page top

点検ブログ

  • 【K邸の紹介】2014年5月10日(土)お家の点検5年目(富山市K邸)

    2014年5月10日(土)お家の点検5年目(富山市K邸)

    所要時間 13:24~15:20 晴れ

    スタッフ 前根、渡辺

     

    【K邸の紹介】

    お気に入りの場所は・・・「中庭」

    お客様宅の間取りは四方が壁で囲まれている中庭です。「人目を気にしないでバーベキュウ等を楽しめる」と大好評♪セカンドリビング的な発想かもしれません。

    01_HK05_紹介_01 01_HK05_紹介_02 01_HK05_紹介_03

     

    中庭をグルッと囲う間取り。上手に考えられています。プラン当時はお客様と設計士とが練りに練った発想だったそうです。

    キッチンもグルッと囲っている配置。奥様も前後左右と効率よく家事をこなせているご様子。

    01_HK05_紹介_04 01_HK05_紹介_05 01_HK05_紹介_06

     

    「お客様の声を聞かせてください」のアンケートです。

    お客様からの4年ぶりのアンケート(新築後の1年目では住み心地アンケート)では・・・

    「快適です」、「今後ともよろしくお願いします」というご感想を頂きました。ありがとうございます。

    01_HK05_紹介_07 01_HK05_紹介_08

  • 【点検枡】2014年5月10日(土)お家の点検5年目(富山市K邸)

    [雨水枡]

    雨水枡の点検を実施。枡内は特に異常はありませんでしたが・・・。

    [建物正面/北西側]

    02_HK05_点検枡_01 02_HK05_点検枡_02

     

    何故か・・・全部の雨水枡の蓋が逆さに入っていました。弊社スタッフの不手際かと思ったのですが、前回の2年目点検の記録を見ると実際に開け閉めしたようであり、何かのイタズラ?かもしれません。蓋が逆さになっていても問題ありませんが、少し驚いてしまいました・・・(汗)

    [建物右面/南東側]

    02_HK05_点検枡_03 02_HK05_点検枡_04

     

    [建物正面/南西側]

    02_HK05_点検枡_05 02_HK05_点検枡_06

     

    [汚水枡]

    点検を実施。白い油脂等が少し溜まっていました。

    [建物後面/東側/キッチン等]

    02_HK05_点検枡_07 02_HK05_点検枡_08

     

    お客様にも現状を確認して頂きました。溜まっている白い油脂等は年月の経過とともに次第に堆積して将来的には詰まることもあるので、ホースの水流で定期的に洗浄して頂くようお願いしました。

    [建物左面/北側/洗面脱衣室等]

    02_HK05_点検枡_09 02_HK05_点検枡_10

     

    生活排水等はこのように汚水枡を経由しながら排水管を通過して下水道の本管に流れていきます。例えば食器を洗う時に使用する洗剤は油汚れを分解・分離しますが、その洗剤排水が排水管を通る時に電子的・温度的な要因で油を切り離すという「油脂等が溜まる仕組み」を紹介。

    02_HK05_点検枡_11 02_HK05_点検枡_12

  • 【シーリングの経年変化等】2014年5月10日(土)お家の点検5年目(富山市K邸)

    シーリング剤の経年変化等の現状を確認。シーリング剤にはゴムのように弾力性があるので、外壁材の動き(湿度変化等による下地材の動きに追随)に伸び縮みしながら隙間が開かないようにしており、雨水の進入を防ぐ役割があります。建物の立地条件等(街中や周囲に何も無いの違い等々)によって太陽の紫外線による劣化現象の進行の違いはありますが、一般的に検査結果によっては10~15年目を目安にシーリングの打ち直し工事をしている事例を紹介。

    [建物正面/西側]

    05_HK05_シーリング_01 05_HK05_シーリング_02

     

    劣化・硬化等によるヒビ割れ箇所から雨水が進入しても内部には防水シートが施されているので、直接的な雨漏りの原因にはならないのですが、早めの対処が必要となります。

    また、外壁材の表面には防水塗装が施されていますが、塗膜が劣化してくるので将来的な外装工事にも備えて頂くようお願いしました。

    05_HK05_シーリング_03 05_HK05_シーリング_04

  • 【藻の落とし方】2014年5月10日(土)お家の点検5年目(富山市K邸)

    Q 先日、外壁に生えてきた藻を落としてみた。

    A 現状を確認。高圧洗浄機で汚れ・藻を落とす事例を紹介。高圧洗浄機の水流・水圧の加減を手元のレバーや外壁との距離などで調整しながら、外壁材の防水塗膜を削らないようにして頂くようお願いしました。

    [建物正面/西側]

    06_HK05_藻_01 06_HK05_藻_02

  • 【ドアストッパーが効かない】2014年5月10日(土)お家の点検5年目(富山市K邸)

    Q ドアストッパーが効かない。

    A 現状を確認。マグネット式のドアストッパーが効かなくなっている状態。2年目点検でも同様の指摘のあった箇所です。

    [LDK]

    07_HK05_ドアストッパー_01 07_HK05_ドアストッパー_02

     

    扉部分の丸型のマグネットが外れている状態。何度か取り外したりして試してみましたが、すぐには対処できませんでした。

    07_HK05_ドアストッパー_03 07_HK05_ドアストッパー_04

     

    そこで「受け」となるストッパー部品を取り外してメーカーへの調査・確認後、対処することをお約束。

    07_HK05_ドアストッパー_05 07_HK05_ドアストッパー_06

  • 【開き戸の異音】2014年5月10日(土)お家の点検5年目(富山市K邸)

    Q 開閉時に「バキッ」と大きな音がする。

    A 現状を確認。クローザーの接合部が錆びているようで摩擦が大きくなっていました。

    [2階ベランダ/北側]

    08_HK05_開き戸異音_01 08_HK05_開き戸異音_02 08_HK05_開き戸異音_03

     

    潤滑油(CRC)と背の低い脚立をお客様からお借りして、数回吹き付け・何度か開け閉め・馴染ませることで異音が解消されました。屋外にクローザーがあるので、錆びやすい環境であると思われます。

    なお、鍵穴の場合はCRCではなく「鍵穴パウダー」を使って頂くようお願いしました。

    08_HK05_開き戸異音_04 08_HK05_開き戸異音_05