【勝手口扉の開閉がしにくい】2014年8月11日(月)お家の点検10年目(富山市Y邸)2015.3.7|

Q 勝手口の扉が開閉しにくい。
[キッチン]
08_KY10_勝手口扉_01 08_KY10_勝手口扉_02

現状を確認。開閉時の金物を補正しました。
08_KY10_勝手口扉_03 08_KY10_勝手口扉_04

対処完了。支障なく上げ下げ開閉が楽になりました。お客様にも確認して頂きました。
08_KY10_勝手口扉_05 08_KY10_勝手口扉_06

【開き戸が閉まらない】2014年7月1日(火)お家の点検1年目(富山市I邸)2015.3.6|

Q トイレの開き戸が完全に閉まらない。
[1階トイレ]
06_MI01_開き戸_01 06_MI01_開き戸_02

現状を確認。ドライバーで丁番の奥行き等を補正してみましたが、改善できませんでした。
06_MI01_開き戸_03 06_MI01_開き戸_04

施工済みの扉の丁番を少し移動させて閉まるように補正することが必要と判明。後日、対処することをお約束。
[下/丁番と扉の結合位置が凸] [上/丁番と扉の結合位置が水平]
06_MI01_開き戸_05 06_MI01_開き戸_06

【扉が前後に動く】2014年7月1日(火)お家の点検1年目(富山市I邸)2015.3.6|

扉を閉めた状態でも前後に扉が少し動く現象。ラッチ受けの「遊びの部分」が少し大きかったので、ドライバーでラッチ受けを補正しました。
[リビング]
07_MI01_扉が前後に動く_01 07_MI01_扉が前後に動く_02

【開き戸を開けすぎて傷をつけることがあるかも・・・】2014年6月20日(金)お家の点検1年目(富山市N邸)2015.3.6|

Q 子供が開き戸のストッパーを越えて開けることもあり、ドアが傷つくかもしれない。
A 現状を確認。普通に(大人が)ドアを開ける場合は加減することでマグネット式のストッパーが正常に反応・機能しますが、お子様の場合は手加減しないで思い切って開けることもあるそうで、傷がつくかも・・・と心配されているご様子。
[LDK]
07_AN01_開き戸ストッパー_01 07_AN01_開き戸ストッパー_02

このように勢いが加わると、マグネットを通り越してしまう現象のようです。
07_AN01_開き戸ストッパー_03 07_AN01_開き戸ストッパー_04

扉がマグネットをオーバーして開くと、どの部分でぶつかって、どの箇所で衝撃を緩和させるか検証した結果、最初に当たる箇所は扉の下ではなく、上の部分でした。この箇所に涙目(クリアバンパー)を取り付けて傷がつくのを防ぐようにしました。(透明の丸い物体が貼られているのが見えますか?)
07_AN01_開き戸ストッパー_05 07_AN01_開き戸ストッパー_06

【開き戸の引っ掛かり】2014年6月20日(金)お家の点検1年目(富山市N邸)2015.3.6|

開き戸の開閉の際に扉の端っこ(先端)が少し引っ掛かる状態でした。そこで、丁番を調整して傾きを補正することになりました。
[洗面脱衣室]
08_AN01_開き戸引っ掛かり_01 08_AN01_開き戸引っ掛かり_02

上下にある丁番を調整することで扉の傾きや奥行き等を補正して現状を改善。
08_AN01_開き戸引っ掛かり_03 08_AN01_開き戸引っ掛かり_04

【Y邸の紹介/オシャレ感の先取り♪】2014年5月30日(金)お家の点検10年目(富山市Y邸)2014.6.27|

2014年5月30日(金)お家の点検10年目(富山市Y邸)

所要時間 9:40~11:48 晴れ

スタッフ 前根、渡辺

 

【Y邸の紹介/オシャレ感の先取り♪】

天井に配してあるのはアンティークビーム(擬木)という古びた木材に似せた部材です。本物の古木ではないのですが、シッカリと風情が感じられる一品ですし、オシャレな店舗にも数多く採用されています。木製サッシが薄っすらと見える窓、アイアン製のカーテンレール、そして腰壁仕様等々。10年経った今でも新築当時の美しさが今なお保たれていますし、それ以上かもしれません。

01_KY10_紹介_01 01_KY10_紹介_02 01_KY10_紹介_03

 壁は塗り壁です。無垢材の室内ドアとの調和が見事にマッチしており、ガラス入りという仕様がオシャレ度をアップさせています。輸入の洗面化粧台もカランがステキですよね♪

01_KY10_紹介_04 01_KY10_紹介_05 01_KY10_紹介_06

 定期的に欠かさず防水塗装されている無垢の玄関ドア。ドアの外側は内側に比べると少し色あせてはいますが、重厚感のある自然な感じを好まれるお客様にとっては是非とも新築のお家に取り入れたいアイテムのひとつですよね。

01_KY10_紹介_07 01_KY10_紹介_08 01_KY10_紹介_09

 玄関の間取りや定期的なメンテナンス等によって、10年という長い歳月を経過した今でも雨水による表面や底部の腐蝕等から回避されて、美しい姿を今もこれからも保ち続けると思われます。

【開き戸の開閉調整】2014年5月30日(金)お家の点検10年目(富山市Y邸)2014.6.27|

Q 扉を最大限に開けると床のストッパーに当たる前に操作パネルに当たって誤作動が起こる。

A 現状を確認。プラン・施工の配慮が足りなかったと思われます。丁重に謝罪しました。

11_KY10_開き戸_01 11_KY10_開き戸_02

 Q 湿度が高い時期になると、木が伸びる・膨らむのか、扉の底部が床に擦ってしまう。

A 現状を確認。オシャレな輸入ドアです。擦り始めてくる角度は開いて約90度からだそうです。

11_KY10_開き戸_03 11_KY10_開き戸_04

 現在はまだ乾燥している時期なので、扉の開閉は特に支障はありません。床に擦るのを防ぐには丁番を上下に補正するか、思い切って扉の底部を削る方法があります。この扉は2次元丁番であり、上下の高さ調整だけが可能となっています。

[戸先]           [丁番近く]

11_KY10_開き戸_05 11_KY10_開き戸_06 11_KY10_開き戸_07

【お客様DIY】2014年5月19日(月)お家の点検10年目(富山市K邸)2014.6.22|

「以前にリビングドアが床を擦っていたが、自分で丁番を調整して扉を上にあげてみた。」とお客様。

[LDK]

13_HK10_お客様DIY_01 13_HK10_お客様DIY_02

 5年目点検の時に「壁にフックを取り付けたい」という質問があり、壁の中の下地材の見つけ方で「下地探し器」と言うアイテムを紹介していました。それを利用してお客様ご自身でビスや釘等で打ちつけられたものと思われます。フックの素材が木製で周囲との調和がとれてステキに仕上がっています。

[玄関ホール]

13_HK10_お客様DIY_03 13_HK10_お客様DIY_04

【開き戸の調整方法】2014年5月17日(土)お家の点検5年目(滑川市O邸)2014.6.19|

Q 以前、扉が横(ラッチ側)に出すぎて閉まらないことがあったが、今は支障なく閉まる。でも、閉めた時に扉が前後に少し動く状態であり、直す方法を教えて欲しい。

A 現状を確認。ラッチ受けの金具を微調整しても現象は改善できませんでした。

[LDK]

07_YO05_開き戸_01 07_YO05_開き戸_02

 そこで丁番で扉を補正する方法になるのですが、この丁番の固定ネジを緩めるには専用の六角レンチが必要となっています。後日、専門スタッフに対応依頼することをお約束。

07_YO05_開き戸_03 07_YO05_開き戸_04

【開き戸の異音】2014年5月10日(土)お家の点検5年目(富山市K邸)2014.5.29|

Q 開閉時に「バキッ」と大きな音がする。

A 現状を確認。クローザーの接合部が錆びているようで摩擦が大きくなっていました。

[2階ベランダ/北側]

08_HK05_開き戸異音_01 08_HK05_開き戸異音_02 08_HK05_開き戸異音_03

 

潤滑油(CRC)と背の低い脚立をお客様からお借りして、数回吹き付け・何度か開け閉め・馴染ませることで異音が解消されました。屋外にクローザーがあるので、錆びやすい環境であると思われます。

なお、鍵穴の場合はCRCではなく「鍵穴パウダー」を使って頂くようお願いしました。

08_HK05_開き戸異音_04 08_HK05_開き戸異音_05

1 / 1812345...10...最後 »
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!