【開き戸のガタツキ】2014年3月19日(水)お家の点検2年目(富山市I邸)2014.4.4|

開き戸の開閉テストを実施。閉めた状態で扉が前後に少し動くようでした。ラッチがラッチ受けに

シッカリと収まるようにドライバーで受け金物を補正。

[リビング]        [2階居室]

06_SI02_開き戸ガタツキ_01 06_SI02_開き戸ガタツキ_02

【開き戸の引っ掛かり】2013年12月21日(土)お家の点検2年目(富山市婦中町N邸)2014.2.28|

Q 開閉の時に引っ掛かりがある。

A 現状を確認。ラッチ受けと丁番をドライバーで補正します。

[1階トイレ]

09_HN02_開き戸引っ掛かり_01 09_HN02_開き戸引っ掛かり_02

[上の丁番]        [下の丁番]

09_HN02_開き戸引っ掛かり_03 09_HN02_開き戸引っ掛かり_04

【開き戸のがたつき】2013年12月21日(土)お家の点検2年目(富山市婦中町N邸)2014.2.28|

Q 開閉の際に扉が少し上下に動く。

A まずは下の丁番を補正。

[洗面脱衣室]

10_HN02_開き戸がたつき_01 10_HN02_開き戸がたつき_02

次に上の丁番を補正。

10_HN02_開き戸がたつき_03 10_HN02_開き戸がたつき_04

お客様へ開き戸の丁番の補正や傾き対処などのメンテナンス方法を助言。

10_HN02_開き戸がたつき_05 10_HN02_開き戸がたつき_06

[2階トイレ]

丁番のビスは回す箇所によって傾き等が変化します。

[下の丁番]

11_HN02_丁番_01 11_HN02_丁番_02 11_HN02_丁番_03

[上の丁番]

11_HN02_丁番_04 11_HN02_丁番_05

上と下の丁番を動かすとどうなるのか?立体的な動きが頭の中でイメージ化されていると思います。

【ドアノブの緩み】2013年12月21日(土)お家の点検2年目(中新川郡立山町S邸)2014.2.28|

開き戸のノブが緩んでいるのを発見。

[DK]

07_MS02_ドアノブ_01 07_MS02_ドアノブ_02

永原がドライバーを手に持ってノブの根元のビスを増し締めして現状を改善。点検スタッフの横窪をサポートしています。

07_MS02_ドアノブ_03 07_MS02_ドアノブ_04

【開き戸の引っ掛かり】2013年12月16日(土)お家の点検2年目(富山市M邸)2014.2.28|

閉めた状態でラッチのかみ合わせが少し悪かったので、ラッチ受けの金物を補正。

[1階トイレ]

09_MM02_開き戸_01

【開き戸のがたつき】2013年11月27日(水)お家の点検1年目(富山市婦中町D邸)2014.2.27|

開閉テストを実施。扉にガタツキ(ラッチとラッチ受けのかみ合わせが悪い)があったので、丁番を補正することにしました。

[上の丁番]

07_TD01_開き戸_01 07_TD01_開き戸_02

[下の丁番]・・・メーカーによって丁番仕様は異なります・・・

07_TD01_開き戸_03 07_TD01_開き戸_04

[最後はラッチ受け]・・・補正完了・・・

07_TD01_開き戸_05 07_TD01_開き戸_06

【ロックされる角度が違う】2013年11月27日(水)お家の点検1年目(富山市婦中町D邸)2014.2.27|

Q ドアをロックする場合、普通は「縦が開く、横が閉まる」感覚であるが、2階は「横向きで開く、1階は縦向きで開く」となっている。

[1階トイレ]

08_TD01_ロック向き_01 08_TD01_ロック向き_02

現状を確認。2階トイレの「閉まる/ロック」を縦から横向きにすることにしました。

08_TD01_ロック向き_03 08_TD01_ロック向き_04

ロック金具を解体して向きを「横向き」ロックに補正。

08_TD01_ロック向き_05 08_TD01_ロック向き_06

今回は横向きでロック状態に補正しましたが、室内ドアの一般的なロックの向きは地域・場所等によって違うこともあると思います。

【開き戸のラッチが掛かりにくい】2013年11月21日(木)お家の点検1年目(魚津市O邸)2014.2.27|

Q 「自分が知らないうちに壊してしまったのかと思った・・・(笑)」と奥様。

A 現状を確認。ラッチがラッチ受けに入っていない状態でした。そこでドライバーでラッチ受けの金物を補正することになりました。

[リビング]

06_TO01_開き戸ラッチ_01 06_TO01_開き戸ラッチ_02

ラッチ受けの金物の場所を少しずらして現状を改善。

06_TO01_開き戸ラッチ_03 06_TO01_開き戸ラッチ_04

意外と簡単に不具合を直す石丸を見て、非常に感心されたご様子。

【開き戸の開閉】2013年11月18日(月)お家の点検1年目(富山市T邸)2014.2.27|

Q ドアを閉める時、端っこが枠に引っ掛かる。

A 現状を確認。季節や天候の湿度変化等による木部の「反り」や「痩せ」等の現象が原因と思われます。そこでドライバーで丁番を調整・補正しています。

[1階トイレ]

08_MT01_開き戸_01 08_MT01_開き戸_02

リビングドアも1階トイレと同様の現象でした。ドライバーで丁番を補正、改善前と改善後の扉の状態(傾き等)をジェスチャーで紹介しています。

[LDK]

08_MT01_開き戸_03 08_MT01_開き戸_04

実際に丁番の補正方法をお客様の目の前で実演。最初に丁番の真ん中の固定ビスをいったん緩めて、次に両端のビスの動かし方によって扉が動く様子を紹介しています。

[2階居室]

08_MT01_開き戸_05 08_MT01_開き戸_06

下にも上と同じ機能の丁番があります。上下で立体的な扉の動きが可能となります。

08_MT01_開き戸_07 08_MT01_開き戸_08

【開き戸の開閉】2013年11月16日(土)お家の点検1年目(高岡市O邸)2014.2.26|

開き戸の開閉テストを実施。「遊びの部分」が少し大きくなっていたので、ドライバーで丁番とラッチ受けの部分を補正して現状を改善。

[LDK/洗面脱衣室側]

10_RO01_開き戸_01 10_RO01_開き戸_02

[2階居室]

10_RO01_開き戸_03 10_RO01_開き戸_04

※ 「遊びの部分」は一般的によく使われる言葉ですが、急激な力が及ぶのを防ぐ為に部品の結合にゆとりを持たせることのようです。

1 / 1712345...10...最後 »
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!