【シーリングのヒビ割れ】2016年7月8日(金)お家の点検5年目(富山市婦中町I邸)2017.3.3|

お家の立地条件・周辺環境等によってシーリングに少しヒビ割れが発生することもあります。

[建物左面/南側]

04_SI05_シーリングのヒビ割れ_01 04_SI05_シーリングのヒビ割れ_02

 

シーリングが太陽の紫外線等による経年劣化等でヒビ割れが発生してきても下地には防水シートが施してあるので、直接的な雨漏りの原因にはならないと思われますが、今後は将来的な改装計画も少しずつ検討して頂くようお願いしました。

[建物後面/西側]

04_SI05_シーリングのヒビ割れ_03 04_SI05_シーリングのヒビ割れ_04

【シーリングの劣化?汚れ?】2015年8月20日(木)お家の点検5年目(富山市N邸)2016.2.19|

Q シーリングが白く変色しているのでは?

A 現状を確認。発見当初はこの部分だけのシーリングが経年劣化しているように見えました。

[建物前面/東側/玄関横]

03_JN05_シーリング_01 03_JN05_シーリング_02

 

お客様ご自身がDIYで対処されるご様子だったので、点検スタッフの前根が常備しているシーリング剤をお見せして「仕上がりがキレイになるよう、養生テープを周囲に貼った後にシーリングを充填。ヘラで均等に均して乾くのを確認して養生テープを剥がす」手順ですると見栄えが良くなると思われます。

03_JN05_シーリング_03 03_JN05_シーリング_04

 

他のシーリングと比較すると、この箇所だけが色違い。部分的な泥汚れが想定されたので、タオルで擦ってみると泥が落ちてシーリング本来の色に戻りました。特に問題はありませんでした。

03_JN05_シーリング_05 03_JN05_シーリング_06

【シーリングの切れ】2014年8月11日(月)お家の点検10年目(富山市Y邸)2015.3.7|

外壁同士の間に施してある弾性シーリング剤にも紫外線等による経年劣化があります。実際に指で押し当てて弾性の有無を確認することで劣化(硬化)状態を判断することもできます。よく見るとシーリングの片方が少し切れている状態ですが、現段階では特に異常はありません。将来的には経年劣化に対する改装計画を頭に入れて頂くようお願いしました。
[建物後面/南側]
05_KY10_シーリングの切れ_01 05_KY10_シーリングの切れ_02 05_KY10_シーリングの切れ_03

【シーリング剤の経年変化等】2014年5月16日(金)お家の点検10年目(富山市M邸)2014.6.18|

Q 外壁材同士の間に打ってあるシーリング剤に隙間や切れがある。

A 現状を確認。弾性のあるシーリング剤が経年変化等によって少しずつ硬化・劣化して隙間が発生していました。

[建物後面/北側]

04_MM10_シーリング_01 04_MM10_シーリング_02

 [シーリングの切れの様子]

04_MM10_シーリング_03 04_MM10_シーリング_04

 お客様が普段から使っておられるシーリング剤を見せて頂きました。太陽の紫外線等で劣化・硬化が徐々に進んで今回のような「切れやヒビ割れ等」が発生してきます。一般的には(周辺環境等の立地条件等にもよります)雨水の進入を防ぐのに10年~15年を目安に改装工事をされている事例を紹介。

04_MM10_シーリング_05 04_MM10_シーリング_06

 改修工事等に係る費用はある程度大きくなるので、手の届く範囲は脚立等を使ってDIYで対処することも検討に入れておくのも良いかもしれません。

【外壁材の割れ】2014年5月16日(金)お家の点検10年目(富山市M邸)2014.6.18|

Q 外壁材が割れてきた。

A 現状を確認。L型に加工された外壁材に目地を入れていなかった施工方法・納め方によるものと思われます。目地を入れることで外壁材に建物内外から加わる力を逃がす(シーリング剤の弾性を利用)ように施工すればヒビ割れ現象を回避できたのかもしれません。

[建物正面/南側/リビング]

06_MM10_外壁材の割れ_01 06_MM10_外壁材の割れ_02

 そこでヒビ割れ部分を補修することになりました。

まずはドライバーの先端でシーリング剤が充填しやすいようにヒビ割れ箇所をVカット・削ります。この外壁材は窯業系となっています。

06_MM10_外壁材の割れ_03 06_MM10_外壁材の割れ_04

 ヒビ割れ箇所への補修跡がキレイに仕上がるように養生テープを周りに貼っています。

06_MM10_外壁材の割れ_05 06_MM10_外壁材の割れ_06

 今回はお客様からシーリング剤をお借りしてヒビ割れ箇所に充填しました。

06_MM10_外壁材の割れ_07 06_MM10_外壁材の割れ_08

 金ヘラでシーリング剤を均等に均して補修完了。乾くのを見計らって養生テープを剥がして頂くようお願いしました。

06_MM10_外壁材の割れ_09 06_MM10_外壁材の割れ_10

【シーリングの経年変化等】2014年5月15日(木)お家の点検10年目(射水市N邸)2014.6.16|

現状を確認。外壁材の目地(継ぎ目/ジョイント)の部分に施してある弾性シーリング剤が劣化・変色して目立っていました。前回の5年目点検の時にお客様へ「外壁の塗料」をお渡ししており、脚立にのぼってDIYで塗っておられた形跡が見受けられました。

[建物左面/南側]

04_MN10_シーリング_01 04_MN10_シーリング_02 04_MN10_シーリング_03

 シーリング剤が劣化・硬化・ヒビ割れが発生して仮に雨水が進入しても内部には防水シートが施されているので、直接的な雨漏りの原因にはならないと思われます。ここで一般的な改装(築後10~15年)の事例を紹介。強制的ではありませんが、将来的に起こり得る現象も合わせて説明。

[建物正面/東側]

04_MN10_シーリング_04 04_MN10_シーリング_05 04_MN10_シーリング_06

【シーリングの経年変化等】2014年5月10日(土)お家の点検5年目(富山市K邸)2014.5.29|

シーリング剤の経年変化等の現状を確認。シーリング剤にはゴムのように弾力性があるので、外壁材の動き(湿度変化等による下地材の動きに追随)に伸び縮みしながら隙間が開かないようにしており、雨水の進入を防ぐ役割があります。建物の立地条件等(街中や周囲に何も無いの違い等々)によって太陽の紫外線による劣化現象の進行の違いはありますが、一般的に検査結果によっては10~15年目を目安にシーリングの打ち直し工事をしている事例を紹介。

[建物正面/西側]

05_HK05_シーリング_01 05_HK05_シーリング_02

 

劣化・硬化等によるヒビ割れ箇所から雨水が進入しても内部には防水シートが施されているので、直接的な雨漏りの原因にはならないのですが、早めの対処が必要となります。

また、外壁材の表面には防水塗装が施されていますが、塗膜が劣化してくるので将来的な外装工事にも備えて頂くようお願いしました。

05_HK05_シーリング_03 05_HK05_シーリング_04

【シーリングの経年変化】2014年3月29日(土)お家の点検5年目(滑川市K邸)2014.5.28|

次第に白く劣化・硬化してきている状態を確認。劣化の主な原因は太陽の紫外線となります。劣化・硬化によってシーリングに小さなヒビ割れが発生することもありますが、そこに雨水が進入しても内部には防水シートが施されているので雨漏りの直接的な原因にはならないと思われます。他の点検現場でも新築後10~15年を目安に現状・将来を見据えて外壁の再塗装をご検討されるのが良いと事例を紹介しています。

[建物正面/西側]

04_HK05_シーリング_01 04_HK05_シーリング_02 04_HK05_シーリング_03

【外装の劣化】2013年3月2日(土)お家の点検5年目(富山市婦中町I邸)2013.4.12|

コーキング(シーリング)の弾力性を確認。太陽の紫外線等によって次第に硬化・ヒビ割れという経年変化(劣化)などが現れます。下地には防水シートが施してありますので雨漏りの直接的な原因にはならないと思われます。
[建物後面/西側]
05_KI05_外装の劣化_01.jpg05_KI05_外装の劣化_02.jpg

将来的な外装修繕ではコーキング(シーリング)の打ち直しや外壁などの防水塗膜(塗装)の再施工が出てきます。ともに足場工事が必要になるので、同時期に実施したほうが経済的です。
05_KI05_外装の劣化_03.jpg05_KI05_外装の劣化_04.jpg

今後の起こり得る現象を紹介。外壁材には防水塗装を施していますが、太陽の紫外線等の影響によって次第に劣化・粒子化してチョーキング現象(外壁の表面を手で触ると塗膜が付く)が起こります。防水塗膜が効かなくなってくると外壁の基材が少しずつ傷んで余計に費用がかかることもあります。次回の10年目点検でも検査を実施して将来的な補修等の目安がわかると思われます。

【コーキング(シーリング)の経年変化】2013年3月2日(土)お家の点検2年目(富山市婦中町N邸)2013.4.11|

外壁材同士の間に施してある弾性コーキングを触りながら劣化や保証等について説明。
[建物後面/南側]
04_TN02_コーキングの経年変化_01.jpg04_TN02_コーキングの経年変化_02.jpg

メーカー保証は5年。施工当時は弾力があるのですが、太陽の紫外線等によって次第に硬化・ヒビ割れという劣化が進んできます。直接的な雨漏りの原因にはならないのですが、将来的にコーキングの打ち直し工事が必要です。
04_TN02_コーキングの経年変化_03.jpg04_TN02_コーキングの経年変化_04.jpg

施工物件ギャラリー施工物件一覧
売り込み・訪問営業は一切行ないません!