投稿者: 岩見誠

  • 春の訪れその2

    こんにちは。設計課の岩見です。

    今は春。令和元年です。新たな気持ちでいろいろ取り組んでいきます。

      

    桜の花も今年は長く咲いていました。途中雪が降る特別な春です。

      

     

    春らしい少し雪が残る立山連邦がきれいです。

    やはりお日さまの光のありがたみを感じます。

    今年も今年も「住みごこちのよい家」のお話ができればいいなと思います。

     

  • 春の気配

    こんにちは。設計課の岩見です。

    今年の冬は大変な大雪になりすごく大変でしたね。

    1か月前はまだ一面が雪が積もっていましたが、今は雪が解けて春の気配が感じられるようになりました。

          

    つくしや草木の花がちらほやと・・・。とても気持ちが良いですね。

    「住み心地のよい家」を考えるのはちょうど良い季節になりました。

    中田工務店は新年度4月からも引き続き”お日さまの光”がテーマです。

     

  • 秋の気配

    こんにちわ。設計課の岩見です。

    今は夏から秋に季節がかわり、日中の暑さも和らぎすごしやすくなりました。

    北陸地方は四季の風景がはっきりしているので、”お日さまの光”や風・雨・雪の音、草木の色などそれぞれが

    しっかりと感じることができます。

     

    草木

     

    その気配を住宅設計でうまく取り入れられれば「住みごごちのよい家」のご提案ができるのでないかと日々考え、過ごしています。

    秋は過ごしやすくいろいろなことをじっくりと考えるのには、ちょうど良い季節です。

    奥の立山連邦

    ただ今9月・10月・11月は”お日さまの光”がテーマです。

     

    奥の立山連邦が白くなる前に「住みごごちのよい家」のお話ができればいいなと思っています。