【サッシのゴムパッキンの剥がれ】2016年11月22日(火)お家の点検10年目(富山市K邸)2017.3.4|

サッシの角の部分のゴムパッキンが浮いているのを発見。太陽の紫外線等による劣化と思われます。後日、対処することになりました。

[LDK/東側]

04_YK10_サッシのゴムパッキン_01 04_YK10_サッシのゴムパッキン_02 04_YK10_サッシのゴムパッキン_03

 

[勝手口/東側]

04_YK10_サッシのゴムパッキン_04 04_YK10_サッシのゴムパッキン_05 04_YK10_サッシのゴムパッキン_06

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【複層ガラスの10年保証】2016年11月1日(火)お家の点検5年目(富山市婦中町N邸)2017.3.4|

複層ガラスの内部に結露することで曇ってしまう現象(ガラスの表面を拭いても曇りが改善されない)があることを紹介。メーカーによる無償交換による保証は10年間であり、引渡し(住み始め)からではなく、サッシの製造日から10年間であること、気づいた時は次回の訪問検査を待たずに弊社に連絡して頂くようお願いしました。

12_HN05_複層ガラスの保証_01 12_HN05_複層ガラスの保証_02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【風の強い日に物音がする】2016年7月2日(土)お家の点検5年目(富山市水橋O邸)2017.3.3|

Q 風の強い日、寝ている時にカタカタと音がしていた。

A 現状を確認。サッシ周りを探してみると、サッシのレールではなく外壁側にある部位がカタカタ鳴ることが分かりました。この部材はサッシ内に雨水が入り込んだ際の排水口の役割があります。お客様と協議の結果、音が鳴らないように対処することになりました。

[2階居室/西側]

06_JO05_強風時ら物音_01 06_JO05_強風時ら物音_02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【複層ガラスの10年保証】2016年7月2日(土)お家の点検5年目(富山市水橋O邸)2017.3.3|

複層ガラスの内部が結露化することによって曇ったように見える(ガラスの表面を拭いても曇りが取れない)現象があります。これに対してはメーカーで無償による交換保証10年となっていますが、お引渡し(住み始め)からではなく、サッシの製造日から10年間になっています。

弊社で建築されたお客様へは訪問検査の都度ご案内しているのですが、弊社以外で定期的な訪問検査の無いお家の方々も知っておいたほうが良いと思われます。

[2階ホール/南側]

07_JO05_複層ガラス保証_01 07_JO05_複層ガラス保証_02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【オペレーター付き窓の鎖が長すぎる】2016年2月25日(木)お家の点検1年目(高岡市S邸)2016.3.15|

オペレーターのチェーン(鎖)が長すぎて垂れ下がって邪魔になっている。

[洗面脱衣室]

05_JS01_オペレーター付き窓_01 05_JS01_オペレーター付き窓_02

 

現状を確認。手の届きにくい窓の開け閉めにはこのようにオペレーターに鎖が付いたものが重宝されます。わざわざ台に上がらなくても鎖を引っ張ることで楽に開閉できます。鎖が長すぎる場合は途中で切るのですが、勘に頼って適当に切るのではなくオペレーターが通る鎖のパターンを考慮して切る必要があります。

05_JS01_オペレーター付き窓_03 05_JS01_オペレーター付き窓_04 05_JS01_オペレーター付き窓_05

 

途中で切るポイントを設定してペンチで切り詰めました。以前よりも短くなって垂れ下がることはなくなって使いやすくなりました。

05_JS01_オペレーター付き窓_06 05_JS01_オペレーター付き窓_07 05_JS01_オペレーター付き窓_08

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【M邸の紹介/私たちのお家で1年間生活体験した感想】2016年2月23日(火)お家の点検1年目(富山市M邸)2016.3.15|

2016年2月23日(火)お家の点検1年目(富山市M邸)

所要時間 12:58~13:54 曇り

スタッフ 砂田、中谷、渡辺

 

【M邸の紹介/私たちのお家で1年間生活体験した感想】

お客様に1年間住まわれて感じた感想をお聞きしました。

01_KM01_生活体験_01 01_KM01_生活体験_02

 

A 床暖房はとても暖かい。

お客様は「床暖房にして本当に良かった」としみじみと感じておられるご様子。床暖房の施工範囲はLDKのほか洗面脱衣室などにも至っています。階段は吹き抜けになっているのですが、冬の時期特有の冷気・寒気が2階から降りてくるという寒さは感じないとのことです。

[LDK]

01_KM01_生活体験_03 01_KM01_生活体験_04

 

[スイッチ・コンセントの位置]

A やっぱりダイニングテーブルの近くにコンセントがあれば良かった。

お客様はテーブルでホットプレートを使う時は壁際カウンターから延長コードで伸ばしているご様子。キッチン側にも電源が欲しいこともあり両方からの使用に対して間仕切りカウンターの壁にコンセントがあれば良かったようです。プラン当時は提案していたのですが、今思うと残念で仕方がありません。

[ダイニング]        [間仕切り壁]

01_KM01_生活体験_05 01_KM01_生活体験_06

 

A 窓枠などに結露がある

睡眠時の呼吸によって体内の温かい水蒸気が室内に放出、室温の低下等につれて結露化するのは一般的に起こり得る現象となります。

お客様宅では大量の洗濯物を2階の一室で床暖房の暖気・乾燥のチカラを利用して乾かしています。3枚引き違い戸を開けっ放しにすることで1階から2階にあがってくる床暖房の暖気を存分に取り入れることができるので非常に重宝されるのですが、衣類から放出された大量の水蒸気が暖かい空気と一緒に室外に移動して他の部屋(閉めっ放しで室温が低い)で結露化しているとも考えられます。

(参考/飽和水蒸気量の関係・・温度と空気中に含めることができる水蒸気量と結露化など)

[2階物干し場]

01_KM01_生活体験_07 01_KM01_生活体験_08

 

現在の結露化している状態。今回はそれほど水滴が見受けられなかったのですが、お客様が結露を気にされているということは結露の量や範囲が今以上とも考えられます。

[2階居室]

01_KM01_生活体験_09 01_KM01_生活体験_10

 

床暖房は室内が過乾燥になる傾向にあるのですが、ご家族の健康を考えると、ある程度の室内干しは湿度の適正化に有効となります。結露をある程度抑える方法として「換気扇を回す、除湿機を使う」ことがあげられます。

01_KM01_生活体験_11 01_KM01_生活体験_12 01_KM01_生活体験_13

 

結露はお家内外の温度差によるところが大きいのですが、室内干しや石油ファンヒーター等によって室内から放出・発生することで起こる事例が点検現場では数多く見受けられます。私たち点検スタッフは様々な点検現場の事例・現象を紹介しながらお客様に知って(気づいて)頂くよう努めています。

01_KM01_生活体験_14 01_KM01_生活体験_15 01_KM01_生活体験_16

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【目隠しルーバーの設置】2015年5月30日(土)お家の点検10年目(富山市M邸)2016.3.15|

Q 洗面脱衣室と浴室の窓に目隠しルーバーを取り付けたい。

A 目隠しルーバーを取り付けると窓からの視界は悪くなりますが、通風や採光、プライバシーの保護などのメリットがあります。お客様は留守中にも換気をしたいとのこと。留守中にサッシが開いているのが外から丸見えになっていると防犯上良くないと思われます。後日、対処することになりました。

[洗面脱衣室]        [浴室]

04_KM10_目隠しルーバー_01 04_KM10_目隠しルーバー_02

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【結露がひどい】2015年5月30日(土)お家の点検10年目(富山市M邸)2016.3.15|

Q 結露がひどい。友人・知人の家と比べているが、やっぱり結露が非常に多い。

現状を確認。今回の訪問検査の前にお客様がお掃除されていたようですが、結露跡は見受けられました。

前回の5年目点検ではリビングが北向きでサッシ仕様、石油ファンヒーターの使用頻度や室内干しの量、室温の変化等による結露化と説明していたのですが、今回はもう少し聞き込みしました。

[LDK/北側]

11_KM10_結露_01 11_KM10_結露_02

 

暖房器具は主に蓄暖。室内は高温で過乾燥になる傾向があります。洗濯物が乾きにくい冬場は鴨居等にハンガーを並べてリビングと和室の間などで大量に干しておられるご様子。除湿機もあるのですが、衣類からの水蒸気放出量のほうが多くて除湿機の機能が追いつかないとも考えられます。

11_KM10_結露_03 11_KM10_結露_04

 

結露の原因についてはお家の周辺環境や間取り、サッシ仕様、暖房設備、生活スタイル等によって同じお家でも大きく違うこともあって単純に比較できないのが現実です。この地域は風が強く、北風が直接当たる環境によって冷やされやすいこともあります。

11_KM10_結露_05

 

蓄暖の出力や運転時間等で2階の暖房をまかなう(家中が暖かい)こともできるのですが、暖かい部屋で室内干しをして洗濯物から空気中に放出された水分(暖かく湿った空気)がLDKから2階に移動すると急激に冷やされて窓ガラスが結露化してしまうこともあります。ガラス面には結露吸収シートが貼られていましたが、湿った暖気と寒気が対流する・ぶつかると結露化する仕組みを考えると仕方のない現象かもしれません。

[2階居室]

11_KM10_結露_06 11_KM10_結露_07

 

階段の入口にロールカーテン等を取り付けて、暖かく湿った空気と2階の冷やされた空気がぶつかる・対流を遮断することが結露を軽減させるひとつの方法になると思われます。

[階段口]          [2階ホール]

11_KM10_結露_08 11_KM10_結露_09

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【雨垂れ・藻の確認】2015年11月24日(火)お家の点検1年目(高岡市T邸)2016.2.20|

1年目点検だからでしょうか、雨垂れ跡はほとんど見受けられません。雨垂れや藻には様々な原因があるのですが、ひとつは立地条件(周囲の建物の有無)があり、隣家がある場合と空き地・田畑等の場合でも状況は異なってきます。

また、他の点検現場で5年目点検での様子を見ると、水切りがあるのと無いのとでは「あったほうがキレイ」という結果になっています。水切り部材の価格は比較的安価ですし、部材設置による全体的な印象もそれほど変わらないので、外壁の汚れを気にされる方は取り付けたほうが良いかもしれません。

[建物左面/東側]      [建物後面/南側]

05_RT01_雨垂れ_01 05_RT01_雨垂れ_02 05_RT01_雨垂れ_03

 

全てのサッシの両サイド下には雨垂れ防止用の水切りが取り付けられており、黒い雨垂れ跡が目立たないような工夫・配慮になっています。

[建物周り]

05_RT01_雨垂れ_04 05_RT01_雨垂れ_05

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

【N邸の紹介/室内干しのコツとは?】2015年11月21日(土)お家の点検1年目(富山市N邸)2016.2.20|

2015年11月21日(土)お家の点検1年目(富山市N邸)

所要時間 15:06~15:57 曇り

スタッフ 砂田、渡辺

 

【N邸の紹介/室内干しのコツとは?】

室内で洗濯物を早く乾かす方法とは?「日照」「気温」「湿度」「風」がキーワードとなっています。室内で乾かす場合は「日照」以外(日当たりの良いサンルームは別かも)の方法になります。限られた部屋の広さで空気中に含むことができる水蒸気量は室温によって決まっています。気温と湿度の関係で飽和水蒸気量というのがありますが、ピンと来ないかもしれません。

天候が悪く乾きにくい季節は室内干しされるのが一般的ですが、新築されたお客様の中には晴れても屋外では干さずに室内(洗面脱衣室やサンルーム等)だけで干される方も・・。室内なので天候に関わらず洗濯物を乾かさなくてはイケナイからちょっとした工夫が必要となります。

01_KN01_紹介_01 01_KN01_紹介_02

 

濡れた洗濯物から放出される水分はドコに行くのでしょうか?外に干す場合は、風に乗って水分が放出されますが、室内の場合は洗濯物から室内に水蒸気が移った後の行方が問題になります。除湿(除湿機やエアコン)や換気(換気扇)しないと室内に残るので雑菌の繁殖や結露の原因にもなります。

また、除湿機以外に扇風機を併用しているご家庭もあります。これが冒頭にある「風」ですが、洗濯物を乾かすのにどう関係しているのでしょうか?

洗濯物から放出された水分は一気に拡散するのではなく、少しずつ拡散していくのですが、水分が混み合うことでその周囲の湿度が高くなります。その部分に風を当てると混み合った水分が吹き飛ばされるので次の水分が放出されやすくなり、これが「風/空気の流れを作る」の役割だそうです。

 

お客様宅ではサンルーム内に除湿機を置いて洗濯物が早く乾くように心掛けておられますが、お子様が大きくなるにつれて洗濯物が増えて回数が多くなってきたご様子。

[洗面脱衣室]

01_KN01_紹介_03 01_KN01_紹介_04

 

リビングにも洗濯物を干さざるを得ない環境は寒い冬場でしたらどこのご家庭でも見受けられます。リビングではエアコンの除湿機能によって乾きやすくなっています。サッシのゴム枠には室内干し・室内水蒸気の増加による結露化は見受けられませんでした。

[リビング]         [リビング/西側]

01_KN01_紹介_05 01_KN01_紹介_06

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
1 / 1512345...10...最後 »
施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!