思われます。
    03_KI1_壁クロスドアの開閉_13.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_14.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_15.jpg

    そこで、元の正常な状態に直すことになりました。いったんドアノブの根元のネジを緩めて、両方のノブを取り外した後に再度取り付けて補修完了。
    03_KI1_壁クロスドアの開閉_16.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_17.jpg03_KI1_壁クロスドアの開閉_18.jpg

  • 【壁クロスの隙間等の補修】2012年2月17日(金)お家の点検1年目(富山市I邸)

    Q クロスの隙間が目立ってきた。
    A 現状を確認。室内外の湿度変化等による下地材(木部)の伸縮(エアコンや蓄暖による除湿や過乾燥等)に対してクロス(ビニール製)が追随できないという現象が出てきていました。
    そこで、目立たないように補修することになりました。高い場所には足場として脚立を使います。お客様宅の床材は表面が強化コーティングされている丈夫な仕様ですが、脚立の脚底には床にキズがつかないように養生材を取り付ける配慮がなされていました。
    04_KI1_壁クロスの隙間_01.jpg04_KI1_壁クロスの隙間_02.jpg04_KI1_壁クロスの隙間_03.jpg

    カッターで隙間の箇所を少し開いてコークボンドを充填、上からローラー等で押さえつけて補修完了。
    04_KI1_壁クロスの隙間_04.jpg04_KI1_壁クロスの隙間_05.jpg04_KI1_壁クロスの隙間_06.jpg

    Q ベビーチェアがぶつかって、コーナー部分にキズが付いてしまった。何とかして欲しい。
    A 現状を確認。椅子が回転する仕様となっています。ひじ掛け(側面から落下しないような安全措置)の高さと椅子の脚の辺り(合計2箇所)にはこすれたキズ跡がありました。
    04_KI1_壁クロスの隙間_07.jpg04_KI1_壁クロスの隙間_08.jpg04_KI1_壁クロスの隙間_09.jpg

    そこで、コークボンドを充填して指でなぞり目立たないようにしました。
    04_KI1_壁クロスの隙間_10.jpg04_KI1_壁クロスの隙間_11.jpg04_KI1_壁クロスの隙間_12.jpg

    今回は目立たないように補修しましたが、今後も同じような現象が起こり得ることをお客様へご報告。
    お客様はベビーチェアを買い換えるのを思案されているご様子でしたが、ホームセンターにはコーナーに取り付ける枠材が販売されているのをご紹介。安価な方法が良いですよね☆
    04_KI1_壁クロスの隙間_13.jpg04_KI1_壁クロスの隙間_14.jpg

    お子様の成長につれて・・・
    現在はクロスのキズが気になりますが、お子様が室内で乗り物を乗り回すようになると今度はフローリングのキズも気になってくるようですね。これまでの定期点検での小さなお子様のいらっしゃるご家庭での事例です。お客様もウンウンと頷いておられました☆

  • 【コーキングの変色/洗面脱衣室】2012年2月17日(金)お家の点検1年目(富山市I邸)

    Q コーキングされた箇所が黄色く(※)なっているのは何故か?
    A 点検現場では「紫外線の影響」とお応えしましたが、少し気になったのでネットで調べてみました。
    07_KI1_コーキングの変色_01.jpg07_KI1_コーキングの変色_02.jpg

    ※ 浴室や洗面所の壁等のタイル目地や隙間を埋めるためにコーキング材が使われています。
    一般的なコーキング材はカビ発生防止のために防カビ剤が混入されているそうです。一般的な防カビ剤は紫外線によって変色(特に黄変)が起こりやすく、防カビ剤の添加量が多いほど防カビ効果は高くなりますが、黄変も激しくなってしまい、外観が悪くなる傾向もあるようですね。
    (参考/黄変防止性シリコーンシーラント/http://www.patentjp.com/08/L/L100007/DA10103.html)

  • 【収納の工夫/居室・2階ホール】2012年2月17日(金)お家の点検1年目(富山市I邸)

    2階の居室のデッドスペースを利用しての収納です。インテリアコーディネーターの配慮が光ります。
    奥様は大変重宝されているご様子。
    08_KI1_収納の工夫_01.jpg08_KI1_収納の工夫_02.jpg

    これは2階の手摺りを利用して棚が作られています。
    [2階への階段の最上段から] [振り返った奥には階段]   [2階ホールから]
    08_KI1_収納の工夫_03.jpg08_KI1_収納の工夫_04.jpg08_KI1_収納の工夫_05.jpg

  • 【収納の工夫/リビング】2012年2月17日(金)お家の点検1年目(富山市I邸)

    Q テレビ棚の下の段と床との間に引き出し(収納スペース)を作りたい。いくらになるのか?
    ホームセンターを探し回ったが、適当な物(寸法が合って、デザイン的にも良い)が見当たらなかった。引き出しがあれば、散らかってもすぐに片付けられるし、部屋の収納もアップするし~(笑)
    A 現状を確認。スケールで「縦、横、奥行き」の寸法を測りながら、口頭でおおよそのイメージを説明。協議の結果、2列か3列の引き出しで底部に車輪を付けた物をご提案することになりました。
    09_KI1_収納の工夫_01.jpg09_KI1_収納の工夫_02.jpg09_KI1_収納の工夫_03.jpg

  • 【結露について】2012年2月17日(金)お家の点検1年目(富山市I邸)

    Q 結露跡を検査。奥様にお聞きすると「結露はない」とのご返答でした。
    10_KI1_結露_01.jpg10_KI1_結露_02.jpg

    寝室の暖房器具はエアコン、リビングは蓄暖やエアコンとなっています。結露が発生する仕組みは「室内水蒸気量の増加と室温の低下」です。同じお家であっても「生活スタイル」によって変わってきます。
    例えば、石油ファンヒーターの場合は燃焼すると室内に水蒸気が発生したり、室内で洗濯物を干すと乾くことで室内の水蒸気が増えます。
    10_KI1_結露_03.jpg10_KI1_結露_04.jpg

    これは階段口に取り付けられたロールカーテンです。これを下げると、冬の間は1階リビングの暖気が2階へ逃げないようにしてくれますし、夏はその反対になります。1階と2階の暖気と寒気の対流をある程度防いでくれます。その分、室内の気温が安定しますので、光熱費の節約にもなります。
    10_KI1_結露_05.jpg10_KI1_結露_06.jpg