page top

点検ブログ

  • 【お掃除・薬剤(洗剤)の使い方について】2016年2月19日(金)お家の点検1年目(射水市H邸)

    Q 換気扇を掃除するのに市販の薬剤を買って使ってみたら、表面の塗膜が落ちてしまった(汗)

    現状を確認。お客様からその洗剤を見せて頂くと表面には「ガンコな汚れに」とあって裏面には「アルカリ性」と書かれていました。油汚れは強い洗浄作用で落ちますが、拭き残しには気をつけて頂くようお願いしました。

    10_NH01_お掃除・洗剤_01 10_NH01_お掃除・洗剤_02

     

    Q 階段手摺り化粧板の表面に汚れがある。「消しゴムで消せるかも・・」と聞いて試してみたが効果は無かった。

    まずは中性洗剤を試して頂くようお願いしました。

    [階段手摺り]

    10_NH01_お掃除・洗剤_03 10_NH01_お掃除・洗剤_04

     

    Q 床の拭き掃除で見つけた。水拭きで擦っても汚れが取れない。

    現状を確認。平らな床材を指でなぞってみると、ボンド跡と思われる部分に少しの盛り上がりが感じられました。洗剤を使う場合は「局所的に使ってみて効果が確認できた場合は全体に使う」ことをお勧めしましたが、お客様は「自分は少しずつ使うのは性に合わない」と苦笑い。難しい対応になります。

    [2階廊下]

    10_NH01_お掃除・洗剤_05 10_NH01_お掃除・洗剤_06

     

    Q 引き戸のスリット(隙間)の掃除をしようにもホコリがとりにくい。

    現状を確認。引き戸のレールや溝はホコリが溜まっても掃除しやすいように配慮されているのですが、スリットは「掃除するユーザーの立場になっていない」との結論。

    [浴室]

    10_NH01_お掃除・洗剤_07 10_NH01_お掃除・洗剤_08

     

    洗剤・薬剤(合成洗剤・洗浄剤等)について

    世の中にある中性洗剤やアルカリ性洗剤、酸性洗剤には「界面活性剤(油汚れ等を離して落とす)」が使用されています。中性洗剤は界面活性剤の作用で汚れを取り除くのですが、落としきれない汚れに対してアルカリや酸が使われます。

    アルカリ・・・油脂や組織のタンパク質と結合して溶かす(使用時のヌルヌルは皮膚のタンパク質を溶かしているのでゴム手袋が必要となります)。汚れは落ちるのですが、塗装面を荒らしたり変色したりしてしまうので、そのあとは拭いた部位が汚れやすくなるようです。

    酸・・・細菌や微生物に必要な酵素を分解。トイレ洗剤では除菌がメインとなる酸性洗剤となります。

    人間の皮膚は中性ではなく弱酸性で天然の除菌作用があるようです。「弱酸性ビオレ」は文字通り肌に優しいということですね。

     

    洗剤の種類には合成洗剤のほかに洗浄剤や漂白剤、研磨剤等がありますが、それぞれ特徴が異なっているので、裏面の説明書きをよく読んで使うことが良いと思われます。

  • 【浴室内の換気】2014年7月31日(木)お家の点検10年目(高岡市福岡町I邸)

    浴室は窓を開けて換気されているご様子。換気の際には空気の「入口と出口」を作って頂くよう、窓を開けて(入口)換気扇を回す(出口)になることを改めて紹介。窓や出入口を閉めて換気扇を回すと排水口からニオイが逆流することもあるので、気をつけて頂くようお願いしました。
    [浴室]
    08_AI10_浴室換気_01 08_AI10_浴室換気_02

  • 【キッチン換気扇フードのビス交換】2014年7月16日(水)お家の点検10年目(富山市八尾町A邸)

    お客様から以前に「網を取り外して掃除しようにもビスが回らない」とのお問合せがあり、今回の10年目点検を機に旧ビスを抜くことになりました。1箇所のビスが錆びており、なかなか抜けない状態。
    [建物左面/北側]
    04_AA10_換気扇フード_01 04_AA10_換気扇フード_02

    右手でドライバーを回しながら左手(反対側)はペンチでナットを固定させて上手に取り外せました。お客様が新しいビスをご用意しておられたので新品と取り替えになりました。
    04_AA10_換気扇フード_03 04_AA10_換気扇フード_04 04_AA10_換気扇フード_05

  • 【クッションフロアのふやけ・膨らみ】2014年3月29日(土)お家の点検2年目(富山市H邸)

    Q クッションフロアが少し膨らんできた。

    A 現状を確認。浴室が横にあって、室内にはドラム式の洗濯乾燥機、そして床暖房の暖気で洗濯物を

    乾かしておられるご様子。

    [洗面脱衣室]

    16_MH02_クッションフロア_01 16_MH02_クッションフロア_02

     

    空気清浄機はあるのですが、除湿機が無い状態。換気扇は風呂上り後の約2時間だけ回しておられるご様子。洗濯物が乾くということは衣類にしみ込んでいる水分が水蒸気になって室内に放出されるだけで室内全体を除湿・換気しないと、水蒸気は室内外を漂って結露化しやすくなると思われます。

    16_MH02_クッションフロア_03 16_MH02_クッションフロア_04

     

    換気や除湿の必要性を他の点検現場での事例を引用して紹介しました。

     

    [結露]

    床暖房は寒い時期には一日中点けっ放しとのことです。サッシ枠にはエコカラットが結露防止用に取り付けられていました。夜になると厚手のカーテンを敷くことで空気の対流がカーテンによって遮られて、サッシ枠の温度が下がることで結露化しやすい環境になる事例を紹介。

    [LDK/南側]

    16_MH02_クッションフロア_05 16_MH02_クッションフロア_06 16_MH02_クッションフロア_07

  • 【換気扇の強弱】2011年11月12日(土)お家の点検1年目(富山市婦中町N邸)

    Q 脱衣室の換気扇の強さを「弱」にしている時に分かったのであるが、回転スピードが途中で遅くなったりすることがあった。
    09_TN1_換気扇の強弱_01.jpg09_TN1_換気扇の強弱_02.jpg

    A 現状を確認。スイッチの強弱を切り替えて「弱」で確認してみましたが、今回は回転が遅くなる現象は見受けられませんでした。
    09_TN1_換気扇の強弱_03.jpg09_TN1_換気扇の強弱_04.jpg

    室内環境を見ると、近くに窓がありますが、閉め切った状態でも起こる現象だそうです。換気扇内部のホコリも関係していると思われますが、後日、メーカーに問い合わせて対処することをお約束。
    09_TN1_換気扇の強弱_05.jpg09_TN1_換気扇の強弱_06.jpg

  • 【トイレの換気扇】2011年9月14日(水)お家の点検5年目(富山市A邸)

    トイレの換気扇の向きが斜めになっている状態を発見。お客様にお聞きすると、換気扇を取り外してお掃除した後、取り付けられなくなったご様子。
    [1階トイレ/傾いている状態]
    07_YA5_トイレ換気扇_01.jpg07_YA5_トイレ換気扇_02.jpg

    そこで、大矢が取り付けることになりました。
    [カバーを外した状態]
    07_YA5_トイレ換気扇_03.jpg07_YA5_トイレ換気扇_04.jpg

    [本体のビスをドライバーで締める]
    07_YA5_トイレ換気扇_05.jpg07_YA5_トイレ換気扇_06.jpg

    [2階トイレ/傾いている状態]
    07_YA5_トイレ換気扇_07.jpg07_YA5_トイレ換気扇_08.jpg

    [いったんカバーを外す]
    07_YA5_トイレ換気扇_09.jpg07_YA5_トイレ換気扇_10.jpg

    [本体をビスで留める]
    07_YA5_トイレ換気扇_11.jpg07_YA5_トイレ換気扇_12.jpg

    取り付け完了です☆

  • 【換気の必要性】2011年6月21日(火)お家の点検5年目(富山市婦中町K邸)

    お客様宅は24時間換気システムの機械換気のタイプです。各部屋の給気口から新鮮な空気が入ってくるようになっていますが、空気の流れは通常の換気扇と違って、大変ゆっくりとした速さになっているので、窓やドアを開ける換気も必要となります。
    人の出入りが少なく空気の流れが止まっている部屋の場合、季節によってはカビの発生もあるので、押入れ等を少し開けて換気(風通しを良くする)を促したほうが良いと思われます。
    07_YK5_換気の必要性_01.jpg07_YK5_換気の必要性_02.jpg

    天井取り付け型の24時間換気システム。フィルターの交換は定期的に実施されているそうです。
    07_YK5_換気の必要性_03.jpg07_YK5_換気の必要性_04.jpg

  • 【1年目点検の出来事】5月18日(水) 定期点検5年目(富山市T邸)

    1年目点検の際、6箇所のベンドキャップを違う形状に取り替えた経緯がありました。
    [当初の形状]       [取り替えた形状]
    04_DT5_過去の出来事_01.jpg04_DT5_過去の出来事_02.jpg

    記録を見ると、「風の強い日はお隣の空き地からの土ぼこりがひどく、常時回しっ放しのトイレ換気扇等が目詰まりを起こして、換気ができない状態」だったようです。そこで、ベンドキャップの形状を替えたところ状況は改善されました。
    その後、数年経った今ではその空き地にお家が建って、土ぼこりの原因は無くなりました。